Paul McCartney、「Let It Be」についてシェイクスピアからの影響を無意識に受けていたと語る

Paul McCartney

ポール・マッカートニーは“Let It Be”について無意識のうちにシェイクスピアの『ハムレット』の影響を受けていたのではないかと語っている。

ポール・マッカートニーは1970年発表の“Let It Be”のインスピレーションについて母親のメアリー・パトリシア・マッカートニーに夢の中で「Let It Be」と言われたことを挙げている。

今回、ポール・マッカートニーはポッドキャスト『ア・ライフ・イン・リリックス』で学校でシェイクスピアの戯曲を暗唱するのが日課だったため、その台詞が頭をよぎったのかもしれないと語っている。『ハムレット』には「But let it be. Horatio, I am dead(もういい。ホレイシオ、おれは死ぬ)」という台詞が存在する。

「当時は一言一句を暗記しなければならなかったんだ。だから、いまだに『to be or not to be』も『O that this too too solid flesh』も出てくるんだよ」

ポール・マッカートニーは次のように続けている。「シェイクスピアを勉強していた時期にこの言葉に触れたわけで、何年も経ってから夢の中で母がこの言葉を言ったというのが興味深いんだよね」

母親のメアリー・パトリシア・マッカートニーはポール・マッカートニーが14歳の時にガンで亡くなっている。

「彼女と再会できたのは素晴らしいことだった。あんな夢を見られて、ありがたかったよ。あれが“Let It Be”を書かせたんだ」

ポール・マッカートニー&ウイングスは『バンド・オン・ザ・ラン』の50周年盤を2024年2月2日にリリースすることも決定している。

今回の50周年記念エディションはアナログLPをはじめとするさまざまなフォーマットで発売される。2CDエディションは米国オリジナル盤と同じ曲目のアルバム本編とアンダーダブド・ミックスが収録され、こちらにはリンダ・マッカートニー撮影のポラロイド写真を使用したポスターが、両面印刷/折り畳み式で付属する。

LPのスペシャル・エディション(輸入盤のみ)には、1973年当時のオリジナル・マスター・テープから高品質でデジタル変換した音源を基に、ハーフ・スピード・カッティングで製作されたもので、カッティングはロンドンのアビイ・ロード・スタジオのマイルズ・ショーウェルが手掛けている。このLP盤エディションの収録曲は“Helen Wheels”が収録された米国盤のそれに準拠しており、さらにはリンダ・マッカートニー撮影のポラロイド写真を使用したポスターも付属する。

同じくアナログ盤の2LPエディション(輸入盤のみ)には、ハーフ・スピード・カッティングで製作された米国盤のアルバム本編に加え、2枚目のディスクとして収録曲のアンダーダブド・ミックスが併録される。なお、スリップケースに収納されるこちらのセットにはリンダ・マッカートニー撮影のポラロイド・ポスターが2枚付属する。

ポール・マッカートニーはアンダーダブド・ミックスについて次のように述べている。「これはみんながこれまで聴いたことのない『バンド・オン・ザ・ラン』なんだ。曲を作って、別のギターとか追加の要素を入れることはオーヴァーダビングと言うけれど、このヴァージョンはその逆で、アンダーダビングなんだ」

関連NEWS

  1. Paul McCartney

    Paul McCartney、「Hey Jude」の手書きのメモによるNFTが880万円で落札

  2. ポール・マッカートニー、来日公演に向けたコメント動画が公開

  3. The Beatles

    The Beatles、John LennonがPaul McCartneyに書いた手紙がオークションに出品

  4. Paul McCartney

    Paul McCartney、最新作『エジプト・ステーション』に収録曲を追加したデラックス盤のリリースが決定

  5. Paul McCartney

    Paul McCartneyら、オンライン・フェスティバルに出演

  6. ポール・マッカートニー、ドラッグを使用した際に神を見たという体験について語る

  7. Paul McCartney

    Paul McCartney、The BEATLESの「A Day In The Life」について新たな見解を明かす

  8. One World: Together At Home

    One World: Together At Home、ライヴ・アルバムが配信

  9. Paul McCartney、George Harrison

    Paul McCartney、亡くなったAstrid Kirchherrに追悼の意を表明

  10. ポール・マッカートニー、『ホワイト・アルバム』に対する現在から見た感想を語る

  11. Ringo Starr

    Ringo Starr、Paul McCartneyが参加したEPのリリースが決定

  12. Paul McCartney、Rihanna

    Paul McCartney、Rihannaとニューヨーク発の飛行機で再会した動画がオンラインに

  13. ポール・マッカートニー、「フレッシュン・アップ」ツアーのUK公演の日程を発表

  14. Paul McCartney

    Paul McCartney、“Beautiful Night”でのRingo Starrとの共演について振り返る

  15. Paul McCartney

    Paul McCartney、BECKが出演する「Find My Way」のMV公開

  1. HEY-SMITH

    HEY-SMITH、ツアーFinal Seriesの対バンを毎日発表!第一弾でマキシ…

    2024.02.23

  2. Yard Act

    Yard Act、米TV番組で「We Make Hits」を披露したパフォーマンス映…

    2024.02.23

  3. Evian Christ

    Evian Christ、BBCラジオ1に提供した2時間のミックス音源が公開

    2024.02.23

  4. Serpentwithfeet

    Serpentwithfeet、新作より「Ellipsis」が公開

    2024.02.23

  5. 「ザ・ローリング・ストーンズの日」を記念し、2/24(土)21時よりYou…

    2024.02.23

  6. Goat Girl

    Goat Girl、新作のリリースを発表&新曲「Ride Around」がMVと共に…

    2024.02.23

  7. Georgia

    Georgia、ニュー・シングル「Too Much Too Little」の音源が公開

    2024.02.23

  8. Waxahatchee

    Waxahatchee、来たる新作よりニュー・シングル「Bored」がMVと共に…

    2024.02.23

  9. Michael Jackson

    伝記映画『マイケル』より主演のジャファー・ジャクソンの写真が公開

    2024.02.23

  10. Robert Plant

    Robert Plant、新曲を作りたいけれど「言葉が見つからない」と語る

    2024.02.23

  1. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第3弾アーティストを発表

    2024.02.21

  2. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2024、第1弾出演アーティストを発表

    2024.02.21

  3. METROCK2024 出演日&第3弾出演アーティスト発表、各日1日券受付開始

    2024.02.14

  4. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、開催決定

    2024.02.03

  5. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’24、第四弾出演アーティストを発表

    2024.02.01

  6. PUNKSPRING 2024、第4弾出演ラインナップを発表

    2024.02.01

  7. COMING KOBE

    COMING KOBE24、第2弾出演アーティスト発表

    2024.02.01

  8. I ROCKS

    LACCO TOWER主催ロックフェス 「I ROCKS 2024 stand by LACCO TOWER…

    2024.01.27

  9. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第2弾アーティストを発表

    2024.01.24

  10. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、開催概要が決定

    2024.01.12