Beatles、1969年に書かれた解散を示唆する2通の手紙がオークションに出品されることに

Beatles

ザ・ビートルズは1969年に書かれた、後のバンド解散を示唆する2通の手紙が55万ポンド(約7,800万円)で出品されている。

出品されている2通の手紙は、ザ・ビートルズからジョン・イーストマンとリー・イーストマンに宛てて1969年の1月と4月に送られたものとなっている。ポール・マッカートニーは同年の3月に、ジョン・イーストマンの妹で、リー・イーストマンの娘のリンダと結婚している。

出品されている手紙のうちの一つは、ザ・ビートルズの4人のメンバーとアップル・コア社の代表を務めていたニール・アスピノールからジョン・イーストマンに送られたもので、「バンドの代理としてあらゆる契約面の交渉に当たってもらう権限を与える」という内容が書かれている。

しかしながら、出品されているもう一通の手紙は「解散を告げる手紙」として知られているもので、イーストマン家との関係を続けようとしているポール・マッカートニーとは反対に、ジョン・レノンやジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがザ・ローリング・ストーンズのマネージャーを務めていたアラン・クレインと仕事をするために、リー・イーストマンとの関係を終わらせることを求めて記した内容になっている。

「この手紙は、あなたがザ・ビートルズや、バンドが所有もしくは運営している会社の弁護士や法務代理人を務めるいかなる権限も有していないという事実をお伝えするものです」とポール・マッカートニー以外のザ・ビートルズのメンバーは1969年の4月に記している。「私たちはあなたが個人的にポール・マッカートニーから代理人としての権限を与えられていると認識しており、この点に関しては、我々の代理人と共に全面的に協力する所存です」

2通の手紙は「モメンツ・イン・タイム」で出品されており、1969年1月に書かれた手紙は22万5,000ポンド(約3,200万円)で、同年の4月に書かれた手紙は32万5,000ポンド(約4,600万円)でそれぞれ出品されている。

「モメンツ・イン・タイム」のホームページはこちらから。

https://momentsintime.com/the-beatles-breakup-contract-the-beatles-agree-to-eastmans-management/#.XFjhn8_7S8V

ザ・ビートルズ内にあった確執は、最後のアルバムとなった『レット・イット・ビー』の制作やレコーディング、リリースに当たっていた中で次第に高まっていき、バンドは1970年に正式に解散している。

ザ・ビートルズは現地時間1月30日に、ピーター・ジャクソン監督と共にバンドの最終期を捉えた新作映画が制作されることが発表されている。

アップル・コア社とウィングナット・フィルムズ社によって制作される本作は1969年1月2日から1月31日に撮影された最後のスタジオ・アルバム『レット・イット・ビー』のレコーディング風景から55時間に及ぶ未公開映像を基にしたものとなっている。その模様は1969年1月30日、ちょうど50年前にロンドンのアップル・コアの屋上で行われたルーフトップ・コンサートでクライマックスを迎えている。

まだタイトルのついていないこの映画の公開時期については現時点で明らかになっていないが、マイケル・リンゼイ=ホッグが監督したオリジナルの映画『レット・イット・ビー』も同様に映像修復されて公開される予定となっている。

一方、ザ・ビートルズの“Hey Jude”はその「ポルノ」的なアナログ盤ジャケットのデザインのためにシングルとしてリリースされない可能性があったことも明らかになっている。

関連NEWS

  1. ポール・マッカートニー、ニューヨーク公演でブルース・スプリングスティーンと共演

  2. ビートルズ、『ホワイト・アルバム』50周年盤の日本盤購入者特典が決定

  3. Damon Albarn

    Damon Albarn、GorillazでPaul McCartneyとコラボする可能性を示唆

  4. オノ・ヨーコ、10月に新作をリリースすることを発表&新曲“Warzone”を公開

  5. George Harrison

    The BeatlesのGeorge Harrison、リヴァプールに彼を記念した自然施設がオープンすることに

  6. Paul McCartney

    Paul McCartney、これまでの歌詞をまとめて生涯を振り返った著書を刊行することに

  7. John Lennon

    John Lennon殺害のマーク・チャップマン、Ono Yokoへの謝罪の意志を語る

  8. PENNY LANE

    PENNY LANE、名前が奴隷商人に由来するかについて国際奴隷博物館が見解を発表

  9. ビートルズ、ステレオ盤SHM-CD紙ジャケ・シリーズ16タイトルが「W復刻帯」仕様で再発売決定

  10. Elton John

    Elton John、1974年にJohn Lennonと共演したマディソン・スクウェア・ガーデン公演を振り返る

  11. ビートルズ、『サージェント・ペパーズ〜』がイギリスで最も愛されているアルバムの1位に

  12. ビートルズ、『ホワイト・アルバム』50周年盤より“Back In The U.S.S.R.”2種の音源が公開

  13. Paul McCartney

    Paul McCartney、ロックダウンにおいて新作のレコーディングが希望の光だったと語る

  14. The Beatles

    The Beatles、『アビイ・ロード』50周年を記念して本日よりアドバスが都内を走行

  15. Julian Lennon

    Julian Lennon、国際平和の日にUNESCOから平和に関する賞を受賞

  1. Dave Grohl

    Foo FightersのDave Grohl、母親と制作するテレビ番組が配信される…

    2021.03.05

  2. King Gnu

    King Gnu新曲「泡」MVで森山未來が水中を舞う、今夜プレミア公開

    2021.03.05

  3. Taylor Swift

    Taylor Swift、ユタ州のテーマパークを反訴したことが明らかに

    2021.03.05

  4. John Lennon

    John Lennon、『ジョンの魂』が発売50周年を記念して初のマルチ・フ…

    2021.03.04

  5. Charli XCX

    Charli XCX、The 1975とNo Romeとのコラボ曲の一部を公開

    2021.03.04

  6. 三浦大知

    三浦大知が歌った愛の歌「Antelope」のドキュメンタリーウェディン…

    2021.03.04

  7. BiSH

    BiSH初の対バンツアー「BiSH’S 5G are MAKiNG LOVE TOUR」、昨年の5…

    2021.03.04

  8. 浅井健一

    浅井健一、ニューアルバム収録内容決定

    2021.03.04

  9. SIRUP

    SIRUP、明日3/5に生配信ライブ「SIRUP channel 02」開催

    2021.03.04

  10. Eminem

    Eminem、Spotifyで「Lose Yourself」の再生回数が10億回を突破

    2021.03.04

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  5. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14