The 1975のマット・ヒーリー、自分の考えるレディング・フェスティバルのステージを語る

The 1975

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは緻密なプロダクションで作られたバンドのステージセットについて、今年の夏を迎える頃にはより「洗練された」、「素晴らしい」ものになることを示唆している。

先日、UKでのアリーナ・ツアーが最終日を迎えたマンチェスター出身のザ・1975は今年の8月にUKに戻ってレディング&リーズ・フェスティバルでヘッドライナーを務める予定となっている。

マット・ヒーリーは今回、今年の3月から始まる『ネット上の人間関係についての簡単な調査』を携えた全米ツアーに先駆け、ツアーを経るごとにステージ・セットが進化していく可能性があると語っている。

マット・ヒーリーは『アナザー・マン』誌とのインタヴューの中でステージ・セットを頻繁に変えていることについて語っている。「セットはかなり変わったね。そのほうが、新鮮な気持ちでいられるんだ。毎晩変えているんだよ。今のところはまだすごく新鮮な気持ちでいられている。そういう雰囲気こそが自分に影響を与えてくれ、アルバムにも影響を与えてくれるんだ。自分の移り気の早さは間違いなくアルバムに影響を与えているよ。きっと自分が人生に退屈してしまうことはないと思うね」

マット・ヒーリーは「それぞれのショウがとても異なるものになっている」とした上で、続けてレディング・アンド・リーズ・フェスティバルで目指しているものについて語っている。

「レディング・フェスティバルは物流の面で洗練されたものにしたいんだ。台無しにはしたくないからね。(昨年12月のカムデン・アセンブリー公演でしたような)“Love It If You Made It”でマイクを落とすような真似はしたくないね。だけど、個人的にはレディングだからといって上品に振る舞うようなことはしたくない。観客には10代のマインドを2時間にわたって爆発させているような姿を観てもらいたいね。俺が観たいと思うのはそういうものだからさ!」

マット・ヒーリーは続けて、夏の公演が始まる頃には「セットに新しいもの」を取り入れることになるとして、「新しいプロダクション」を組み込むことを明かしている。

「UKに戻って来る頃には新しくて、素晴らしいものにしたいね」とマット・ヒーリーは語っている。「フェスティバルまで俺たちを観に来て、“I Couldn’t Be More In Love”のパフォーマンスを観てもらいたいな。それから、同じくらい素晴らしい他の曲たちもね」とマット・ヒーリーは笑いながら語っている。

一方、ザ・1975は来月行われるブリット・アウォーズの授賞式でパフォーマンスを行うことが明らかになっている。バンドはまた、ブリット・アウォーズの週に行われる一連の公演の一環としてロンドンのザ・ガレッジで小規模な公演を行う予定となっている。

関連NEWS

  1. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy、新作の歌詞について優れたコメディアンのように書きたかったと語る

  2. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy.、病気で公演をキャンセルしたことを受けてツイッターでファンに報告

  3. The 1975

    The 1975のMatt Healy、気候変動のために植樹する活動に参加するようファンに呼びかける

  4. The 1975

    The 1975、ダーティ・ヒットとのレコード契約を更新したことが明らかに

  5. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、ギター・ミュージックは依然として今日的な意味を持っていると語る

  6. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy、ライヴ・ミュージックがなくなることはないと語る

  7. The 1975

    The 1975、16歳の環境保護活動家のGreta Thunbergは機会を与えられてこなかったと語る

  8. The 1975

    The 1975のMatt Healy、ジェンダーの均衡が取れてないフェスに出演しないことを示唆

  9. The 1975

    The 1975、新作を完成させるため2月に予定されていたヨーロッパ・ツアーを延期

  10. Bright Eyes

    Bright EyesのConor、The 1975の好きな部分について語る

  11. The 1975

    The 1975のMatt Healy、Greta Thunbergを「これまでで最もパンクな人」と語る

  12. The 1975

    The 1975ら、Summer Sessions Edinburgh 2020でヘッドライナーを務めることが決定

  13. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、バンドを最も総括していると思う楽曲を明かす

  14. The 1975やBillie Eilish

    The 1975やBillie Eilishのセールスが牽引してUKでのカセットテープの売上が好調

  15. The 1975、最新作を携えたツアー初日のセットリストが明らかに

  1. Eric Clapton

    Eric Clapton、2019年のクロスロード・フェスの模様が複数形態でリ…

    2020.09.30

  2. BUMP OF CHICKEN

    BUMP OF CHICKEN 新曲「アカシア」がテーマソングを務める ポケモン…

    2020.09.29

  3. Foo Fighters

    Foo Fighters、25周年を記念したマーチャンダイズをさらに販売する…

    2020.09.29

  4. Hudson Mohawke

    Hudson Mohawke、民主党のジョー・バイデン候補の選挙活動動画に楽…

    2020.09.29

  5. Romy

    The XXのRomy、ソロ・デビュー・シングル“Lifetime”をリリース

    2020.09.29

  6. Zayn Malik

    元One DirectionのZayn Malik、女児が生まれて父親に

    2020.09.29

  7. 米米CLUB

    米米CLUB史上初! オリジナル米「米米米 KOME KOME MAI」限定発売

    2020.09.29

  8. Cardi BやLizzoら、ブリオナ・テイラーを銃撃した警官が殺人の罪を…

    2020.09.29

  9. Nine Inch Nails

    Nine Inch Nails、「PANDEMIC 2020」と題した新たな公式マーチャン…

    2020.09.29

  10. Metallica

    Metallica、MLBのジャイアンツ戦前にアメリカ国家を演奏した映像が…

    2020.09.29

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01