Metallicaのラーズ、Metallicaとして行った初めてのライヴを振り返る

Metallica

メタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒはバンドとして初めて行ったライヴから37周年を迎えたことを記念して、当時使っていたドラムキットの写真や当日のセットリスト、当時つけていた日記の写真をインスタグラムで公開している。

コンサートは1982年3月14日にカリフォルニア州アナハイムのレディオ・シティで行われたもので、彼らがコンピレーション・アルバム『メタル・マサカー1』でレコーディング・デビューを果たす数ヶ月前に行われている。

当時のメタリカのラインナップは、ヴォーカルがジェイムズ・ヘットフィールド、ギターがデイヴ・ムステイン、ベースがロン・マクガヴニー、ドラムがラーズ・ウルリッヒとなっている。この日のセットリストはほとんどがカヴァー楽曲で構成されており、ラーズ・ウルリッヒの日記によればチケットの値段は15ドルで、観客の数は75人だったという。

この日にメタリカが披露したオリジナル楽曲は“Hit The Lights”と“Jump In The Fire”の2曲のみで、彼らはサヴェージの“Let It Loose”やブリッツクリーグの“Blitzkrieg”、スウィート・サヴェージの“Killing Time”のほか、ダイアモンド・ヘッドの楽曲を4曲カヴァーしている。フロントマンのジェイムズ・ヘットフィールドは当時、まだギターを弾きながらのパフォーマンスをしておらず、デイヴ・ムステインがバンド内の唯一のギタリストだった。

当時のセットリストは以下の通り。

01. Hit The Lights (Hetfield, Ulrich)
02. Blitzkrieg (BLITZKRIEG cover)
03. Helpless (DIAMOND HEAD cover)
04. Jump In The Fire (Hetfield, Ulrich, Mustaine)
05. Let It Loose (SAVAGE cover)
06. Sucking My Love (DIAMOND HEAD cover)
07. Am I Evil? (DIAMOND HEAD cover)
08. The Prince (DIAMOND HEAD cover)
09. Killing Time (SWEET SAVAGE cover)

ラーズ・ウルリッヒはインスタグラムで次のように述べている。「37年前の今日、1982年の3月14日に、俺たちはカリフォルニア州アナハイムにあるレディオ・シティでメタリカとしての初めてのライヴを行ったんだ」

「日記のメモからも分かるように、これは俺にとっての初めてのギグで、ものすごく緊張していたよ」

「それから、注意深く見ている人たちは気がついたかもしれないけど、最初の公演ではメタリカとしてのオリジナル楽曲をあまりパフォーマンスしていないんだ。ほとんどがニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタルのバンドのカヴァーで、後にレコーディングして多くの楽曲が『メタル・ガレージ』に収録されているよ」

「みんなに喜んでもらうために、デンマーク出身のドラマーが初めてのカムコのドラムキットを1982年の別の公演で使っている写真を載せておくよ(最初のギグの写真は1枚も見つからなかったんだ)」とデンマーク出身のラーズ・ウルリッヒは続けている。「それから、オリジナルのフライヤーと手書きのセットリスト、その晩のことを書いた恥ずかしい日記のページの写真もね」

「ライヴ・デビュー記念日おめでとう! こうなっているだなんて誰が想像しただろう……」

View this post on Instagram

37 years ago today, March 14 ’82, the ‘Tallica played our first live show ever at a joint called Radio City in Anaheim, California. As you can tell from the notes in my diary, it was my first gig ever and I was “very nervous.”(!) Additionally, you eagle-eyed observers may notice that there’s not a lot of ‘Tallica originals being performed here at the first outing, but almost all NWOBHM covers, most of which ended up being recorded later along the way and showing up on various Garage releases… Here for your viewing pleasure is a picture of your Danish drummer from later in ’82 still playing my first Camco kit (there are no pictures that exist from the first gig), the OG flyer, the setlist in my handwriting and a page from my diary describing the antics of the evening! Happy Live Debut Anniversary! Who would’ve thought….???? #wanna #tbt ???? by @umlaut

Lars Ulrichさん(@larsulrich)がシェアした投稿 –

フロントマンのジェイムズ・ヘッドフィールドは以前、『ケラング!』誌とのインタヴューでメタリカとしての初めてのライヴを振り返っている。「最初のギグはレディオ・シティでやったんだ。俺は単に歌っていただけなんだけどさ。たくさんの人たちが来てくれて、200人くらいはいたんじゃないかな。学校の友達を呼んだり、ラーズやロン(・マクガヴニー)、デイヴ(・ムステイン)の友人たちがたくさん来てくれたんだ」

「すごく緊張したし、ギターなしで臨むことに違和感を感じていたよ。それに、最初の曲でデイヴの弦が切れてしまってね。弦を張り替えるのに時間がかかってしまって、立って待っていた俺はすごく恥ずかしくなってね。終わった後でかなり落ち込んだね」

メタリカは名作『S&M〜シンフォニー&メタリカ』がリリースから20周年を迎えることを記念して「S&M²」と題された一夜限りの公演を行うことを発表している。

『S&M~シンフォニー&メタリカ』はメタリカとサンフランシスコ交響楽団によるコラボレーションでリリースされたライヴ・アルバム/DVDで、20周年の記念公演はNBA王者であるゴールデンステート・ウォリアーズの新たな本拠地となる多目的ホール、チェイス・センターのこけら落としイベントの一環として行われる。

関連NEWS

  1. Metallica

    Metallica、元テキサス州下院議員のベト・オルークがコンサートを訪れたことが明らかに

  2. Metallica

    Metallica、自身の音楽に救われたというファンに対する思いを語る

  3. Metallica

    Metallica、ルーマニアに小児病院を設立する活動を行っている慈善団体に約3000万円を寄付

  4. Metallica

    Metallica、マンチェスターのホームレス支援団体に約550万円を寄付したことが明らかに

  5. Metallica

    Metallica、マンチェスター公演でThe Stone Rosesの“I Wanna Be Adored”をカヴァー

  6. Metallica

    Metallica、2019年もメジャーリーグのジャイアンツ戦でメタリカ・ナイトを開催

  7. メタリカ、バンドによるフードバンクの支援イベントへの参加をファンに呼びかける

  8. Metallica、2019年2月にアコースティック・ライヴ・アルバムをリリースすることが明らかに

  9. elton-john-metallica-travis-scot

    2019年上半期のツアーの興行収入ランキングにElton John、Metallica、Fleetwood Macら

  10. Metallica

    Metallicaのラーズ・ウルリッヒ、将来的にさらなる映画音楽に挑戦したいと語る

  11. メタリカのマネージャー、バンドのチケット料金が上がった理由を明かす

  12. メタリカ、北米ツアー初日にガービッジの“Stupid Girl”のカヴァーを披露

  13. Metallica

    Metallicaのラーズ・ウルリッヒ、『ガレージ・インク』の続編の可能性を示唆

  14. Metallica

    MetallicaのLars Ulrich、『S&M』で指揮を務めたマイケル・ケイメンに追悼の意を表明

  15. Metallica

    MetallicaのJames Hetfield、Metallicaの音楽で野生のピューマを撃退した女性に電話