映画『胸騒ぎ』松井玲奈、大島依提亜、人間食べ食べカエルら悲鳴にも似たオピニオンコメント解禁

胸騒ぎ

北欧デンマークの新たなる鬼才・クリスチャン・タフドルップ監督の最新作『胸騒ぎ』(5月10日(金)新宿シネマカリテほか全国公開)をいち早く鑑賞した各界の著名人たちからの絶賛コメントが到着した。

コメント全文SKE48の元メンバーで役者・小説家の松井玲奈や、でんぱ組.incの相沢梨紗、グラフィックデザイナーの大島依提亜、画家のヒグチユウコ、さらには人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー)、吉田悠軌(怪談研究家)、大島てる(事故物件サイト運営代表)のほかホラー系WEBメディアなど、ホラー映画ツウの面々も含めた総勢 17名から、公開への期待が膨らむ絶賛コメントが到着した。

何もできない、逃げ出せない。
あの時こうしていたらは一切通用しないストロングスタイル。
不穏さを感じながら抵抗することさえできない様は、スクリーンを見つめることしかできない私たちも同じで、無様に不条理の中に打ち捨てられた。
しかし、誰かの不幸は他の誰かの幸福になり得るのである。絶望を見事に演じ切ったモルテン・ブリアンに拍手を。
——松井玲奈(役者・小説家)

あまりにも怖すぎて、どう薦めて良いものか、頭を抱えております。
特に、ラスト 15 分は心の準備を万全にしてからみてほしい。この映画を観た誰も、この物語の真実を語る事はできない…。世にも恐ろしい映画です。
——相沢梨紗(でんぱ組.inc)

ちょっとした違和感や不安の予兆が、驚くほど巧妙な演出で描かれるのが面白すぎて、ほいほいと足を踏み入れたものの…。
その微かな”胸騒ぎ”に素直に従って行くんじゃなかったと後悔する主人公と同様に、観るんじゃなかった…。一応警告しましたからね!
——大島依提亜(グラフィックデザイナー)

旅先でも気を緩ませたらいけない。絶対に!
胸騒ぎの予感があったら全力で逃げることを学びました。心して観てください。
寒々しいながらに風景描写は美しく、恐怖を煽ります。
——ヒグチユウコ(画家)

ああいやだいやだ!これだから友だちなんてつくるもんじゃない。ましてや知り合い程度で深入りするもんじゃあない。なんて人間嫌いが加速する作品なんだ。
妙に直感が働く時はそれに従った方がいい。
気を遣って我慢してもろくなことにならないことは、この作品が証明してくれる。
他人を信じるな。すべてを失ってからでは遅いから。
——野水伊織(映画感想屋声優)

物語が進むにつれ、沸々とこみ上げてきたのは激しい怒りだった。
「邪悪」に対する怒りではない。邪悪と対峙して、なんら抵抗することもできず屈服する「善き人」の弱さに対してだ。
ラストの衝撃度も凄まじい。監督の真の狙いはどこにあるのだろう。人間を奮い立たせたかったのか、それとも諦めさせたいのか。
——中野京子(作家・ドイツ文学者)

不穏な家族から次々と手渡される、善意のコーティングを施された「何か」。あなたは受け取らない自信がありますか?
これは善意に仕掛けられた罠と、それに抗いきれないどこにでもいる「普通の家族」の話。
小気味よく撒かれた不安の種がどこまでも、どこまでも発芽し続けるスリリングな97分。 本当に気が休まらなかった!!!
——Dr.マキダシ(精神科医/ラッパー)

この映画を見た後では、全ての人が悪意を持っているようにみえる。
油断すると食い殺されてしまう気がする。いや、きっとそうに違いないんだ。
押しつけがましい善意と腹黒い悪意で魂を壊しにやってくるんだ。
誰か助けて……助けてください……そしてこの胸騒ぎの理由(わけ)を教えてください。
——氏家譲寿(ナマニク)(映画評論・文筆家)

人間の悪意だけでなく、救いようのない弱さも嫌というほど見せつけられる。
ひたすら辛く、どこまでも広がるような虚しさに襲われる。
北欧から度々出てくる「美しい情景で厭を包む」作品群。その中でもトップクラスで気分が落ち込みます。
冗談とか大袈裟な話ではなく、この作品は心身ともに健康な時に観ましょう。
——人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー)

なんて居心地の悪い映画なんだ!!
微妙な気まずさが徐々に恐怖へと変貌していき目が離せない。
いつしかドス黒い悪意の前に身動きがとれなくなり、観客は暗闇の中に取り残される。
かつてない絶望映画体験に心が崩れ落ちた。簡単に人を信じちゃ、いけないよ。
——ホラー映画取締役

知らない相手との会話の節々に感じる些細な違和感。それは単なる思い過ごしなのか、それとも「純粋な悪意」の表れなのか。その曖昧な感覚をじわりじわりと広がっていく不穏な恐怖として描く。
見たことを後悔するほどの容赦の無い物語と後味の悪さだが作品としては素晴らしい。これが映画の醍醐味だ。
——ビニールタッキー(映画宣伝ウォッチャー)

邦題のとおり、冒頭から嫌な予感はする。
たまには誤った選択をしてしまうのも人の常だ。
では、それら選択の連続の中で、最悪の結末を回避する“ポイント・オブ・ノー・リターン”ー帰還不能点ーはどこにあったのか?
絶対に死守すべきものは何か?それ以外については損切りの決断を下せるものなのか?
ケース・スタディの格好の材料
——大島てる(事故物件サイト運営代表)

キリキリキリ……ジェットコースターが上がる。
ひどくゆっくりとした上昇なので、まあいいかと気にしないでおく。
すると突然、凄まじい勢いでどん底へと落下してしまう。急転直下?
いや違う、そのコースターはいつでも自由に降りられたはず。
降りないことを選んだのは他ならぬ「君だ」。そんな、誰もがする間違いについての話。
——吉田悠軌(怪談研究家)

序盤の食事場面の指舐めから各所の「口まわりの無気味」が巧みで、観ている間、ずっと不味い唾が湧く不快作です。
鑑賞後は思い切り叫んで、その唾を吐き捨てましょう。悪意との契約を絶つべし。
——望月哲史(webムー編集長)

静かに蓄積されていく違和感、不穏さがラストで大爆発!
“最狂ヒューマンホラー”の名に恥じない残酷で狂った絶品。もう観たくない。
——渡邊存瀰(TOCANA編集長)

あるあるある。身に覚えがありすぎる!
モヤッとする他人の振る舞いを、当たり障りなく受け流した過去の記憶がいくつも蘇る。
彼らから距離を取ることに失敗していたら、本質的にこの家族のような目に遭うこともあったかも!?しばらく胃が痛くなったけど観てよかった。大変勉強になりました(グッタリ)。
——レイナス(ホラー通信 記者)

世界中の映画祭が衝撃と戦慄に包まれたのも納得できる傑作だ。
近年まれに見る、おぞましさ。
ラストの衝撃は『ミスト』を超えている。
ホラーと安易に言うのも抵抗があるほど、真に恐ろしい、危険な映画だ。
——福谷修(WEB映画マガジン「cowai」編集長)

胸騒ぎ

監督:クリスチャン・タフドルップ  
脚本:クリスチャン・タフドルップ、マッズ・タフドルップ
出演:モルテン・ブリアン、スィセル・スィーム・コク、フェジャ・ファン・フェット、カリーナ・スムルダース
2022年/デンマーク・オランダ/ カラー/2.39:1/5.1ch/97分/
英語・デンマーク語・オランダ語/英題: Speak No Evil 原題:GÆSTERNE/PG-12
配給:シンカ 宣伝:SUNDAE 宣伝協力:OSOREZONE 提供:SUNDAE、シンカ   
© 2021 Profile Pictures & OAK Motion Pictures
sundae-films.com/muna-sawagi

関連NEWS

  1. Richey Edwards

    Manic Street Preachers、Richey Edwardsの伝記映画に対する関与を否定

  2. The Beatles

    The Beatles、1960年代に『指輪物語』を映画化しようとした逸話をピーター・ジャクソンが語る

  3. マイ・ハート・パピー

    映画『マイ・ハート・パピー』公開日決定&ティザービジュアル解禁

  4. ガンパウダー・ミルクシェイク

    『ガンパウダー・ミルクシェイク』カー・チェイス本編映像を公開

  5. 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 ジョン・ウィリアムズによるオリジナル・サウンドトラックが映画公開と同日の2019年12月20日(火)発売

  6. ストップ・メイキング・センス

    『ストップ・メイキング・センス』4Kレストア版のティザー予告編映像が公開

  7. 森且行

    『TBSドキュメンタリー映画祭2023』 オートレーサー森且行 舞台挨拶に追加登壇&追加開催決定

  8. a-ha THE MOVIE

    本日より公開、映画『a-ha THE MOVIE』  本編冒頭映像を解禁

  9. 母の聖戦

    『母の聖戦』特報映像&場面写真解禁

  10. フリークスアウト

    『フリークスアウト』監督オフィシャルインタビュー&メイキング写真を解禁

  11. 胸騒ぎ

    クリスチャン・タフドルップ監督最新作『胸騒ぎ』、違和感を抱く会話をとらえた本編映像が解禁

  12. Haim

    HaimのAlana Haim、Paul Thomas Andersonの新作映画に出演することに

  13. 潜水艦クルスクの生存者たち

    『潜水艦クルスクの生存者たち』本編映像(結婚式シーン)を解禁

  14. ランディ・ローズ

    『ランディ・ローズ』未公開写真解禁&アンドレ・レリス監督 緊急来日決定

  15. 古の王子と3つの花

    『古の王子と3つの花』著名人コメント&ミッシェル・オスロ監督オフィシャルインタビュー解禁

  1. Billie Eilish

    Billie Eilish、米TV番組で「Lunch」を披露したパフォーマンス映像…

    2024.05.29

  2. 椎名林檎

    椎名林檎、新曲「茫然も自失」(アルバム『放生会(ほうじょうや)』収…

    2024.05.29

  3. Dua Lipa

    Dua Lipa、11月にさいたまスーパーアリーナで来日公演が決定

    2024.05.29

  4. Galliano

    Galliano、27年ぶりとなるアルバムのリリースが決定&新曲「Circles…

    2024.05.29

  5. Zayn Malik

    Zayn Malik、米TV番組で新作より「Alienated」を披露したパフォーマ…

    2024.05.29

  6. THE YELLOW MONKEY、『Sparkle X』から「罠」のMV本日公開

    2024.05.29

  7. 桃色ドロシー

    桃色ドロシー、1st Full Album「ユナカイト」よりリード曲「ネバー…

    2024.05.29

  8. Ariana Grande

    Ariana Grande、最新作より「The Boy Is Mine」のMVの一部映像が公開

    2024.05.28

  9. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、SZAの出演がキャンセルされることに

    2024.05.28

  10. Bon Jovi

    Bon Jovi、公式ポップアップ・ストアの先行ショッピング&体験会の…

    2024.05.28

  1. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第3弾出演アーティスト・出…

    2024.05.28

  2. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第3弾出演アーティスト発表

    2024.05.24

  3. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  4. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  5. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  6. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13