Paul McCartney、『素晴らしき哉、人生!』のミュージカル化に参加していることが明らかに

Paul McCartney

ポール・マッカートニーは映画『素晴らしき哉、人生!』のミュージカル化に取り組んでいることが明らかになっている。

ポール・マッカートニーは現地時間7月17日に、1946年公開の名作『素晴らしき哉、人生!』のミュージカル作品に楽曲を提供していることが明らかになっている。報道によれば、ポール・マッカートニーは昨年から劇作家のリー・ホールや映画『ロケットマン』の脚本を手がけたことで知られるイギリス人プロデューサーのビル・ケンライトと共に同作のミュージカル化に取り組んでいたといい、リー・ホールは本作でポール・マッカートニーと共に歌詞を共作しているという。

「ミュージカルの音楽を書くことには、これまでそそられたことがなかったんだけどね」とポール・マッカートニーは声明で述べている。「けど、ビルと僕とでリー・ホールに会って話をした時に、興味深くて楽しいものになるんじゃないかって思っている自分自身に気がついたんだ」ポール・マッカートニーは『素晴らしき哉、人生!』について「全員が共感できる普遍的な物語」だと称賛している。

『ニューヨーク・ポスト』紙によれば、ビル・ケンライトは『素晴らしき哉、人生!』のミュージカル化をパラマウント・ピクチャーズから持ちかけられた際、即座にポール・マッカートニーのことが頭に浮かんだという。ビル・ケンライトは2016年にポール・マッカートニーに連絡を取り、その2年後に彼からオープニング用の楽曲が送られてきたことを明かしている。

ポール・マッカートニーが手がけた楽曲の一部を聴いたという『ニューヨーク・ポスト』紙の記者であるジョニー・オレクシンスキは、そのデモについて「素晴らしい」と評している。また、ポール・マッカートニーは楽曲で様々なキャラクターを演じているとのことで、「演技にも挑戦している」と評されている。ジョニー・オレクシンスキはポール・マッカートニーが10曲以上の楽曲を書き上げているとして、「そのうちの一曲は“Hey Jude”のあのコーラスを彷彿とさせる壮大なエンディング」になっていると明かしている。

『ヴァラエティ』誌によれば、ミュージカル版『素晴らしき哉、人生!』は2020年にUKでの上演を目指しているとのことで、その後ニューヨークのブロードウェイでも上演される予定だという。

関連NEWS

  1. The Beatles

    The Beatles、バンドの末期に行われたミーティングを録音したテープの内容が明らかに

  2. Paul McCartney

    Paul McCartney、ロックダウンにおいて新作のレコーディングが希望の光だったと語る

  3. Paul McCartney

    Paul McCartneyら、リンゴ・スターの誕生日を祝福

  4. The Beatles

    The Beatles、初期のレコーディング音源の所有権をめぐって裁判が行われることに

  5. ポール・マッカートニー、ニューヨークで行うスペシャル・ライヴがYouTubeで生中継されることが決定

  6. ポール・マッカートニー、来日公演で販売されるマーチャンダイズが公開

  7. Paul McCartney

    Paul McCartney、ニュー・アルバム『McCartney Ⅲ』を12月11日に発売決定

  8. Paul McCartney

    Paul McCartney、“Back In Brazil”について語った舞台裏映像が公開

  9. ポール・マッカートニーとリンゴ・スター、トム・ペティに追悼の意を表明

  10. Paul Weller、Paul McCartney

    Paul Weller、Paul McCartneyとレコーディングした体験を振り返る

  11. Paul McCartney

    Paul McCartney、The Beatlesの曲でも弾き方を忘れてしまうことがあると明かす

  12. ポール・マッカートニー、休暇中にキース・リチャーズと考えたビジネスのアイディアを明かす

  13. The Beatles

    The Beatles『Abbey Road』50周年記念エディションの発売を記念して川柳コンテストの開催が決定

  14. ビートルズやローリング・ストーンズの写真で知られるテリー・オニールの写真展の開催が決定

  15. Paul McCartney

    Paul McCartney、Billie Eilishについて賛辞を寄せる