UKのレコード・レーベル、2019年の売上が2006年以来の高水準となっていることが明らかに

UK

UKのレコード・レーベルは売上が14年ぶりの高水準となり、2019年に11億ポンド(約1430億ポンド)の売上を記録している。

UKのレコード・レーベルの売上は前年に較べて7.3%の伸びを見せており、ストリーミング、CD、アナログ盤、ダウンロード・セールス、公共の場での演奏権を合計したものとなっている。

英国レコード産業協会のレポートによれば、これは2006年以来の高水準だという。すべてのフォーマットを合算すると、2019年にUKでは1億5400万枚分のアルバムが販売されており、昨年は12ヶ月において初めて1100億曲分がストリーミングされている。

この素晴らしいニュースはエンタテインメント業界に大きな弊害をもたらしている新型コロナウイルスのパンデミックのなか届けられている。多くのアーティストがライヴやツアーを延期するなか、イギリス政府は新型コロナウイルスの感染拡大を遅らせるため、ライヴ会場を訪れないように指示している。

イギリス政府はパブやクラブ、ライヴ会場に補助金と貸付金を保証することも発表している。

英国レコード産業協会の発表によれば、ストリーミングでの売上は22%の伸びを見せ、6億2900ポンドに達している。このうちの90%が定期会員の収入で、広告による収入は4%となっている。YouTubeといった映像ストリーミング・サービスでの広告収入は3500万ポンドで、5.6%となっている。

ストリーミング・サービスの収入はUKのレコード・レーベル収入全体のうち60%弱となっていて、UK全体での有料登録会員の数はほぼ2000万人となっている。

フィジカル・フォーマットは2019年に2億1600万ポンドの売上となっていて、全体の20%となっている。CDの売上は20%減少した1億4200万ポンドで、アナログ盤の売上は16%増加した6600万ポンドとなっている。ダウンロードの売上は30%減少して5800万ポンドとなっている。

「音楽業界の成功はレコード・レーベルによる先行投資とリスクの負担の力によるものです」と英国レコード産業協会の代表であるジェフ・テイラーは語っている。「しかし、成功に安心している暇はありません。イギリスの音楽シーンは母国でも海外でも激しい競争にさらされており、いくつかのテック巨大企業によって過小評価され、幅広い違法サイトによって弱体化されています」

関連NEWS

  1. FENDER

    FENDER、次世代アーティストをサポートするFENDER NEXTの第2期アーティストを発表

  2. Duncan Campbel

    UB40のDuncan Campbel、発作で病院に搬送されたことが明らかに

  3. グリーン・デイのビリー・ジョー、米TV番組で“Ordinary World”を弾き語りで披露

  4. ビートルズ、ジョン・レノンが所有していたブッチャー・カヴァーのステレオ盤が競売に

  5. Dirty Hit

    Dirty Hit、過去に仕事をした映像作家への性的な不適切行為の告発を受けて声明を発表

  6. LEGO

    LEGO、フェンダーのストラトキャスターを製品化することが明らかに

  7. ONE OK ROCK 静岡・渚園での野外ライブ映像化決定

  8. イギリス政府

    イギリス政府、合意なくEUから離脱した場合にヨーロッパ・ツアーを行う際のガイドラインを発表

  9. m-flo 脱退したLISAが復帰、15年ぶりに3人で活動再開

  10. ベル・アンド・セバスチャン、日本ツアー限定でトートバッグ付CDシングルの発売が決定

  11. Greta Van Fleet

    Greta Van Fleet、延期したUK/ヨーロッパ・ツアーの新たな日程を発表

  12. The Hunna

    The Hunna、最新シングルYoung & FadedのMV公開

  13. ロバート・プラント、レッド・ツェッペリンの再結成について語る

  14. POPSPRING 2018、第2弾ラインナップ発表

  15. TheLumineers

    The Lumineers、9月リリースの新作より“Life In The City”のMVが公開

  1. THINK of MICHINOKU

    「THINK of MICHINOKU」を再編集した完全版、ダイジェストを フジテ…

    2021.06.15

  2. 埼玉六連戦

    the telephones、「埼玉三連戦~Start Over From SAITAMA~」全公演…

    2021.06.14

  3. 宮田和弥

    ジュンスカ宮田和弥が、3ヶ月連続となる配信シングル「ジブンノウタ…

    2021.06.14

  4. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、Elton JohnやCourteney Coxと共に「Tiny Dancer」のカ…

    2021.06.14

  5. Aerosmith

    AerosmithのBradley Whitford、英EU離脱がツアーの障害になると語る

    2021.06.14

  6. The Linda Lindas

    The Linda Lindas、アメリカのテレビに初出演したパフォーマンス映…

    2021.06.14

  7. The Rolling Stones

    The Rolling Stonesら、ストリーミング・サービスによる支払いを改…

    2021.06.14

  8. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、カムバック・シングルを初披露する日時が明らかに

    2021.06.14

  9. Dua Lipa

    Dua Lipa、新曲「Love Again」のMV公開

    2021.06.14

  10. GREENROOM BEACH

    GREENROOM BEACH、第1弾アーティストはDef tech、Nulbarichら9組

    2021.06.14

  1. SUPERSONIC

    SUPERSONIC 2021、海外アーティストを迎えての開催を目指し9月18日(…

    2021.05.31

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、ラインナップ第2弾発表!

    2021.05.21

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

    2021.04.21

  4. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1、第3弾でThe BONEZ、Dragon Ash…

    2021.04.20

  5. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  6. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01