デヴィッド・ボウイ、16歳の時にレコーディングした最初のデモ・テープが発見される

デヴィッド・ボウイがまだ10代だった頃にレコーディングした最初のデモ・テープが古いパンかごの中から発見されている。

このデモ・テープはデヴィッド・ボウイが16歳のときにレコーディングされたもので、当時、彼は本名のデヴィッド・ジョーンズとして活動し、元々はサックス奏者であったことで知られている。収録されている“I Never Dreamed”は、彼が最初にやっていたバンドであるザ・コンラッズと共に、彼の歌声が初めてレコーディングされたものだという。このテープでバンドはレーベルのデッカに契約を断られ、その後ソロ・アーティストとしてデヴィッド・ボウイが名声を獲得するまで長い時間がかかることになった。

『ガーディアン』紙によると、今回このテープが古いパンかごから発見され、オークションで最低でも1万ポンド(約146万円)で取引される見込みだという。

テープはザ・コンラッズでドラマーとマネージャーをしていたデヴィッド・ハドフィールドによって発見されている。発見時に彼は引っ越しの最中で、その他にもバンドに関わる出演契約表や写真、プロモーション用のスケッチ、バンドに関連した手紙や請求書が見つかっている。

「僕たちは何本かのギターで、1曲オリジナル曲をやろうって決めていたんだ」とデヴィッド・ハドフィールドは語っている。「僕は“I Never Dreamed”を選んだんだ。これが一番よくできていて、他の2曲はちょっと弱かったからね。僕はさらに、この曲を歌って適切な解釈をしてくれる適任者はデヴィッドだと思ったんだよ。それでこの曲が55年前、デヴィッド・ジョーンズが歌う、まさしく最初のレコーディングになったというわけなんだ」

彼は次のように続けている。「デヴィッドがリード・ヴォーカルをとっているデモの録音は、他には存在しないんだ。デッカは最初は僕たちを断ったんだけどね。でも、結局その次の年に俺たちのオーディションをしてくれて、そこではヴォーカリストのロジャー・フェリスがリードをやって、デヴィッドはバッキングのハーモニーをやったんだよね」

オメガ・オークションのポール・フェアウェザーはテープについて次のように語っている。「完全に唯一のもので、非常に歴史的な重要性があります。その後、大変なスターダムへ上り詰めることになる、駆け出しミュージシャンの最初のスタジオ・レコーディングですからね」

テープは9月にオークションに出品される予定となっている。

一方、デヴィッド・ボウイについてはキャリアを総括するボックスセット・シリーズの第4弾となる『ラヴィング・ジ・エイリアン [1983-1988]』がリリースされることが決定している。

この『ラヴィング・ジ・エイリアン [1983-1988]』は、これまでにリリースされてきた『ファイヴ・イヤーズ [1969-1973]』、『フー・キャン・アイ・ビー・ナウ [1974-1976]』、『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン [1977-1982]』同様、未発表音源を収録して、海外では10月12日にリリースされる。日本盤CDボックスセットは10月下旬の発売が予定されているとのことで、詳細は後日発表される。

関連NEWS

  1. Stereophonics

    Stereophonics、DAVID BOWIEの影響で“Dakota”を書いたことを明かす

  2. ジョン・レノンやカート・コバーン、デヴィッド・ボウイの手書き文字がフォントに

  3. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、“Starman”の最初のデモ音源が750万円で落札されたことが明らかに

  4. デヴィッド・ボウイが選んだ100冊に対する読書クラブを息子が立ち上げることに

  5. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、“Space Oddity”の50周年を記念した2枚組7インチが7月にリリース決定

  6. Dave Grohl

    Foo FightersのDave Grohl、新作は自分たちにとっての『Let’s Dance』と語る

  7. デヴィッド・ボウイ、映画『スター・ウォーズ』との奇妙な関わりが明らかに

  8. デヴィッド・ボウイ、70年代に自身の死期を告げられていたとする逸話が公開される

  9. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、映画『ストーリー・オブ・マイライフ』のサウンドトラックに与えた影響が明らかに

  10. マリリン・マンソン、デヴィッド・ボウイとの対面を台無しにされたことを振り返る

  11. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、DAVID BOWIEと対面した時のことを振り返る

  12. Jarvis Cocker

    Jarvis Cocker、1996年のMichael Jacksonをめぐる騒動でデヴィッド・ボウイに助けられたと語る

  13. ColdplayやArctic Monkeysら

    ColdplayやArctic Monkeysら、レーベルによるサンプル盤がオークションに

  14. Jamiroquai、DAVID BOWIEの“Let’s Dance”の替え歌でロックダウンを呼びかける

  15. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、誕生日を記念して新たに2つのリリースがあることが明らかに

  1. Elvis Costello

    Elvis Costello、新作より新曲“Hey Clockface / How Can You Face M…

    2020.09.19

  2. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、タイニー・デスク・コンサートの映像が公開

    2020.09.19

  3. Major Lazer、Nicki Minaj

    Major Lazer、Nicki Minajらとのコラボによる新曲“Oh My Gawd”が公開

    2020.09.19

  4. SIAとDavid Guetta

    SIAとDavid Guetta、コラボレーションによる新曲“Let’s Love”の音源…

    2020.09.19

  5. MarshmelloとDemi Lovato

    MarshmelloとDemi Lovato、世界自殺予防デーを受けて新曲“OK Not To…

    2020.09.19

  6. Tash Sultana

    Tash Sultana、ニュー・シングル“Beyond The Pine”のリリック・ビデ…

    2020.09.19

  7. ハンバート ハンバート

    ハンバート ハンバートNew Album「愛のひみつ」 初回盤特典DVDの詳…

    2020.09.18

  8. BIGMAMA

    BIGMAMAが贈るクリスマススペシャル企画 “BIGMAMA Christmas …

    2020.09.18

  9. Smashing Pumpkins

    Smashing Pumpkins、ダブル・アルバムを11月にリリースすることを発表

    2020.09.18

  10. James Blake

    James Blake、Frank Oceanの“Godspeed”のカヴァーをビデオと共に公開

    2020.09.18

  1. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  2. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス、第4弾アーティストにNot…

    2020.09.02

  3. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2020、第3弾出演アーティストにOAU、怒髪天、四…

    2020.08.28

  4. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  5. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  6. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  7. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  8. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  9. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  10. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14