R.E.M.のPeter Buck、バンドを再結成させるつもりはないことを改めて語る

R.E.M.

R.E.M.のギタリストであるピーター・バックはバンドを再結成させるつもりはないことを改めて語っている。

R.E.M.は30年以上の活動を経て、最後のアルバム『コラプス・イントゥ・ナウ』をリリースして2011年に解散している。以降、バンドの再結成については何度も否定されている。

今回、『クラシック・ロック・マガジン』のインタヴューを受けたピーター・バックはバンドを解散することにした理由を語っている。「音楽以外のことが大きくなってしまって、自分としては喜びが奪われてしまったところがあるんだ」

「朝起きて、『ああ、今日の写真撮影はやりたくないな。演技もできないのにミュージック・ビデオで俳優のふりをするのもやりたくない』とか、そういうことだよね」

キャリアにおいてピーター・バックは興奮した瞬間もあったと続けている。「グラストンベリー・フェスティバルで演奏するのは大好きだったし、多くの人の前で演奏することも好きだったし、多くのアルバムが売れたのも嬉しかった。でも、それが自分たちのやる理由ではなかったんだよ」

「それで、もう終わりにしようと決めるところまで来た時、それは素晴らしい共通体験になったんだ。それを変えるつもりはないし、戻ることもないだろうね」

ピーター・バックは解散したのは適切なタイミングだったと振り返っている。「最後の2枚のアルバムは力強いものになっている。でも、最後のアルバムがどんなによくても、自分たちの時代じゃないように感じたんだ」

「それはそれで正しいし、理解しているよ」

「僕らはラッキーだった。最後にやったツアーも多くの人に向けて演奏できたんだからね」

2011年、バンドの解散についてピーター・バックは次のように語っていた。「R.E.M.というバンドにいて、常に素晴らしかったことの一つが、僕らの書いた曲やアルバムが僕らにとって意味するのと同じくらい、ファンにとって大きな意味を持ってたことだったんだ。みんなを尊重することは僕らには重要なことだったし、今なお重要なことなんだ。みんなの人生に参加できたことは信じられない贈り物だよ。ありがとう」

R.E.M.は1980年にジョージア州のアセンズで結成され、1983年の『マーマー』から2011年の『コラプス・イントゥ・ナウ』まで15枚のアルバムをリリースしている。ドラマーのビル・ベリーは1997年に脱退して農夫となっており、その2年前に脳腫瘍を患っていた。代わりのメンバーが公式に加入することはなかった。

関連NEWS

  1. Michael Stipe

    REMのMichael Stipe、トランプ元大統領のツイッターをもっと早く凍結すべきだったと語る

  2. R.E.M.

    R.E.M.、“Everyday Is Yours To Win”のスタジオ・ライヴ映像が公開

  3. ソングライターの殿堂

    ソングライターの殿堂、2020年に殿堂入りを果たすアーティストの候補が発表に

  4. REM、Hayley WilliamsやPhoebe Bridgers

    R.E.M.、Hayley WilliamsやPhoebe Bridgersらが参加した公平な選挙のためのコンピが発売されることに

  5. Coldplay

    ColdplayやMichael Stipeらが参加したコンピレーションがアースデイに際して発売

  6. The Velvet Underground&Nico

    The Velvet Underground&Nico、豪華アーティスト参加のトリビュート作が発売決定

  7. Michael Stipe

    REMのMichael Stipe、「Losing My Region」の歌詞を変えた部分について語る

  8. Michael Stipe

    REMのMichael Stipe、コンサートでトランプ大統領を叱りつけた逸話について語る

  9. Michael Stipe

    R.E.MのMichael Stipe、ソロ・デビュー・シングル“Your Capricious Soul”が公開

  10. R.E.M.

    R.E.M.、『New Adventures In Hi-Fi』の25周年盤の発売が決定

  11. R.E.M.、BBCの膨大な音源と映像を収録したボックスセットのリリースが決定

  12. R.E.M.

    R.E.M.、1999年のグラストンベリー・フェスティバルのライヴ映像をYouTubeで配信することに

  13. Michael Stipe

    R.E.M.のMichael Stipe、The NationalのAaron Dessnerとのコラボ曲が公開

  14. The Police

    新型コロナウイルスの外出制限を受けてUKで人気の上がった楽曲のランキングが明らかに

  15. R.E.M.

    元R.E.M.のPeter BuckとMike Mills、デビューEPの40周年を記念して共演が実現

  1. SAULT

    SAULT、1曲32分で構成された新作『Acts of faith』をダウンロードで…

    2024.07.21

  2. Dave Rowntree

    Dave Rowntree、イギリス総選挙での落選を受けて声明を発表

    2024.07.21

  3. Wishy

    Wishy、来たるデビュー・アルバムより新曲「Sick Sweet」の音源が公…

    2024.07.21

  4. Ayra Starr

    Ayra Starr、最新作より「Bird Sing of Money」を披露したパフォー…

    2024.07.21

  5. BAND-MAID

    BAND-MAID、9月発売ニューアルバム限定盤収録のお給仕映像より、未…

    2024.07.20

  6. YES

    YES、来日公演を記念して89年発表のABWH『閃光』と91年発表の『結晶…

    2024.07.20

  7. Kelly Jones

    Kelly Jones、ソロ作より新曲「Time’s Running Away」のMV公開

    2024.07.20

  8. London Grammar

    London Grammar、Sabrina Carpenterの「Espresso」をカヴァーした映…

    2024.07.20

  9. Mochakk

    Disclosure&Mochakk、2時間を超えるB2Bのパフォーマンス映像が公開

    2024.07.20

  10. Justin Bieber

    Justin Bieber、アジア一の富豪による結婚式の事前パーティーに16億…

    2024.07.20

  1. Slow LIVE

    Slow LIVE’24 in 金沢公演 土岐麻子の出演が決定

    2024.07.19

  2. THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI

    『THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI』期間限定再結成を発表したA…

    2024.07.19

  3. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  4. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、Amazonにて無料配信が決定

    2024.07.11

  5. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  6. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  7. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  8. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、最終ラインナップ&タイムテーブルを発表

    2024.07.05

  9. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  10. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31