Brian May、Freddieが作ったギター・ソロをまとめたテープについて語る

Queen

クイーンのギタリストであるブライアン・メイはフレディ・マーキュリーがかつてクイーンのギター・ソロだけでカセットテープを作っていたことを明かしている。

『トータル・ギター』のインタヴューでブライアン・メイはこの逸話を披露しており、カセットテープを見つけられていないことがどれだけ悔しいかを語っている。

「ある日、スタジオに行ったら、フレディがものすごい笑顔でね。カセットテープをデッキに入れて言ったんだ。『これを聴いてくれ。驚くと思うよ』ってね。彼がその朝にやったのはこれまでの僕らの作品で見つけられるギター・ソロをすべてまとめたものだった。彼はそれを全部一繋ぎにしていたんだ」とブライアン・メイは語っている。

「素晴らしかった。大きく後悔しているのはカセットを見つけられないことでね。一切捨ててないんだけど、僕はなんでも取っておくところがあってね。だから、どこかにあるはずなんだ。でも、フレディは僕のやった、僕らのやった音源を誇りに思ってくれていたんだ」

ブライアン・メイは名曲“Bohemian Rhapsody”のギター・ソロができた経緯についても語っている。

ブライアン・メイは次のように語っている。「フレディがガイドのヴォーカルをやって、それからヴォーカルのハーモニーの多重録音を始めたんだ。もちろん、既にリズム・ギターも入れてあったんだけど、そのプロセスの中でどこにソロを入れるか、話し合ったんだ。それはフレディも考えていなかったことだったんだ」

「彼はあそこにソロを入れてほしいと言ったんだけど、僕はギターでヴァースを歌いたいと言ったんだ。別の場所でやりたかったんだよね。別のメロディを入れようとしていたんだけどね。既にいろんなカラーがあったんだけど、でもフリーハンドでやりたかったんだよね。頭の中で聴こえるものがったから、それを弾いたんだ」

彼は次のように続けている。「このメロディーが聴こえて、どこから出てきたものかは分からないけどね。あのメロディーが曲に出てくるわけじゃないけど、でも合うコードの流れがあって、そこにあれが見事にはまったんだ」

先日、ドラマーのロジャー・テイラーはフレディ・マーキュリーの死後、ジョージ・マイケルがクイーンのフロントマンの依頼を断ったという長年の噂について否定している。

クイーン+アダム・ランバートは2022年にUKツアーを行うことが決定している。

関連NEWS

  1. Queen

    Queen、トランプ大統領の動画に“We Will Rock You”が使用されて著作権侵害を申し立てる

  2. クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラー、映画公開を記念してロンドンのイルミネーション点灯式に出席

  3. Queen

    Queen、オリジナル・アルバム全15タイトルの日本での人気投票の結果が明らかに

  4. Queen

    Queen、SUBARUインプレッサのCMソングに“I Was Born to Love You”が決定

  5. Queen

    Queen、同時発売される来日公演を記録した書籍と詩集完全版の2冊の詳細が明らかに

  6. Adam Lambert

    QUEENのBrian May、Adam LambertについてFreddie Mercuryを受け継ぐのに完璧な人物と語る

  7. Brian May

    Brian May、著作権侵害を理由にファン動画の公開が停止されることに懸念を表明

  8. フレディ・マーキュリーの伝記作家、彼との思い出を振り返る

  9. Freddie Mercury

    Freddie Mercuryの妹、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の続編の可能性について語る

  10. Queen

    クイーン、公認の花火エンターテインメントが日本国内の3会場での開催が決定

  11. Queen

    Queen、ロック・バンドとして初めてUKで5ポンドの記念硬貨が発行される

  12. Brian May

    Brian May、ロンドンにある自宅が大雨による浸水の被害に遭うことに

  13. Queen

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』、監督を降板したブライアン・シンガーがゴールデン・グローブ賞にコメント

  14. Brian May

    Brian May、昨年の心臓発作で命を失いかけた経緯を振り返る

  15. Queen

    Queen、「Bohemian Rhapsody」のMV監督が享年82歳で逝去