Paul McCartney、全米ツアーの最終日となった公演でRingo Starrと共演

Ringo Starr

ポール・マッカートニーは現地時間7月13日にロサンゼルスで行った公演でリンゴ・スターと共演を果たしている。

ポール・マッカートニーはリンゴ・スターと共に『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』に収録された“Helter Skelter”と“Sgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band”を披露して、観客の歓声を受けている。

ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたこの日の公演は、ポール・マッカートニーの全米ツアーの最終日の公演となっている。

観客が撮影した共演の模様はこちらから。

ポール・マッカートニーはリンゴ・スターをステージに呼び込んで抱擁を交わし、お互いに「愛しているよ」という言葉を交わしている。2曲のパフォーマンス後、リンゴ・スターは自身の使ったドラム・スティックを観客席に投げ込んでいるほか、観客はステージを去るリンゴ・スターを「ピース&ラヴ」のチャントで送り出している。

ポール・マッカートニーはこの日、イーグルスのジョー・ウォルシュとも共演を果たしており、ジョー・ウォルシュは公演の最後に披露された『アビイ・ロード』の“The End”のパフォーマンスに参加している。現在77歳のポール・マッカートニーは“The End”を披露した後で、観客に次のように伝えてツアーから引退するつもりがないことを示している。「さようなら、みんな。さようなら、アメリカ。最後にこの言葉を伝えるよ。『また会う日まで』」

この投稿をInstagramで見る

Reunited with my favorite Starr #FreshenUpTour @ringostarrmusic

Paul McCartneyさん(@paulmccartney)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

Meet the Beagles! #FreshenUpTour @joewalshofficial

Paul McCartneyさん(@paulmccartney)がシェアした投稿 –

ポール・マッカートニーは先日、元妻のリンダ・マッカートニーが1998年に亡くなった時のことを振り返り、「1年くらいは繰り返し泣いていた」ことを明かしている。

リンダ・マッカートニーは「リンダ・マッカートニー 回顧展」と題された回顧展が7月5日からグラスゴーで開催されており、ポール・マッカートニーは回顧展に先駆けてBBCに次のように語っている。「母親もリンダも乳ガンで亡くなったんだ。僕らは母親の死因を知らなかったんだよ。誰もその話をしなかったんだ。母親が亡くなったということだけでね」

彼は次のように続けている。「さらに悪いことに、全員が懸命に我慢して、感情を表に出さないようにしていたんだ。そんななかで、ある晩に父親が泣いているのが隣の部屋から聞こえてきてね。とても悲しいことだったよ。父親が泣いているのなんてそれまで聞いたことがなかったからね」

ポール・マッカートニーはリンダ・マッカートニーが亡くなった時のことについて振り返り、「1年くらいは繰り返し泣いていた」ことを明かしている。「もしかしたら愛する人が入ってきてくれるんじゃないかって期待してしまうんだ。その人の存在にあまりにも慣れてしまっているからね」とポール・マッカートニーは語っている。「たくさん泣いたよ。恥ずかしいとも思ったけど、当時は泣くことしかできないと思っていたんだ」

この日の公演のセットリストは以下の通り。

‘A Hard Day’s Night’
‘Junior’s Farm’
‘Can’t Buy Me Love’
‘Letting Go’
‘Who Cares’
‘Got to Get You Into My Life’
‘Come On to Me’
‘Let Me Roll It’ (followed by “Foxy Lady” jam)
‘I’ve Got a Feeling’
‘Let ‘Em In’
‘My Valentine’
‘Nineteen Hundred and Eighty-Five’
‘Maybe I’m Amazed’
‘I’ve Just Seen a Face’
‘In Spite of All the Danger’
‘From Me to You’
‘Dance Tonight’
‘Love Me Do’
‘Blackbird’
‘Here Today’
‘Queenie Eye’
‘Lady Madonna’
‘Eleanor Rigby’
‘Fuh You’
‘Being for the Benefit of Mr. Kite!’
‘Something’
‘Ob-La-Di, Ob-La-Da’
‘Band on the Run’
‘Back in the U.S.S.R.’
‘Let It Be’
‘Live and Let Die’
‘Hey Jude’

Encore:
‘Birthday’
‘Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)’ with Ringo Starr
‘Helter Skelter’ with Ringo Starr
‘Golden Slumbers’
‘Carry That Weight’
‘The End’ with Joe Walsh

関連NEWS

  1. Paul McCartney

    Paul McCartney、The Beatlesの現場でのYoko Onoの存在は職場干渉だったと語る

  2. Paul McCartney

    Paul McCartney、最新作のリミックスよりBECKによる「Find My Way」の音源が公開

  3. Paul McCartney

    Paul McCartney&Wingsのメンバーら、 Paul McCartneyとの思い出を振り返る

  4. The Beatles

    The Beatles、カタログ音源が初めてYouTubeショートで使えるように

  5. Paul McCartney

    Paul McCartney、4枚のライヴ・アルバムがリイシューされることが決定

  6. Ringo Starr

    Ringo Starr、Paul McCartneyらを迎えてオンラインのチャリティ・コンサートを開催

  7. Paul McCartney

    Paul McCartney、50周年のグラストンベリーでヘッドライナーを務めることを発表

  8. The Beatles、映画『Let It Be』修復版の日本版予告編映像が公開

  9. Paul McCartney

    Paul McCartney、グラストンベリーでDave GrohlとBruce Springsteenと共演

  10. Beatallica

    Beatallica、8年ぶりとなるアルバムをリリースする予定であることが明らかに

  11. DOUBLE FANTASY -John & Yoko

    DOUBLE FANTASY -John & Yoko -、展覧会の特集番組の予告映像が公開

  12. Ringo Starr

    Ringo Starr、通算20作目となるスタジオ・アルバム『What’s My Name』を発売

  13. Paul McCartney

    Paul McCartney、新作『McCartney III』をリリースすることを示唆

  14. ビートルズ、“In My Life”の作曲者について統計学を使って分析した研究結果が発表に

  15. John Lennon

    John Lennon、St. Patrick’s Dayを受けて“The Luck Of The Irish”のMVが公開