ザ・1975のマット・ヒーリー、インタヴューの中で自身の薬物中毒について母親に謝罪

ザ・1975のマット・ヒーリーはドラマ「コロネーション・ストリート」への出演で知られる女優で母親のデニース・ウェルチに自身のヘロイン中毒との闘いについて公の場で謝罪している。

マット・ヒーリーは先日、来たるバンドの新作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』のレコーディングに取りかかかる前に、バルバドスにあるリハビリ施設で治療していたことを明かしている。マット・ヒーリーは本作に収録されているカムバック・シングル“Give Yourself A Try”の中で自身の薬物との闘いについて言及している。

マット・ヒーリーは『Q』誌との新たなインタヴューの中で、ヘロインのせいで「作曲家、人間、友人、パートナー、息子としてひどい存在になってしまった」と語っている。

「母親に謝りたいと思っているんだ」とマット・ヒーリーは語っている。「親だったら、子どもにその種の問題(依存症)があって、考えないようにするなんて無理なわけでね。『うん、なぜだ』って……自分の責任だと感じてしまうんだ。分かるかな? 実際にはまったく責任がなくてもね」

マット・ヒーリーは2016年にリリースした『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』の“She Lays Down”で、母親の産後うつとの闘いについても歌っている。

マット・ヒーリーは『Q』誌とのインタヴューの中で亡くなったマック・ミラーについても言及している。マック・ミラーは現地時間9月7日にサン・フェルナンド・ヴァリーの自宅で意識不明のところを発見されている。マック・ミラーはドラッグのオーヴァードーズで亡くなったと見られている。享年26歳だった。

マット・ヒーリーはマック・ミラーについて、2014年にオーストラリアのフェスティバルで出会って以来「少しだけ」知っているとした上で、彼の死には「かなり動揺した」ことを明かしている。

「ただ悲しかったよ。彼は素敵な人だったんだ。才能に満ちていたしね」と彼は語っている。

マット・ヒーリーは先日、『NME』とのインタヴューの中で、フェイヴァーと名付けられた馬と一緒に過ごしたことでいかに薬物中毒を克服できたかを明かしている。

「セラピストの一人から、馬とのセラピーをやってみませんかっていうことを訊かれたんだ」とマット・ヒーリーは語っている。「それで考えてみたんだけどさ。俺は非常にシニカルなイギリス人だからさ。エネルギーやらヴァイブやらを信じないし、実際、懐疑的だったんだよ。『ウソだろ、一体俺はこれからどうなるんだ? 2週間も馬が隣にいるのかよ?』っいうふうにね」

「それで、そこにいることになったんだけどさ。正直に言うと、初日は馬の隣でこう思っていたんだよ。『なんて馬鹿なことをしているんだろう。馬の隣にいれば、いずれ深遠な瞬間が訪れるなんて思ってるんだからね』ってね。それから3日が経って、セラピストから(馬を訓練するための施設である)ラウンドペンに案内されて、『深呼吸して』って言われながら、馬の近くでロープを振る練習をしたんだ。セラピストからは、どうすれば5分ほどで馬の信用を得られるかについて教わったんだ」

マット・ヒーリーは次のように続けている。「それで実際に、馬が俺のほうに来てくれて、隣についてくれたんだ。その馬は俺の隣がどこよりも安全だと思ってくれたみたいで、1日中そばにいてくれたんだよ。これまで経験した中で、最も深遠な経験だったね。本当にそうだったんだ。今振り返ると、あの時はこれまでに他の人に接してきたどんな時よりも、何百万倍も人間らしいやり方で、どうすればこの馬に認めてもらえるだろうかっていうことを考えていたよ」

関連NEWS

  1. The 1975

    The 1975のMatt Healy、最新シングル“Frail State Of Mind”や来たる新作について語る

  2. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、幼少期に受けたマイケル・ジャクソンからの影響について語る

  3. ARCTICMONKEYS

    イギリスで2018年に最も売れたアナログ盤のランキングが明らかに

  4. Ariana Grande

    The 1975のマット・ヒーリー、Ariana Grandeとコラボレーションしてみたいと語る

  5. Dirty Hit

    The 1975やWolf Aliceらが所属するDirty Hit、オーストラリア支部を開設

  6. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、バンドの来たる新作について3作目とはまったく違う作品になると語る

  7. The 1975

    The 1975、米TV番組で披露した“I Like America & America Likes Me”の映像が公開

  8. The 1975

    The 1975、アメリカのテレビ番組に出演してアルバムを立て続けにリリースする理由を語る

  9. Pale Waves

    Pale Waves、The 1975のMatthew Healyと新曲に取り組んでいることが明らかに

  10. レディング&リーズ・フェスティバル、2019年のヘッドライナーを発表

  11. The 1975、最新作を携えたツアー初日のセットリストが明らかに

  12. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy、新作に参加した父親に賛辞を寄せる

  13. Lauv、The 1975

    Lauv、The 1975のMVとの類似性を指摘されてMatt Healyに謝罪

  14. matty healy

    The 1975のMatty Healy、Taylor Swiftのアコースティック作を手掛けたいと語る

  15. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、最新作が『OKコンピューター』と比較されていることについて言及

  1. Chris Martin

    Coldplayのクリス・マーティン、今はフランク・シナトラをよく聴い…

    2021.05.07

  2. KANDYTOWN

    KANDYTOWN 『MUSIC STATION」公式YouTube企画”Spotlight”で新曲「On…

    2021.05.07

  3. 眉村ちあき

    眉村ちあき ストリーミングライブツアー第2弾「飛び出せ!日本元気…

    2021.05.07

  4. 大塚 愛×あっこゴリラ、愛の形を”ハンバーグ”で表現したコラボ曲「…

    2021.05.07

  5. あいみょん

    あいみょん、5/26リリースシングル収録、「愛を知るまでは」のMV公…

    2021.05.07

  6. 大橋トリオ

    大橋トリオ、5月9日(日)放送「関ジャム 完全燃SHOW」に登場

    2021.05.07

  7. Madonna

    Madonna、Nick Kamenの訃報を受けて追悼の意を表明

    2021.05.07

  8. KIRINJI

    KIRINJI、トーク&弾き語り生配信イベント「KIRINJI ONLINE SAIKAI…

    2021.05.07

  9. Grimes

    Grimes、パートナーのElon Muskに対する批判を擁護

    2021.05.07

  10. One on One~special~TOISU&DISCO!!!

    POLYSICS・the telephones ツーマンライブ「One on One~special~T…

    2021.05.07

  1. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

    2021.04.21

  2. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1、第3弾でThe BONEZ、Dragon Ash…

    2021.04.20

  3. FUJI ROCK

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、出演日別ラインナップ第1弾発表

    2021.04.16

  4. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  5. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01