The Smiths、1982年にレコーディングされたデモ音源がYouTubeに

The Smiths

ザ・スミスは1982年にレコーディングされたデモ音源がバンドのオリジナル・ベーシストと見られる人物によってオンラインにアップされている。

“I Want A Boy For My Birthday”の一部音源はザ・スミスのファンに間で数年にわたって出回ってきたが、バンドのベーシストだったデイル・ヒバートによって投稿されたバージョンでは3分のフル音源を聴くことができる。

“I Want A Boy For My Birthday”は60年代のガールズ・グループだったザ・クッキーズのカヴァーとなっており、オリジナル・バージョンは1963年にB面曲としてリリースされている。

モリッシーとジョニー・マーは1982年にTEACのテープ・レコーダーでこのバージョンを制作しており、デイル・ヒバートもデモ音源のために曲を覚えたという。

デイル・ヒバートは最初のライヴの後、モリッシーとジョニー・マーが満足しなかったために脱退している。バンドにはザ・スミスのパーマネント・メンバーとなるアンディ・ルークが代わって加入している。

このデモ音源の存在は2013年にサイモン・ゴダードが出版したザ・スミスの評伝『ソングス・ザット・セイヴド・ユア・ライフ』で明らかにされている。ジョニー・マーは本書で次のように述べている。「それまで聴いたことがなかった曲だったんだけど、『すごい。これだったらみんな気に入るはずだ』と思ってね。それでやることにしたんだ」

デイル・ヒバートはザ・スミスの脱退後、音楽業界には身を置いていない。彼はマンチェスターでバーを経営していて、現在は妻のスヴェットとトッドモーデンでヴェジタリアン・カフェのカヴァを運営している。

一方、モリッシーは通算13作目となるソロ・アルバム『アイ・アム・ノット・ア・ドッグ・オン・ア・チェイン』を来年3月にリリースすると報じられている。ジョニー・マーは先日、ソロとしてリリースされてきた7インチ・シングルを集めたボックスセット『シングル・ライフ』をリリースしている。

[amazon_link asins=’B0756M1DYM,B073ZBHG1R,B005DKLPQ0′ template=’ProductGrid’ store=’classic0330-22′ marketplace=’JP’ link_id=’8819c2d4-a02b-40be-8978-1f32def45984′]

関連NEWS

  1. Morrissey

    Morrissey、The Smithsをモチーフとした『ザ・シンプソンズ』の最新話を批判

  2. KillersMarr

    The Killers、グラストンベリーでJohnny MarrとPET SHOP BOYSと共演

  3. Morrissey

    Morrissey、支持を表明した政党の党首が彼への感謝のメッセージを投稿

  4. Morrissey

    Morrissey、新たなオリジナル・アルバムを2020年3月にリリースすると発表

  5. Morrissey

    『シンプソンズ』で使用されたMorrissey風の楽曲がストリーミング・サービスで配信

  6. モリッシー、マンチェスター公演に合わせてザ・スミスゆかりの地でイベントが開催されることに

  7. Morrissey

    Morrissey、世界最古のレコード・ショップで彼の音楽の販売が取り止められることに

  8. Morrissey

    Morrissey、過去の楽曲で噂されてきた事実関係を訂正する見解を発表

  9. Morrissey

    Morrissey、レコード・ストア・デイにリリースした新曲がオンラインに

  10. Johnny Marr

    Johnny Marr、New OrderのBernard Sumnerとはまた共作すると語る

  11. Interpol

    Interpol、共同ツアーを行うMorrisseyの政治的見解に対する考えを明かす

  12. モリッシー、初めてのツイートを行う

  13. ザ・スミスのアンディ・ルーク、新たに発表されたコンサートへの関与を否定

  14. The Smiths

    The Smithsのアンディ・ルーク、モリッシーのような人がいなければ世の中は退屈だと語る

  15. Morrissey

    Morrissey、自身の公演で抗議していた観客についてイギリスのメディアに仕込まれたと主張