Graham Nash、Neil Youngに続いてSpotifyから音源を削除することに

Graham Nash

グラハム・ナッシュはニール・ヤングを支持することを表明し、新型コロナウイルスのワクチンについて誤情報を広めるスポティファイから音源を削除することを発表している。

ニール・ヤングはジョー・ローガンのスポティファイのポッドキャストが新型コロナウイルスの誤情報を広げていることに声明を発表しており、音源をスポティファイから削除することを要求していた。

スポティファイはこれに応じており、1月26日にニール・ヤングの音源はスポティファイから削除されている。

この動きは音楽業界において様々な反応を引き起こしており、ジョニ・ミッチェルやクレイジー・ホースのメンバーであるニルス・ロフグレンもスポティファイから音源を引き上げている。

クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングのバンドメイトで、長年の友人であるグラハム・ナッシュもそれに続いており、米『ローリング・ストーン』誌でスポティファイから自身のソロ音源を削除するように申請したことを明かしている。

「スポティファイでジョー・ローガンによって新型コロナウイルスの誤情報が広げられていると聞いて、友人であるニール・ヤングに完全に同意するし、支持するよ。自分のソロ音源をスポティファイから削除するようにリクエストしたよ」とグラハム・ナッシュは語っている。

「270人の医療の専門家が嘘だけでなく、危険だと言っている事実ではない情報を分かって拡散するのと様々な見解を受け入れるのとは違うんだ」と彼は続けている。

「同様にそれが事実ではないと気づいていなかった誤情報と、嘘と知りながら誤解を引き起こして世論を惑わすデマにも違いがある」

「ジョー・ローガンによって発信されている意見は非常に不誠実で、明確な事実に即したものではなく、スポティファイは人命を犠牲にする形で手を貸してしまっているんだ」

グラハム・ナッシュはインスタグラムでも見解を述べており、現在の若いミュージシャンにとってスポティファイが重要であることは認識していると述べている。

「多くの若いミュージシャン、全世代のミュージシャンにとってより広いオーディエンスへの露出を獲得し、自分の音楽を世界に届ける上でこうしたプラットフォームを頼りにしていることは認識しておかなきゃいけない」

「誰もがこのような措置を取れるわけではないわけで、だからこそスポティファイのようなプラットフォームは公共の利益のために慎む義務があることに責任を持たなければならないんだ」

デヴィッド・クロスビーもニール・ヤングのことを支持しており、スポティファイを批判している。自分の音源をスポティファイから削除するかを訊かれたデヴィッド・クロスビーは次のようにツイートしている。「自分にはもうコントロールできないんだけど、ニール・ヤングを支持しているよ」昨年3月、デヴィッド・クロスビーはアーヴィン・エイゾフのアイコニック・アーティスト・グループに音源の権利を売却している。

ジョー・ローガンを批判している有名人は他にもいて、『ラスト・ウィーク・トゥナイト』の司会者であるジョン・オリヴァーは「ものすごい大バカ者」と述べており、スティーヴ・アルビニはジョー・ローガンの番組を「ゴミくず」と評している。

先日、ニール・ヤングの音源が削除されたことでスポティファイは20億ドル(約2300億円)以上の市場価値を失ったと報じられている。

関連NEWS

  1. Neil Young

    Neil Young、ワクチンの誤情報を拡散するSpotifyから自身の音源を削除したいと語る

  2. Neil Young

    Neil Young、サンクスギヴィングに際して「Stand for Peace」のMV公開

  3. Neil Young

    Neil Young、Crazy Horseとの7年ぶりの新曲“Milky Way”が公開

  4. Neil Young

    Neil Young、新作より「Chevrolet」のMV公開

  5. Neil Young

    Neil Young、ドナルド・トランプ大統領に起こしていた訴訟を自主的に諦めたことが明らかに

  6. Neil Young

    Neil Young、1973年に収録された新たなライヴ盤のリリースが決定&1曲の音源が公開

  7. neil young

    Neil Young、亡くなった元妻のペギー・ヤングに追悼の意を表明

  8. Neil Young & Crazy Horse

    Neil Young & Crazy Horse、病気のためにツアーを中止することを発表

  9. Neil Young

    Neil Young、1980年代にレコーディングした音源をアルバムとしてリリースすることに

  10. Neil Young

    Neil Young、自身のカタログを網羅したアプリと新たなサブスクリプション・サービスを発表

  11. Neil Young

    Neil Young、大統領候補としてバーニー・サンダースの支持を表明する長文を投稿

  12. Neil Young

    Neil Young、Spotifyでの音源配信が再開されることを発表

  13. ベックとジェニー・ルイス、ニール・ヤングの“Harvest Moon”を満月の空の下でカヴァー

  14. Neil Young

    Neil Young、Spotifyの社員に呼びかけるメッセージを投稿

  15. BECK

    BECK、Neil Youngの「Old Man」のカヴァー音源が公開

  1. BAND-MAID

    BAND-MAID、9月発売ニューアルバム限定盤収録のお給仕映像より、未…

    2024.07.20

  2. YES

    YES、来日公演を記念して89年発表のABWH『閃光』と91年発表の『結晶…

    2024.07.20

  3. Kelly Jones

    Kelly Jones、ソロ作より新曲「Time’s Running Away」のMV公開

    2024.07.20

  4. London Grammar

    London Grammar、Sabrina Carpenterの「Espresso」をカヴァーした映…

    2024.07.20

  5. Mochakk

    Disclosure&Mochakk、2時間を超えるB2Bのパフォーマンス映像が公開

    2024.07.20

  6. Justin Bieber

    Justin Bieber、アジア一の富豪による結婚式の事前パーティーに16億…

    2024.07.20

  7. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、現在のツアーが終わったら膝の手術を予定している…

    2024.07.20

  8. SOPHIA

    SOPHIA 30th Anniversary ライブハウスツアーファイナルが生配信決定

    2024.07.20

  9. Snow Patrol、6年ぶりとなる新作より新曲「This Is The Sound Of Yo…

    2024.07.20

  10. Serj Tankian

    Serj Tankian、「Toxicity」の一節について自身の見解を語る

    2024.07.20

  1. Slow LIVE

    Slow LIVE’24 in 金沢公演 土岐麻子の出演が決定

    2024.07.19

  2. THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI

    『THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI』期間限定再結成を発表したA…

    2024.07.19

  3. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  4. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、Amazonにて無料配信が決定

    2024.07.11

  5. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  6. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  7. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  8. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、最終ラインナップ&タイムテーブルを発表

    2024.07.05

  9. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  10. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31