Paul McCartney、John Lennonが亡くなった直後は思いを言葉にできなかったと語る

ポール・マッカートニーは1980年末にジョン・レノンが殺害された後、ジョン・レノンが自分にとってどんな存在だったかを言葉にするのが難しい自分がいたと語っている。

「世界の誰しもにとって困難だった。というのも、彼には愛されたキャラクターがあったし、クレイジーな人でもあった。彼は特別な存在だったんだ」とポール・マッカートニーはシリウスXMで1982年発表の『タッグ・オブ・ウォー』の制作について振り返っている。

「本当につらくて、話すこともできなかった」としてポール・マッカートニーはジョン・レノンの死を受けて大衆から追悼の意と悲しみが寄せられる中で何も発することができなかったと説明している。

「訃報を聞いた日にスタジオから家に帰ってきて、テレビをつけたら、『ジョン・レノンはこんな人だ』、『彼はこういう人だった』、『ジョン・レノンに会ったことがある』と人々が言っていたのを覚えている。それを見て『よく分からないけど、この人たちの1人はなれない。テレビに出て、自分にとってどんな存在だったかなんて言えない』と思った。『あまりに深く、あまりに大きいもので、言葉になんかできないよ』ってね」

ポール・マッカートニーは「少し感情が落ち着いてきたところで」『タッグ・オブ・ウォー』の前半最後に収録された“Here Today”を書くことでジョン・レノンの死を受け止められるようになったと語っている。“Here Today”の歌詞はポール・マッカートニーの仮定の質問にジョン・レノンが答える内容となっている。

歌詞は次のような内容になっている。「君のことはよく分かっていると僕が言ったら、君はなんて言うんだろう/もし君が今もここにいたら/知る限り、君は笑ってこう言うだろう/僕らは全く変わってしまったと/もし君が今もここにいたら/でも、僕はかつてのことを覚えているから/これ以上泣くのを我慢しているんだ」

「レコーディング・スタジオになる建物にいたんだけど、上に小さな空き部屋がいくつかあった」とポール・マッカートニーは新たなインタヴューで語っている。「それで部屋を見つけて、ギターを持って隅の木の床に座って、“Here Today”のオープニングのコードを弾き始めたんだ」

ポール・マッカートニーは歌詞の一部が「泣いてしまった夜」に言及したもので、フロリダ州キーウェストにいた時のことに関連していると語っている。「ハリケーンだか、そうした理由で公演が延期されて、何日か演奏できないことがあったんだ」

「それで小さなモーテルに泊まったんだ。何をしたかというと、飲んで酔っ払って、演奏してなかったから演奏もした。あの夜は酔っ払って、感情的になっていた」とポール・マッカートニーは続けている。「すべてをさらけだすことになった」

「でも、その中で心を通わせることがたくさんあった。お互いいくつか本音も言った。『君のことは大好きだよ』『君がそういうのが好きなんだ』とかね。気持ちを打ち明けあった。あれは僕にとって特別だった。あんなことになったのは一回限りだった」

昨年、ポール・マッカートニーは『ザ・リリックス:1956トゥ・ザ・プレゼント』の出版イベントでジョン・レノンとの共作作業について次のように語っている。

「2人とも一緒に成長していったんだ。人生とは階段を昇っていくようなもので、僕ら2人は並んで階段を昇っていた。それはすごく楽しかったよ。今ではザ・ビートルズとしてのレコーディング・キャリアは終わったから、僕も1人のファンのような感じなんだ。彼と一緒にやるのがどれだけ素晴らしかったか、彼がどれだけ優れていたかは忘れないよ」

ポール・マッカートニーはジョン・レノンの死について「不条理でしかない」とも語っている。「すごく難しいね。折に触れてそのことを考えて、『分からないのに、なんで毎日泣き崩れているんだ?』なんて言うことになるんだろうね。本当にひどいことだよ」

一方、ポール・マッカートニーは先日、2022年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務めた「マジカルな」体験について振り返っている。「フェスティバルは特別ですが、グラストンベリーは特にそうで、多くの人にとって1年で大きなイベントとなっています。新型コロナウイルスで2020年と2021年がキャンセルになったこともあり、やり遂げることはより重要なことになりました」

「観客からも感動的なシーンでしたが、ステージに上がると、旗や丘が延々と続いていて、みんながこの体験に加わるのにイエスと言ってくれたことは大きなことでした」

「レイ・ラインといったことを知ると、場所のスピリチュアリティを感じることができます。グラストンベリーのようなイベントで、素晴らしいヴァイブとエネルギーで一つになると、参加できてよかったと思います」

関連NEWS

  1. Ringo Starr

    Ringo Starr、Black Lives Matterの抗議運動について自身の見解を表明

  2. Paul McCartney、John Lennon

    Paul McCartney、John Lennonとヒッチハイクをした思い出について語る

  3. John Lennon

    SiaやNorah Jonesら、外出制限を受けてJohn Lennonの“Imgaine”を歌う映像が公開

  4. ポール・マッカートニー&ウイングス、2作品がアーカイヴ・コレクションでのリリースが決定

  5. Dave Grohl

    Dave Grohl、Paul McCartneyとRingo Starrに初めて会った時を振り返る

  6. Ringo Starr

    Ringo Starr、The Beatlesの貴重な写真をまとめた写真集を刊行

  7. Paul McCartney

    Paul McCartney、オバマ大統領の前で演奏した際に緊張していた逸話が明らかに

  8. The Beatles

    The Beatles、新しい「Let It Be」のMVをプレミア公開

  9. Linda McCartney

    Paul McCartney、Linda McCartneyが亡くなった時のことを振り返る

  10. Paul McCartney

    Paul McCartney、John Lennonの存在がソングライティングに与える影響について改めて語る

  11. Paul McCartney

    Ryan Reynolds、Paul McCartneyの名前を出してイギリス王室のジンをからかう

  12. Julian Lennon

    Julian Lennon、最近発見されたガンへの恐怖について明かす

  13. Paul McCartney

    Paul McCartney、1959年に持ち去った毛布の埋め合わせをする手書きの手紙が競売に

  14. Katy Perry

    Katy Perry、The Beatlesの「All You Need Is Love」をカヴァーした音源が公開

  15. DOUBLE FANTASY -John & Yoko

    DOUBLE FANTASY -John & Yoko-展について又吉直樹とスプツニ子!が語る動画が公開

  1. Red Hot Chili Peppers

    RED HOT CHILI PEPPERS [The Unlimited Love Tour]2024年5月18日の…

    2024.05.18

  2. WANIMA

    WANIMA主催音楽フェス 「WANIMA presents 1CHANCE FESTIVAL 2024」…

    2024.05.18

  3. NEWDAD

    NEWDAD、10月に初来日公演が決定

    2024.05.18

  4. Ray Parker Jr.

    Ray Parker Jr.&Raydio、8月に来日公演が決定

    2024.05.18

  5. Gracie Abrams

    Taylor Swift、Gracie Abramsの新作に参加していることが明らかに

    2024.05.18

  6. Wishy

    Wishy、来たるデビュー・アルバムより「Love on the Outside」がMV…

    2024.05.18

  7. Cardinals

    Cardinals、来たるデビューEPより新曲「Nineteen」の音源が公開

    2024.05.18

  8. Julia Holter

    Julia Holter、最新作より「Sun Girl」と「Evening Mood」のライヴ…

    2024.05.18

  9. WIRED MUSIC FESTIVAL

    WIRED MUSIC FESTIVAL‘24、10月に開催決定

    2024.05.18

  10. Jorja Smith

    Jorja Smith、10月に来日公演が決定

    2024.05.18

  1. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  2. SUMMER

    SUMMER SONIC 2024、「Spotify RADAR:Early Noise Stage」に12組が…

    2024.05.16

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  7. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、タイムテーブルを発表

    2024.04.16

  8. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  9. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  10. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13