Justin Bieber、Taylor Swiftから批判されたスクーター・ブラウンを擁護

Justin Bieber
ジャスティン・ビーバーは自身のマネージャーであるスクーター・ブラウンがテイラー・スウィフトの初期6作のマスター音源を購入したことを受けて、テイラー・スウィフトに宛ててスクーター・ブラウンを擁護するメッセージを送っている。 スクーター・ブラウンはスコット・ボーチェッタによるビッグ・マシーン・レーベル・グループを3億ドル(約324億円)で購入したことが明らかになっている。ビッグ・マシーン・レーベル・グループはデビュー・アルバム『テイラー・スウィフト』から2017年発表の『レピュテーション』までの権利を保有している。 テイラー・スウィフトはこのニュースを受けてソーシャル・メディアで遺憾の意を表明しており、過去のジャスティン・ビーバーのインスタグラムへの投稿に言及しながらスクーター・ブラウンを批判している。ジャスティン・ビーバーはスクーター・ブラウンやカニエ・ウェストらとテレビ電話している写真をインスタグラムに投稿して、「テイラー・スウィフト、調子はどう?」とキャプションに添えていた。 テイラー・スウィフトはスクーター・ブラウンから「執拗な巧みに操られたいじめ」を長年受けてきたとして、次のように綴っている。「キム・カーダシアンが違法で録音した私との電話をリークするよう仕向けた時も、スクーター・ブラウンは自分の手掛けている2組にオンラインで私をいじめるようにさせました。彼の手掛けているカニエ・ウェストが私の裸を使ったリヴェンジ・ポルノのミュージック・ビデオを作ったのもそうです。今回、スクーター・ブラウンは私の命とも言える作品を私から奪いました。これらは私に購入する機会を与えられなかったものです。結果、私の音楽的遺産はそれを解体しようとする人物の手にゆだねられようとしているのです」 ジャスティン・ビーバーは今回、テイラー・スウィフトに対して「傷つけてしまうような投稿」をしてしまったことを謝罪するメッセージをインスタグラムに投稿して、スクーター・ブラウンを擁護した上で話し合いでの解決を提案している。 「こんにちは、テイラー。まずは、傷つけてしまうような投稿をインスタグラムにアップしてしまったことを謝らせてほしい。この時は面白いと思ったんだけど、振り返ってみて、不愉快で、無神経だったことに気がついたよ」とジャスティン・ビーバーは投稿を始めている。「正直に言うと、キャプションを書いたのは僕であって、スクーターとカニエのスクリーンショットには『テイラー・スウィフト、調子はどう?』と書かれてはいるけど、彼は一切関係がないし、この会話の中でそのような発言はされていないんだ。それに、そういうジョークは言うものじゃないって僕に教えてくれたのはスクーターなんだよ」 「君が寛大にも僕をオープニング・アクトに起用してくれたその日から、スクーターはずっと君の味方だよ! 君と僕がお互いの困難や傷ついた経験、憤りについて最後に話してから、もう何年も経っている。だから、君がソーシャル・メディアでこのことに言及して、人々にスクーターのことを憎ませようとしているのは不公平だよ」 「そんなブログをアップして、一体何が目的だい? きっと君のファンがスクーターをイジメることを分かった上で、共感がほしくてやったんだろうね。とにかく、スクーターも僕も、君のことが大好きなのは確かだ。軋轢を解消するにはコミュニケーションを取るしかないと思う。オンライン上のからかい合いは、何の解決にもならないはずだよ」

1

2

関連NEWS

  1. Taylor Swift

    Taylor Swift、映像作品のNetflixでの配信とサンダンス映画祭での上映が決定

  2. Diplo

    DiploやJustin Bieber、Mariah Careyら、ボトル・キャップ・チャレンジの動画が話題に

  3. Taylor Swift

    Taylor Swift、初期6作の音源をスクーター・ブラウンが購入したことを受けて遺憾の意を表明

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、Kanye Westの受賞スピーチ乱入事件について記した日記が公開

  5. Justin Bieber

    Justin Bieber、ミュージック・ビデオのロケ地が訪問者数の急増により閉鎖される事態に

  6. Justin Bieber

    Justin Bieber、「カープール・カラオケ」が物議を醸したJames Cordenをからかう

  7. マリリン・マンソン、ジャスティン・ビーバーが送ってきた謝罪メールの内容を明かす

  8. テイラー・スウィフト、“Delicate”のビデオのリハーサル映像を公開

  9. Mad Cool Festival

    Taylor Swift Billie Eilishら、来年のMad Cool Festivalに出演

  10. Taylor Swift

    Taylor Swift、政治的な発言に寄せられる批判のことは気にしていないと語る

  11. Taylor Swift

    Taylor Swift、自身を批判していたコメンテーターの謝罪を受け入れる

  12. Taylor Swift

    Taylor Swift、新作のリリース日を発表&新曲が本日公開

  13. Taylor Swift

    Taylor Swift、誕生日に最新ツアーの映像作品がネットフリックスで配信されることを発表

  14. テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリーと和解したことを明かす

  15. Panic At The Disco

    Panic At The DiscoのBrendon、Taylor Swiftを擁護

  1. Courtney Love

    Courtney LoveとMelissa Auf der Maur、共演してライヴを行うことが…

    2020.02.25

  2. Ruel

    Ruel、3月に予定されていた来日公演が9月に延期されることに

    2020.02.25

  3. 佐藤タイジ

    佐藤タイジ、ツアーファイナルを下北沢GARDENで開催。ゲストにKenKe…

    2020.02.25

  4. Alessia Cara

    Alessia Cara、5月に来日公演が決定

    2020.02.25

  5. Massive Attack、10月に来日公演が決定

    2020.02.25

  6. The Beatles

    The Beatles、偽のマーチャンダイズをめぐって裁判で84億円の賠償金…

    2020.02.25

  7. Ronnie Wood

    The Rolling StonesのRonnie Wood、BRIT AWARD授賞式で身に着けてい…

    2020.02.25

  8. Johnny Marr、Billie Eilish

    Johnny Marr、Billie Eilishとのコラボレーションに賛辞を寄せる

    2020.02.25

  9. Mac DeMarco

    Mac DeMarco、4月に予定されていた来日公演が中止に

    2020.02.25

  10. Gorillaz

    Gorillaz「ソング・マシーン」プロジェクトの第2弾となる楽曲を予告

    2020.02.25

  1. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏 開催決定

    2020.02.21

  2. ACO CHiLL CAMP

    「ACO CHiLL CAMP」に氣志團、RAG FAIR、やなわらばー、EXILE USAら…

    2020.02.18

  3. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL ’20、第2弾出演アーティストを発表

    2020.02.18

  4. Rocks Forchile

    Rocks Forchile、第二弾アーティストにACIDMAN、和田唱、うじきつよ…

    2020.02.13

  5. ARABAKI ROCK FEST.20

    ARABAKI ROCK FEST.20 第3弾出演アーティストにアジカン、 [Alexand…

    2020.02.12

  6. PACIFIC BEACH FESTIVAL

    PACIFIC BEACH FESTIVAL’20 第3弾アーティスト発表

    2020.02.10

  7. ビクターロック祭り2020

    『ビクターロック祭り2020』タイムテーブル公開&チケット一般発売…

    2020.02.08

  8. 『SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMA 2020』

    『SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMA 2020』新たに清春らの出演が決定

    2020.02.07

  9. METROCK

    METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2020、INABA / SALAS、WANIMAが出演

    2020.02.06

  10. JAPAN ISLAND FES. vol.1 壱岐島

    長崎・壱岐島の初開催フェス「JAPAN ISLAND FES. vol.1 壱岐島」 出…

    2020.01.29