Bruce Dickinson、高騰するチケット価格について自身の見解を語る

Bruce Dickinson

アイアン・メイデンのフロントマンであるブルース・ディッキンソンはコンサート・チケットの価格に関する自身の見解について最近のインタヴューで語っている。

メキシコの『アトモスフェラス』誌のインタヴューでブルース・ディッキンソンは3月頭まで行われていたU2のラスベガス公演を引き合いに出しながら、最近のチケット価格について語っている。

「U2のライヴに行きたいと思っても、スフィアでの公演では1席1200ドルだったと思う」とブルース・ディッキンソンは語っている。「1200ドル払って、U2をスフィアに観に行くなんて自分は興味ないね。まったくない。100ドルだったら、行くだろうけどね。でも、自分にとって重要なこととして続けていきたいのは、適切な種類のチケットを適切な価格で提供することなんだ」

ブルース・ディッキンソンはステージ最前列のチケットを「誰もが最も高くすべきだ」と言うけれど、自分は違う考えだとも述べている。「最もリーズナブルな価格のチケットにすべきなんだ。なぜなら、ステージ最前列に行きたいのは本物のファンだろうし、キッズで、クレイジーな金額は払えなかったりする。そういう人が前方にいるべきだし、音楽を存続させていく人たちなんだ」

「それに加えて、ファンかもしれないけど、奥さんを連れて来たいとか、暑くて汗だくにはなりたくないという人たちもいる。だから、一番上の席とか、そういう席を選ぶんだ。そこはまた別の価格になる」

ブルース・ディッキンソンのソロ・ツアーやアイアン・メイデンの2024年のツアーはスタンダードなアリーナのチケット価格が導入されている場合が多く、ステージに近ければ近いほど値段が高くなる形にはなっている。

「プロモーターはどうにかして元を取らなければならないからね」とブルース・ディッキンソンは続けている。「微妙なバランスなんだ。でも、概してチケットは高騰しているよね。その中には自分としてはとんでもないとしか思えないチケット価格もある。僕がそれを払うことはないね。逆に言えば、自分がそのアーティストのファンじゃないってことなんだろうけどね。ファンの人には支払う価値があるんだろうからさ。自分のライヴについては通常の範囲内でチケット価格を維持しようとしてきた。それはアイアン・メイデンも一緒だよ」

ブルース・ディッキンソンは18年ぶりとなるソロ・アルバム『ザ・マンドレイク・プロジェクト』を3月1日にリリースしている。ソロ・アルバム『ザ・マンドレイク・プロジェクト』は2005年に発表された『ティラニー・オブ・ソウルズ』以来、18年ぶりのソロ・アルバムとなる。

アルバムのストリーミングはこちらから。

関連NEWS

  1. Bruce Dickinson

    Iron MaidenのBruce Dickinson、グラストンベリー・フェスに呼ばれなくても気にしない理由を語る

  2. Bruce Dickinson

    Bruce Dickinson、自身のEU離脱の見解が批判されたことに反論

  3. Iron Maiden

    Iron Maiden、2020年5月に来日公演が決定

  4. Iron Maiden

    Iron Maiden、昨年9月の公演を収録した新たなライヴ・アルバムのリリースが決定

  5. Bruce Dickinson

    Bruce Dickinson、3度目の結婚に向けて婚約したことが明らかに

  6. Bruce Dickinson

    Iron MaidenのBruce Dickinson、妻が亡くなったことを受けて声明を発表

  7. Iron Maiden

    ロックの殿堂、ヘヴィ・メタルのアーティストが殿堂入りしなかったことについて弁明

  8. IronMaiden

    Iron Maiden、スタジオ・コレクション・リマスタード第4弾が11/22に世界同時リリース

  9. Bruce Dickinson

    Iron MaidenのBruce Dickinson、ライヴで歌詞を見るRobert Halfordに苦言

  10. Iron Maiden

    Iron Maiden、9月にリリースされる新作についてメンバーが語った動画が公開

  11. Bruce Dickinson

    Sharon Osbourn、Bruce Dickinsonとの確執について語る

  12. Bruce Dickinson

    Bruce Dickinson、歌えなくなったら後任に変えてほしいと語る

  13. Bruce Dickinson

    Bruce Dickinson、アリーナを埋めるロック・バンドが出てこない理由を語る

  14. MetallicaやFoo Fighters、Iron Maidenのメンバーらがセッションしている写真がオンラインで公開

  15. Bruce Dickinson

    Bruce Dickinson、楽屋に歌詞カードがないとパニックになると語る

  1. 横浜銀蝿

    伝説的R&R バンド「T.C.R.横浜銀蝿R.S.」のトリビュートアルバム「…

    2024.04.13

  2. Damon Albarn

    Damon Albarn、Thundercatのロンドン公演に飛び入り参加して共演

    2024.04.13

  3. The Beatles

    The Beatles、公式ストアでペーパージオラマ「立版古」の新作3種が…

    2024.04.13

  4. Rina Sawayama

    Rina Sawayama、ちゃんみなとのコラボとなる「This Hell」のリミッ…

    2024.04.13

  5. HEY-SMITH

    HEY-SMITH主催「HAZIKETEMAZARE 2024」チケット先行受付がスタート

    2024.04.12

  6. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第2弾出演アー…

    2024.04.12

  7. Bring Me The Horizon

    Bring Me The Horizon、新作を予告する動画を公開

    2024.04.12

  8. Perfume

    Perfume 、ライブ映像商品Blu-ray&DVD「Perfume Countdown Live 20…

    2024.04.12

  9. Nothing’s Carved In Stone

    Nothing’s Carved In Stone、5/15リリースのEPタイトルが「BRIGHTNE…

    2024.04.12

  10. オッペンハイマー

    『オッペンハイマー』、平野啓一郎&大島育宙が『オッペンハイマー…

    2024.04.12

  1. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、最終出演アーティストを発表

    2024.04.12

  2. JOIN ALIVE 2024、第一弾出演アーティスト発表

    2024.04.11

  3. SUMMER SONIC 2024、第3弾追加アーティストを発表

    2024.04.10

  4. METROCK

    METROCK2024 全出演アーティスト発表、第7弾出演アーティストにNEWS…

    2024.04.05

  5. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、BIG BEAT CARNIVALセッションゲストにThe Bi…

    2024.04.03

  6. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  7. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第1弾出演アーティスト発表

    2024.04.01

  8. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第一弾出演アーティスト発表

    2024.03.30

  9. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  10. COMING KOBE

    COMING KOBE24、第4弾出演アーティスト発表

    2024.03.15