ノエル・ギャラガー、U2とのツアーで聴くのを楽しみにしていた曲を明かす

ノエル・ギャラガーはU2とのツアーで聴くのを楽しみにしていた楽曲を明かしている。

ボノとノエル・ギャラガーは非常に仲のいいことで知られ、ノエル・ギャラガーは2017年にU2による『ヨシュア・トゥリー』30周年記念ツアーにもサポート・アクトとして参加している。

ノエル・ギャラガーは『Q』誌とのインタヴューの中で、U2の『ヨシュア・トゥリー』30周年記念ツアーを一緒に回っていた際に聴くのを楽しみにしていた彼らの楽曲は何かという質問に答えている。

ノエル・ギャラガーは次のように明かしている。「その日ごとに変わってはいたけど、いつも楽しみだったのは“New Years Day”だね。あのツアーに参加できたのは、とてつもない特権だと思っているよ」

「ボノに、よくみんなが言ってた『ゴンゾ・U2』っていうジャンルの話をしたことがあってね」とノエル・ギャラガーは続けている。「そしたら、彼はその言葉を聞いたことがなかったみたいでね。(ボノの口調を真似ながら)『ゴンゾ・U2って何だ?』って訊かれてね。『いや、そんな変な言葉、特に意味はないよ』って答えたんだけどさ。ボノは『すべてのことに意味があるんだ』っていう感じでね。それで、俺はこう答えたんだ。『“Elevation”には意味がないだろ。『A mole, digging in a hole(モグラが穴を掘る)』という一節なんて、俺の曲にありそうだよな』ってね」

一方、U2のフロントマンであるボノは同じ『Q』誌とのインタヴューの中でノエル・ギャラガーと初めて会った時のことを振り返っている。

「よく覚えてないな。彼の地下にあるアパートかなんかだったと思う。通りも覚えてないよ」とボノは語っている。「でも、連中がキャリアを始めたばかりの頃だった。地下で、話をしたのを覚えている。彼の曲が金に変わっていくのを見るのは、人生でも最大の喜びの一つだったね」

彼は次のように続けている。「次に会った時はサポート・アクトの件について話をしたんだと思う。それで『本当にやるのか?』って彼が言うから『ああ』って答えたら、彼は俺たちにサポート・アクトをやらせることについての話をしてたんだよね。俺があいつを大好きなのはだからだよ。というのも笑わせてくれるんだ。俺にサインもくれたんだよ」

関連NEWS

  1. U2、第60回グラミー賞授賞式でのパフォーマンス映像が公開

  2. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、oasisの公演でLiamが観客に払い戻すと言った時のことを振り返る

  3. ノエル・ギャラガー、自身のサウンドについて自分が「何かを発明したわけではない」と語る

  4. U2のボノ、パラダイス文書に自身の名前があったことについて声明を発表

  5. ノエル・ギャラガー、最も窓から眺めていたい景色は日本にあることを明かす

  6. ノエル・ギャラガー、初週で全英1位を獲得もリアム・ギャラガーの売上に届かず

  7. U2、先週末に行われたダブリン公演で“Dirty Day”を25年ぶりに披露

  8. U2、「サタデー・ナイト・ライヴ」の映像を自身のYouTubeチャンネルで公開

  9. ノエル・ギャラガー、リアムは俺の才能でずっと得してきていると語る

  10. ノエル・ギャラガー、『Q』アウォーズの授賞式で弟のリアム・ギャラガーへの感謝を語る

  11. U2のボノの息子が結成したバンド、同じ名前のバンドとトラブルに

  12. U2のボノ、声が出なくなってしまったことについて声明を発表

  13. ノエル・ギャラガー、Bサイド曲“Alone On The Rope”のリリック・ビデオが公開

  14. ノエル・ギャラガー、最新作より“It’s A Beautiful World”のミュージック・ビデオが公開

  15. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、スポティファイで新たなプレイリストが公開