エリザベス女王について歌った曲がアメリカのストリーミング・サービスで再生回数が上昇することに

エリザベス女王

エリザベス女王2世の訃報を受けてイギリスの君主制について歌った曲の再生回数がアメリカのストリーミング・サービスで上昇していることが明らかになっている。

米『ビルボード』誌によれば、ザ・スミスが1986年に発表した“The Queen Is Dead”が最も上昇した曲になっていて、9月7日のアメリカでの再生回数は6000回だったが、エリザベス女王が亡くなった9月8日にはアメリカでの再生回数は114000回となっていて、約19倍に増加している。

セックス・ピストルズが1977年にリリースした“God Save The Queen”は11000回だった再生回数が81000回になっており、ザ・ビートルズが1969年に発表した“Her Majesty”は1000回だった再生回数が3000回になっており、ザ・ストーン・ローゼズが1989年に発表した“Elizabeth My Dear”は500回だった再生回数が1500回になっている。

ジョン・ライドンはエリザベス女王の死を「利用している」ことを批判して、セックス・ピストルズから距離を取ると語っている。ジョン・ライドンはパブリック・イメージ・リミテッドのツイッター・アカウントで1977年発表の“God Save The Queen”に絡めた商業的な行動をしていると言われていることについて否定している。

「ジョン・ライドンの見方としては、特に“God Save The Queen”との繋がりで商業的な利益を求めようとすることは現時点でエリザベス女王と彼女の家族にとって失礼であり、悪趣味です」

ジョン・ライドンは訃報を受けて“God Save The Queen”でも使われたポートレートを安全ピンなしで投稿して、次のように述べている。「安らかに。エリザベス女王2世。彼女を勝者たらしめたまえ」

エリザベス女王の訃報を受けて、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、オジー・オズボーン、ハリー・スタイルズ、デュラン・デュラン、ジェームズ・コーデン、ロバート・フリップ、ドリー・パートン、パール・ジャム、ガービッジのシャーリー・マンソンらが追悼の意を表している。

エリザベス女王の葬儀は9月19日に行われ、映画館は閉館するか、葬儀の無料上映が行われる。葬儀に伴ってオーヴァーフロー・フェスティバルやボイラー・ルーム・ロンドンといったイベントは開催が中止されている。

関連NEWS

  1. Morrissey

    Morrissey、物議を醸している政党のバッジをつけて米TV番組に出演

  2. Morrissey

    Morrissey、所属レーベルから契約を切られたことを明かす

  3. Johnny Marr

    Johnny Marr、フェスティバルでクラウドサーフィンをする映像がオンラインに

  4. Sex Pistols

    Sex Pistolsとの関係で知られるJordanことPamela Rookeが享年66歳で逝去

  5. The Sex Pistols、ダニー・ボイルが監督を務める伝記映像作品の最初の写真が公開

  6. Glen Matock

    Glen Matock、伝記映像作品には失望させられたと語る

  7. ジョン・ライドン、ミュータント・タートルズ最新作で声優を務めることが明らかに

  8. Glen Matock

    Glen Matock、音楽を作ることを止めることはないと語る

  9. The Sex Pistols

    The Sex Pistols、20曲を収録した新たなコンピが5月27日にリリースされることが決定

  10. Steve Jones

    Steve Jones、パンク・ロックを聴くことはもうないと語る

  11. John Lydon

    John Lydon、妻のアルツハイマーのためにPILのアルバムを諦めたと語る

  12. Johnny Marr、Morrissey

    Johnny Marr、Morrisseyともう一度仕事をすることは絶対にないと語る

  13. Morrissey

    Morrissey、人種差別主義を標榜すると言われている政党のバッジをつけていたことが話題に

  14. The Sex Pistols

    The Sex PistolsのPaul Cook、John Lydonの法廷闘争で証言を行う

  15. Johnny Marr

    Johnny Marr、ソロのライヴでThe SmithsのThis Charming Manを初めて披露

  1. 椎名林檎

    椎名林檎、新曲「茫然も自失」(アルバム『放生会(ほうじょうや)』収…

    2024.05.29

  2. Galliano

    Galliano、27年ぶりとなるアルバムのリリースが決定&新曲「Circles…

    2024.05.29

  3. Zayn Malik

    Zayn Malik、米TV番組で新作より「Alienated」を披露したパフォーマ…

    2024.05.29

  4. THE YELLOW MONKEY、『Sparkle X』から「罠」のMV本日公開

    2024.05.29

  5. 桃色ドロシー

    桃色ドロシー、1st Full Album「ユナカイト」よりリード曲「ネバー…

    2024.05.29

  6. Ariana Grande

    Ariana Grande、最新作より「The Boy Is Mine」のMVの一部映像が公開

    2024.05.28

  7. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、SZAの出演がキャンセルされることに

    2024.05.28

  8. Bon Jovi

    Bon Jovi、公式ポップアップ・ストアの先行ショッピング&体験会の…

    2024.05.28

  9. Jeremy Zucker, Lauv, Alexander 23

    Jeremy Zucker, Lauv, Alexander 23、新曲「Cozy」がMVと共に公開

    2024.05.28

  10. Muni Long

    Muni Long、Mariah Careyが参加した「Made for Me」の新ヴァージョ…

    2024.05.28

  1. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第3弾出演アーティスト・出…

    2024.05.28

  2. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第3弾出演アーティスト発表

    2024.05.24

  3. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  4. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  5. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  6. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13