James Taylor、Leonard Cohenのトリビュート作より「Coming Back To You」の音源が公開

James Taylor

ジェイムス・テイラーはレナード・コーエンのトリビュート・アルバムより“Coming Back To You”の音源が公開されている。

トリビュート・アルバム『ヒア・イット・イズ:トリビュート・トゥ・レナード・コーエン』は10月14日にブルーノート・レコーズからリリースされる。

アルバムにはノラ・ジョーンズ、ピーター・ガブリエル、グレゴリー・ポーター、サラ・マクラクラン、ルシアーナ・スーザ、ジェイムス・テイラー、イギー・ポップ、メイヴィス・ステイプルズ、デヴィッド・グレイ、ナサニエル・レイトリフといったミュージシャンが参加しており、アルバムのプロデュースはラリー・クラインが担当している。

“Coming Back To You”の音源はこちらから。

ラリー・クラインは本作について次のように語っている。「レナード・コーエンは1982年くらいからの友人で、人生の最後の15年間は親しい友人となりました。彼はおそらく、私が持つ友人の中で最も賢く、最も面白い人物で、あらゆる面で非常に楽しかった人です。彼が亡くなってから、一緒に仕事をしている他のアーティストに、彼の曲を頻繁にカヴァーしていることに気がつきました。その理由のひとつは、もちろん曲がとても良いからで、ある意味、レナードは最高のポップ・ソング・ライターなのですが、もうひとつの理由は、私の周りに彼の空気をとどめておきたかったからです」

「ラリー・クラインからレナード・コーエンのトリビュート・アルバムへの参加を誘われたとき、私はすぐに引き受けました」とジェイムス・テイラーは続けている。「ラリーは優れたレコーディングのプロデューサーであり、良き友人でもあるからです。そして、私と同世代のほぼ全員がそうであるように、私もレナード・コーエンを崇拝しているからです。自分の音楽の好みを探し始めたとき、コーエンの曲は数少ないお気に入りのひとつで、ソングライターとしての自分の進歩に大きな影響を与えてくれました。今回のプロジェクトでは、初めて聞く比較的無名の楽曲“Coming Back To You”に惹かれました。ラリーはこの曲をコーエンのオリジナル・キーでカットすることを選びましたが、それは確かに私の音域の底辺にあるものでした。しかし、どういうわけか、私をコンフォートゾーンから引き離すことで、私自身の曲へのアプローチを見つけることができました。レナード・コーエンの作品の多くがそうであるように、この歌詞もまた、愛と愛着という荒涼とした風景に対する彼の孤独と絶望に深く共鳴しているのです。だから、深いため息をついて、飲み干すのです」

関連NEWS

  1. チャーリー・プース、ジェイムス・テイラーをゲストに迎えた新曲“Change”を公開

  2. ジョン・レノンやカート・コバーン、デヴィッド・ボウイの手書き文字がフォントに

  3. Leonard Cohen

    Leonard Cohen、死後初となるアルバムの発売が決定&新曲“The Goal”が公開

  4. James Taylor

    James Taylor、The Beatlesのオーディションを受けた時のことを振り返る

  5. Fall Out Boyやwill.i.am

    Fall Out Boyやwill.i.amら、大統領就任直前コンサートに出演

  6. Nathaniel Rateliff

    Nathaniel Rateliff、Leonard Cohenのトリビュート作より「Famous Blue Raincoat」が公開

  7. Carole King&James Taylor

    Carole King&James Taylor、新ドキュメンタリーのトレイラー映像が公開

  8. Joni Mitchell

    Joni Mitchell、友人のJames Taylorが音楽への復帰を示唆

  9. James Taylor

    James Taylor、John Lennonが殺害される前日にマーク・チャップマンと会ったことを振り返る

  10. JamesTaylor

    James Taylor、「American Standard」より“Teach Me Tonight”が公開

  11. ボブ・ディランやマドンナらが滞在したチェルシー・ホテルの部屋の扉が競売で落札される