Elton John、タロン・エガートンの歌う『ロケットマン』のサウンドトラックを絶賛

Elton John

エルトン・ジョンは『ロケットマン』のサウンドトラックでのタロン・エガートンの歌声を「とてつもない」と絶賛している。

タロン・エガートンはイギリスでは公開が始まった映画『ロケットマン』でエルトン・ジョンを演じており、同作はエルトン・ジョンがポップ・スターとして世界的に有名になるまでの軌跡を追ったものとなっている。

「Beats 1」のゼイン・ロウの特番で行われたインタビューの中で、エルトン・ジョンはどうしてタロン・エガートンが映画の中で自身を演じるのに理想的だったのかを語っている。「『シング』のサウンドトラックから、彼が歌っている”I’m Still Standing”を聴いたんだ。彼が歌えるってことを知っていたし、みんなに映画の中で歌っているのは僕じゃないってことを間違いなく分かっていてほしかったんだ。リップシンクはやってほしくなかった。だから、彼には『全曲歌うことになる』と言っておいたんだ」

エルトン・ジョンは、それは簡単な仕事ではなかっただろうと続けている。「僕の歌は歌うのが難しいんだよ」と彼は語っている。「歌うのが大変だと多くのミュージシャンが僕に言うから知っているんだ」

サウンドトラックのレコーディング作業とは距離を置いていたことを説明しながら、エルトン・ジョンは出来上がったものを聴いた時にタロン・エガートンの歌に「圧倒された」と述べている。「彼がやってのけたのは本当にとてつもないことでね、僕のようにも聴こえるし、タロン自身のようにも聴こえるんだ」と彼は語っている。「ジャイルズ(・マーティン、プロデューサー)がスタジオで彼に自信を与えてくれたおかげでもあるだろうね」

「そうした関係性はとても重要なんだ――ジェイルズとタロンのね――だから彼らを完全に二人きりにしておいたし、彼らは素晴らしい友情と関係性を築いてくれた。音楽を聴いてみれば、彼らの間にはそれがあるのは明らかだよ」

タロン・エガートンがエルトン・ジョンの楽曲のいくつかを歌っている一方で、『ロケットマン』のサウンドトラックには彼らが共演をしている新曲も収録されている。”(I’m Gonna) Love Me Again”はエルトン・ジョンとその長年の共同制作者であるバーニー・トーピンによって書かれおり、映画のエンド・ロールで使用されているという。

5つ星を点けたレビューの中で『NME』はタロン・エガートンの演技を次のように評している。「彼はパワフルなシンガーであり、ジョンの強大な個性にマッチするように膨らみ上がることができる一方で、失望と痛みの感動的なシーンでは完全な静寂も表現している。虹色の衣装で身を包み、ステージの上で飛び跳ねている様子からは、自分自身の最高の一瞬を見出した役者の姿を見ることができる」

関連NEWS

  1. クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラー、映画公開を記念してロンドンのイルミネーション点灯式に出席

  2. フリークスアウト

    映画『フリークスアウト』特報映像&場面写真解禁

  3. Paul Stanley

    Paul Stanley、伝記映画の脚本について「素晴らしい」と賛辞を寄せる

  4. Elton John

    Elton John、ロシアとウクライナの紛争についてウクライナを支持することを表明

  5. ブルー・バイユー

    愛と感動の物語『ブルー・バイユー』が、2022年2月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

  6. ビー・ジーズ 栄光の軌跡

    『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』バリー・ギブ「兄弟でなければ、再結成はなかった。」奇跡の復活とオーストラリア・ツアーを伝える本編映像を解禁

  7. 東京国際映画祭

    第34回東京国際映画祭予告編解禁!millennium paradeによるフェスティバルソングも決定!

  8. デッドロック

    ローラント・クリック監督『デッドロック』の公開日が5月15日(土)に決定、予告編を解禁

  9. 大豆田とわ子と三人の元夫

    ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」音楽集、CD未収録曲を含むLPが発売

  10. 金持を喰いちぎれ

    『金持を喰いちぎれ』 レミー、ポール・マッカートニー、ビル・ワイマン、シェイン・マガウアン他、無駄に豪華な大量の出演者をお知らせ

  11. 古の王子と3つの花

    『古の王子と3つの花』気分は世界旅行!異国の魅力を発見できる注目の新作映画をご紹介

  12. 映画『SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる』配信直前イベントオフィシャルレポート

  13. 潜水艦クルスクの生存者たち

    『潜水艦クルスクの生存者たち』公開決定

  14. カオス・ウォーキング

    新感覚SFエンターテイメント『カオス・ウォーキング』予告編を解禁

  15. Jonny Greenwood

    Jonny Greenwood、Paul Thomas Anderson監督の新作の音楽を手掛けることが明らかに

  1. Steve Miller Band

    Steve Miller Band、Eminemの「Houdini」で引用された「Abracadabra…

    2024.06.23

  2. Måneskin

    Måneskin、ZR-VのテレビCMに「Fear for Nobody」が起用

    2024.06.23

  3. Kitty Liv

    Kitty Liv、ソロ作より新曲「Nothing On My Mind (But You Babe)」…

    2024.06.23

  4. Toro y Moi

    Toro y Moi、新作のリリースを発表&新曲「Tuesday」がMVと共に公開

    2024.06.23

  5. Wishy

    Wishy、来たるデビュー・アルバムより新曲「Triple Seven」がMVと共…

    2024.06.23

  6. ムーンライダーズ

    ムーンライダーズが11月1日に「アマチュア・アカデミー」40周年記念ラ…

    2024.06.22

  7. Diamond Shake

    Diamond Shake、初の全国ツアー「Tour 2024 ロックンロール黄金狂時…

    2024.06.22

  8. Metallica

    Metallica、『Fortnite Festival』シーズン4のアイコンとしてコンサ…

    2024.06.22

  9. David Gilmour

    David Gilmour、9年ぶりとなる新作『LUCK AND STRANGE』の邦題が決定

    2024.06.22

  10. Pale Waves

    Pale Waves、ニュー・アルバムのリリースを発表&新曲「Perfume」が…

    2024.06.22

  1. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第四弾出演アーティスト発表

    2024.06.14

  2. JOIN ALIVE 2024、ステージ別ラインナップ & タイムテーブル発…

    2024.06.06

  3. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO、追加アクト『WEEKEND LOVER…

    2024.05.31

  5. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23