SUGIZO 12/23リリースのソロ・アルバム『愛と調和』詳細発表

SUGIZOが自身3年ぶりとなるオリジナル・アルバム『愛と調和』を12月23日(水)にリリースする。タイトルとリリース日は去る11月12日(木)に既に報じられており、このたびの発表は待望のジャケット写真解禁と詳細続報である。

SUGIZO

Premium Edition

SUGIZO

Regular Edition

アルバムのコンセプトは、世界的パンデミックにより疲弊した人々の心にそっと寄り添い、水のように染み渡ってゆく救済のアンビエントミュージック。構成は、女性ヴォーカリストによる歌モノ3曲(※既発表曲の再ミックス)とインストゥルメンタル新曲7曲の計10曲。今作でSUGIZOはサウンド面の過激さや刺激を追い求めることなく、一音一音慈しむように存分にエコーを効かせたギターを爪弾き、神秘的なシンセサイザー音と融合させている。

重要なインスピレーション源となったのは、縄文文明。2020年春、コロナ禍によって歪みが露呈、分断が加速する利己的な現代社会の在り方に限界を感じたSUGIZOは、対極にある利他的な縄文社会に注目。自然を敬い調和を尊ぶ古代日本人の精神性にこそ、ポストパンデミックの新しい世界の可能性が有るのではないか?と考え、〝愛と調和″というテーマを着想した。実際に楽曲をつくり始めたのは7月頃。コンセプトが決まってからは、楽器を持てばまるで植物が芽吹き育っていくかのように、ごく自然に生まれていったと振り返る。

クリーントーンとアコースティックを中心としたギター、シンセサイザー、ヴァイオリンの他、屋久島などでフィールドレックしたリアルな自然音、笙や神楽鈴、役病退散を唱える声明までも取り入れて紡ぎ上げられた、神秘のヒーリングミュージック。SUGIZOは八百万の神を祀るメンタリティーにも着目、パンデミックを生き抜く示唆を受け、日本人であることの誇りをかつてなく強く意識したという。大切にしたのは敵対ではなく愛であり、分断ではなく調和。傷付いた人々を癒し、さらには覚醒を促すような、静謐だが強く生命力に満ちたアルバムが間も無く完成する。

商品形態は「Premium Edition (豪華盤)」と「Regular Edition (通常盤)」の2種類。Regular Editionの仕様は1CD+ブックレット20P(ライナーノーツ英訳付き)となり、価格は¥3,300(TAX IN)。Premium EditionはHMV/Loppi限定商品で、仕様は2CD+撮り下ろし写真集特別ブックレット、価格は¥11,000(TAX IN)。Premium EditionのみのボーナスディスクとなるDisc2には、2019年7月7日(日)・8日(月)に中野サンプラザホールにて開催された『SUGIZO 聖誕半世紀祭.』から、初日の幕開けを飾ったSUGIZOと谷崎テトラによるアンビエントユニット「S.T.K.」の2005年結成以降初の正式音源となる「Rokkasho」、2日目はSUGIZO×HATAKENのモジュラーシンセサイザーを駆使した即興演奏による「Multiverse Traveler」のライヴ音源が収録される。また、Premium Editionのブックレットは100ページにも及ぶヴォリュームで、内容も充実。屋久島で撮影した写真、レコーディング風景写真、機材リスト、ライナーノーツ英訳、ロングインタビュー、楽曲解説が掲載される。屋久島での撮影はSUGIZOの熱望で写真家・秦達夫氏とのコラボレーションが実現。11月12日(木)に発表されたモノクロのキーヴィジュアルも秦氏によるものである。アルバム予約受付の開始日時・受付方法は追ってアナウンスされるので、お待ちいただきたい。

12月6日(日)・7日(月)にはブルーノート東京にて、自身率いる即興プロジェクトSHAGが12年ぶりの再起動ライヴを行う。また、LUNA SEAとしても12月26日(土)・27日(日)にさいたまスーパーアリーナ公演が控える。去る10月14日(水)の初配信ライヴ『SUGIZO LIVE STREAMING FROM TOKYO EPISODEⅠ~RE-ECHO TO COSMIC DANCE~』にて、「(2021年は)今年の雪辱戦という意味でガンガン動きます」と宣言していたが、年明けを待たずして既にSUGIZOは果敢に活動中。これからもその動向をお見逃しなく。

Premium Edition (豪華盤)

SUGIZO

2CD 豪華BOX仕様 ※HMV/Loppi限定商品
価格:¥11,000(TAX IN)

特典1:Art Photobook B5サイズ
・屋久島撮影撮り下ろし写真集
・レコーディングドキュメント写真集
・ライナーノーツ
・ロングインタビュー&楽曲解説
・レコーディング使用全機材リスト

特典2:Bonus Disc
・SUGIZO半世紀聖誕祭オープニングアクトライヴ音源
「S.T.K. / Rokkasho from HALF CENTURY ANINIVERSARY FES.」
「SUGIZO×HATAKEN / Multiverse Traveler from HALF CENTURY FES.」

Regular Edition (通常盤)

SUGIZO

1CD+ブックレット(ライナーノーツ付き)
価格:¥3,300(TAX IN)

【収録曲】
Disc 1
1. Nova Terra  
2. Childhood’s End
3. A Red Ray feat. miwa
4. 追憶
5. ENDLESS ~闇を超えて~ feat. 大黒摩季 
6. The Gates of Dawn
7. Mindfulness
8. CHARON ~四智梵語~
9. 光の涯 feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)
10. So Sweet So Lonely

Disc 2 ※Premium Edition特典 Bonus Disc
1. S.T.K. / Rokkasho from SUGIZO HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.
2. SUGIZO×HATAKEN / Multiverse Traveler from SUGIZO HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.

関連NEWS

  1. SUGIZO公式ライヴストリーミング「SugizoTube」、「LUNATIC FEST. 2018 SPECIAL」に、TAKURO&HISASHI (GLAY)、ミヤ(MUCC)、松尾レミ&亀本寛貴(GLIM SPANKY)生出演

  2. Toshl × SUGIZO コラボ楽曲をニコ生で初披露

  3. YOSHIKI、紅白で予告通り「度肝抜く」圧倒的ステージ

  4. SUGIZO 『ONENESS M』発売記念トークセッション開催

  5. 石川さゆり SUGIZO KenKenら“怪物舞踏団”がシークレットライブ

  6. SUGIZO☓清春

    SUGIZO☓清春 「ys Yuji SUGENO」とのコラボレーションプロジェクト「FIFTYFIFTY」始動

  7. SUGIZO 公式ライヴストリーミング「Sugizo Tube」の”LUNATIC FEST.2018 SPECIAL”にlynch.の葉月(Vo)、悠介(Gt)生出演

  8. SUGIZO

    SUGIZOと大黒摩季がアニメ『ジビエート』EDテーマでコラボ

  9. SUGIZO

    SUGIZOライヴアルバム「LIVE IN TOKYO」発売決定、アルバム収録曲から4曲先行配信開始

  10. SUGIZO、ツアー初日の石巻にて、ツアー最終日となる12月6日の東京公演のスペシャルゲストに、Toshl、RYUICHI、清春の出演を発表

  11. SUGIZO&INORAN 約束のコラボに真矢も参戦

  12. LUNA SEA「悲壮美」MVで“奇跡”起きる

  13. “ルナフェスロス”救済へ、SUGIZO・INORANら最狂の打ち上げを生中継

  14. SUGIZOソロ活動20周年の集大成として、Toshl、RYUICHI、清春をゲストに迎えて行った2017年ツアーファイナルを完全収録したDVD/Blu-ray発売決定

  15. SUGIZO ベストアルバム詳細決定、ジャケット写真も公開

  1. BATTLES

    BATTLES、最新作より「Sugar Foot」のMV公開

    2020.12.03

  2. Jon Bon Jovi

    Bon Jovi、約1時間に及ぶスタジオ・ライヴ映像が公開

    2020.12.03

  3. Liam GallagherやNile Rodgers

    Liam GallagherやNile Rodgersら、ライヴ産業の労働者を援助するた…

    2020.12.03

  4. Elton John

    Elton John、12万枚のCDと1万5000枚のアナログ盤を保有していること…

    2020.12.03

  5. Ozzy Osbourne

    Ozzy Osbourne、子どもの頃に過ごしたベッドルームが宿泊可能なこと…

    2020.12.03

  6. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ブリットポップ全盛期にDamon Albarnと仲良く飲ん…

    2020.12.03

  7. George Harrison

    George Harrison、「All Things Must Pass」の2020年ミックスの音源…

    2020.12.03

  8. System Of A Down

    System Of A Down、「Chop Suey!」のビデオの再生回数がYouTubeで10…

    2020.12.03

  9. Liam Gallagher、Noel Gallagher

    Liam Gallagher、Noel Gallagherとの確執について両方に問題があっ…

    2020.12.03

  10. Angus Young

    AC/DCのAngus Young、バンドのサウンドを変えない理由を語る

    2020.12.03

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  3. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  4. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  5. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  7. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  8. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  9. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  10. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01