Elton John、映画『ロケットマン』での父親の描かれ方をめぐって彼の兄弟が反論

Elton John

エルトン・ジョンの異母兄弟であるジェフ・ドワイトは映画『ロケットマン』での父親の描かれ方をめぐってエルトン・ジョンを批判している。

映画『ロケットマン』ではタロン・エガートン演じるエルトン・ジョンが両親と口論になるシーンが描かれている。

スティーヴン・マッキントッシュ演じるエルトン・ジョンの父親のスタンリー・ドワイトは映画の中で、息子が女性的になることを恐れて「女性用の雑誌」を読んでいるエルトン・ジョンを非難するシーンが描かれている。

しかしながら、ジェフ・ドワイトは父親について決して同性愛を嫌悪をしていたことはないとして、映画での父親の描かれ方を否定している。

ジェフ・ドワイトは『デイリー・メール』紙に次のように語っている。「このような冷淡さは実際の父親とはかけ離れているものなんだ。彼は男性同士が抱擁し合って、常日頃お互いの気持ちを伝え合っているような時代に生まれた人ではないけど、僕ら全員に対する愛は十分に持っていたよ」

ジェフ・ドワイトはエルトン・ジョンがゲイであることを打ち明けた際の父親の反応について、次のように語っている。「父親は同性愛嫌悪が根底にあるような人ではなかった。エルトンがカミングアウトした時だって彼は気にしなかったよ。父はそのことに言及することすらしなかった。父にとっては重要なことではなかったからね」

スタンリー・ドワイトは1991年に亡くなっている。本名をレジナルド・ドワイトというエルトン・ジョンとジェフ・ドワイトは父親が亡くなって以来、一度しか会話を持っていないという。

しかしながら、ジェフ・ドワイトによればエルトン・ジョンとの間に確執があるわけではないようで、彼は次のように語っている。「僕の中にエルトンに対する悪い感情はないんだ。それとはほど遠いものだ。彼のことは愛しているし、ただ、二人の道が別の方向へ進んでしまったということなんだ」

映画『ロケットマン』の制作チームは声明を発表して、ジェフ・ドワイトの主張には具体的に言及されていないものの、彼の家族の描き方に言及しながら次のように述べている。「これはミュージカル風のファンタジーとして描いたエルトンの人生です。我々の目的はエルトン・ジョンや彼の創造性、想像力、驚くべき可能性を祝福することで、彼が生を受けたモノクロの世界を祝福するものではありません」

関連NEWS

  1. 映画『スパイナル・タップ』、日本劇場初公開を記念してタイアップメニューの販売が開始

  2. Bob Dylan

    Bob Dylan、マーティン・スコセッシが手掛けた映像作品のトレイラー映像が公開

  3. 宇宙宣伝

    ファンタスティック・プラネット』『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』〈宇宙宣伝〉緊急決定

  4. ファイナル アカウント

    『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』本予告映像&追加場面写真解禁

  5. Elton John

    Elton John、2017年にガンの手術をしたことで感染症にかかって命を脅かす事態に

  6. アミューズメント・パーク

    ジョージ・A・ロメロ監督『アミューズメント・パーク』ロメロ夫人、そしてジョージ・A・ロメロ財団代表の、スザンヌ・ロメロさんから日本に向けた緊急コメント動画到着

  7. ポゼッサー

    戦慄のSFノワール!ブランドン・クローネンバーグ最新作『ポゼッサー』”危険すぎる”本予告が解禁

  8. ギャング・オブ・アメリカ

    『ギャング・オブ・アメリカ』公開決定&ポスタービジュアル&予告編解禁

  9. ランディ・ローズ

    『ランディ・ローズ』公開決定!ポスター解禁

  10. レディオヘッドのトム・ヨーク、楽曲を提供した長編作品『サスペリア』の予告編が公開に

  11. Lady Gaga

    Lady Gaga、伊坂幸太郎原作の映画『バレット・トレイン』に出演することが決定

  12. Manic Street Preachers

    Manic Street Preachers、『The Holy Bible』ツアーの映像作品がUKで劇場公開

  13. クーリエ

    『クーリエ:最高機密の運び屋』予告編&場面写真が解禁

  14. Elton John

    Elton John、金メダルを獲得したNathan Chen選手を祝福

  15. Talking Heads

    Talking Heads、4月30日から『ストップ・メイキング・センス』の再上映が決定