Taylor Swift、David O. Russell監督作に出演することが決定

Taylor Swift

テイラー・スウィフトは『世界にひとつのプレイブック』や『アメリカン・ハッスル』で知られるデヴィッド・O・ラッセルの新作映画に出演することが明らかになっている。

『ショウビズ411』がこのニュースを最初に報じており、映画の製作は既に終了している。

テイラー・スウィフトの他、同作にはクリスチャン・ベイル、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・デ・ニーロ、ラミ・マレック、マイク・マイヤーズ、ゾーイ・サルダナ、アニャ・テイラー=ジョイ、クリス・ロック、マイケル・シャノンらが出演することがこれまでに発表されていた。

映画のタイトル、あらすじ、公開日については現時点で明らかにされていない。デヴィッド・O・ラッセルは監督と脚本を手掛けており、2015年公開の『ジョイ』以来の長編プロジェクトとなっている。同作はディズニー傘下の20世紀スタジオより公開される。

テイラー・スウィフトの映画出演は2019年公開の『キャッツ』以来で、同作にはオリジナル曲“Beautiful Ghosts”も提供していた。

テイラー・スウィフトの映画初出演は2010年公開の『バレンタインデー』となっていて、2012年公開のアニメーション『ロラックスおじさんの秘密の種』には声優として出演し、2014年公開のSF映画『ギヴァー 記憶を注ぐ者』にも出演している。ネットフリックスでは2020年にドキュメンタリー『ミス・アメリカーナ』が配信されている。

先日、テイラー・スウィフトは『エヴァ―モア』でアメリカにおける1週間のアナログ盤の売上記録を塗り替えている。

テイラー・スウィフトは4月に再レコーディングしたアルバム『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』をリリースしている。

関連NEWS

  1. ブルーノート・レコードを描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

  2. Queen

    Freddie Mercuryの元友人、映画『Bohemian Rhapsody』の続編への見解を語る

  3. Taylor Swift

    Taylor Swift、“Christmas Tree Farm”をライヴで初披露した映像が公開

  4. アメリカン・ユートピア

    「アメリカン・ユートピア」、日本公開を記念した特別プログラムの生配信が決定

  5. Sarah Brightman

    Sarah Brightman、ライヴ映像作品の日本での劇場公開が決定

  6. テイラー・スウィフト、中間選挙に向けて民主党を支持することを表明

  7. Taylor Swift

    Taylor Swift、高校の卒業式に参加できなかった自身の体験を振り返る

  8. Taylor Swift

    Taylor Swift、“Betty”のライヴ・パフォーマンスを初披露

  9. Taylor Swift

    Taylor Swift、骨肉腫を患っているファンに100万円以上を寄付

  10. 映画『ボヘミアン・ラプソディ』ほか、お台場で5度目となる爆音映画祭の開催が決定

  11. Taylor Swift

    Taylor Swift、女性がお金や愛、成功を求めることは間違っていないと語る

  12. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』の俳優陣、監督の交代劇について語る

  13. Taylor Swift

    Taylor Swift、ユーチューバーたちが“ME!”に合わせてダンスを披露する動画に謝辞を送る

  14. Taylor Swift

    Taylor Swift、「All Too Well」が最初は10分の大作だった逸話を明かす

  15. Taylor Swift

    Taylor Swift、郵便投票を妨害しようとするドナルド・トランプ大統領を批判