怒りの感情を抱えている時に最もよく聴かれるバンドのランキングにSlipknot

Slipknot

スリップノットは怒りの感情を持っている時に最もよく聴かれるバンドだとする新たな研究結果が明らかになっている。

これはチケット検索サイトの「ティックス」によって行われた研究で明らかになったもので、彼らはスポティファイのデータを用いて、特定のムードに関連したプレイリストに最も入れられているアーティストを調査している。調査の結果、スリップノットはリスナーが怒りの感情を持っている時に最も聴かれるアーティストであることが明らかになっている。

また、怒りに関連したプレイリストに最も入れられている楽曲はディスターブドの“Down With The Sickness”である一方で、スリップノットは上位5曲に2曲がランクインしている。

ティックスはムードに応じて聴くべき楽曲の「分析結果」として、楽曲の理想の長さやBPM、リリースされた平均年などのデータも紹介している。

ティックスによって発表された「怒りの感情」に関連した楽曲についての一連の調査結果はこちらから。

怒りの感情を持っている時に聴くべき理想の楽曲の分析結果
BPM:130
ポジティヴ度:49/100
踊りやすさ:54/100
エネルギッシュ度:86/100
曲の長さ:226秒(3分47秒)
楽曲がリリースされた年の平均:2007年

怒りの感情を持っている時に最もよく聴かれるアーティスト
1. スリップノット
2. スリー・デイズ・グレイス
3. リンキン・パーク
4. ディスターブド
5. アヴェンジド・セヴンフォールド

怒りの感情を持っている時に最もよく聴かれる楽曲
1. ディスターブド “Down With The Sickness”
2. スリー・デイズ・グレイス “I Hate Everything About You”
3. スリップノット “Duality”
4. トラプト “Headstrong”
5. スリップノット “Before I Forget”

先日、スリップノットはノットフェスの拡大版として来夏に「ノットフェス・アット・シー」と銘打ったクルージング・イベントを開催することを発表している。

「ノットフェス・アット・シー」は2020年8月10日にスペインのバルセロナを出港して、8月14日まで行われるクルージングでのフェスティバルとなっており、スリップノットは期間中に2度パフォーマンスを行うことが発表されている。スリップノット以外のラインナップについては今月発表される予定となっている。

ノットフェスは2012年に初開催されて以来、これまでにアメリカと日本、メキシコ、コロンビア、フランスの5カ国で開催されている。

ショーン・クラハンは現地時間10月29日、現在“Nero Forte”のミュージック・ビデオを撮影していることを明かして、バンドが「新しいことに挑戦している」ことを示唆している。

[amazon_link asins=’B075FWV65Y,B0083ANQFU,B07S2C32JR’ template=’ProductGrid’ store=’classic0330-22′ marketplace=’JP’ link_id=’3936bb01-a896-4e90-a303-93599f0d1d26′]

関連NEWS

  1. Slipknot

    Slipknot、新作の詳細&新曲“Unsainted”のMVを公開

  2. Slipknot

    SlipknotのCorey Taylor、自身と同じマスクを被ったファンに会った時の反応が話題に

  3. Slipknot

    Slipknot、今夏の全米ツアーで体験型の展覧会を開催することが発表に

  4. Shawn Crahan

    SlipknotのShawn Crahan、ファンのことをウジ虫と呼ぶ理由について語る

  5. Slipknot

    Slipknot、ニュー・シングル「The Chapeltown Rag」の音源が公開

  6. Jay Weinberg

    SlipknotのJay Weinberg、George Floydの死に対する見解を表明

  7. Corey Taylor

    Corey Taylor、「Black Eyes Blue」のアコースティック音源が公開

  8. Slipknot

    SlipknotのSid WilsonとKellly Osbourne、第一子を妊娠したことを発表

  9. Slipknot

    Slipknot、フランスでノットフェス・ミーツ・ヘルフェスを開催することを発表

  10. Slipknot

    Slipknot、BBCのために収録されたメイダ・ヴェールでのセッションから2曲の映像が公開

  11. Corey Taylor

    Corey Taylor、ソーシャル・メディアの時代を扱った本を書きたいと語る

  12. Slipknot

    Slipknot、ゲーム『デッド・バイ・デイライト』に8種のマスクが登場

  13. Slipknot

    Slipknot、20分を超えるショート・フィルム“Pollution”が公開

  14. Slipknot

    SlipknotのCorey Taylor、新型コロナウイルスのために13本のギターを競売に出品

  15. Slipknot

    Slipknot、デビュー・アルバムの25周年を記念したライヴを検討していることが明らかに

  1. Slash

    Slash、2016年にAxl Roseとの活動を再開させたことを振り返る

    2024.07.21

  2. SAULT

    SAULT、1曲32分で構成された新作『Acts of faith』をダウンロードで…

    2024.07.21

  3. Dave Rowntree

    Dave Rowntree、イギリス総選挙での落選を受けて声明を発表

    2024.07.21

  4. Wishy

    Wishy、来たるデビュー・アルバムより新曲「Sick Sweet」の音源が公…

    2024.07.21

  5. Ayra Starr

    Ayra Starr、最新作より「Bird Sing of Money」を披露したパフォー…

    2024.07.21

  6. BAND-MAID

    BAND-MAID、9月発売ニューアルバム限定盤収録のお給仕映像より、未…

    2024.07.20

  7. YES

    YES、来日公演を記念して89年発表のABWH『閃光』と91年発表の『結晶…

    2024.07.20

  8. Kelly Jones

    Kelly Jones、ソロ作より新曲「Time’s Running Away」のMV公開

    2024.07.20

  9. London Grammar

    London Grammar、Sabrina Carpenterの「Espresso」をカヴァーした映…

    2024.07.20

  10. Mochakk

    Disclosure&Mochakk、2時間を超えるB2Bのパフォーマンス映像が公開

    2024.07.20

  1. Slow LIVE

    Slow LIVE’24 in 金沢公演 土岐麻子の出演が決定

    2024.07.19

  2. THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI

    『THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI』期間限定再結成を発表したA…

    2024.07.19

  3. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  4. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、Amazonにて無料配信が決定

    2024.07.11

  5. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  6. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  7. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  8. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、最終ラインナップ&タイムテーブルを発表

    2024.07.05

  9. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  10. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31