あいみょん 即日チケット完売を果たした、自身初&自身過去最大規模のワンマン、日本武道館公演!360°観客に囲まれたセンターステージでの弾き語りライブを開催

ニューアルバム『瞬間的シックスセンス』も絶好調のシンガーソングライター・あいみょんが日本武道館でワンマンライブ『AIMYON BUDOKAN -1995-』を開催した。
あいみょんにとって初となる武道館公演は、念願だった弾き語り形式で行われ、360°を観客に囲まれたセンターステージで全18曲を熱唱した。

永峰拓也

客電が消え、ステージ中央がスポットライトに照らされる中、黄色いセットアップを着たあいみょんが登場し、ライブは「マリーゴールド」からスタート。『NHK紅白歌合戦』でも披露された代表曲を一曲目に持ってくるところから、この日に対する並々ならぬ気合いが伝わってくる。「360°のこの景色はなかなか見れないですね」と場内を見渡し、「愛を伝えたいだとか」から「わかってない」へ繋げると、「あんまりやらないんですけど、初めての武道館で初めてのことをやろうと思って、手拍子してもらっていいですか?」と呼びかけ、会場中の手拍子とともに「満月の夜なら」を軽やかに歌い上げた。

スライドショーには JavaScript が必要です。

日本武道館はこれまでのワンマンライブで過去最大キャパであり、14,000人が場内を埋め尽くしたが、MCでは「意外と距離近くない?」と話したように、どこかアットホームな雰囲気が漂っているのは、あいみょんらしいところ。四方のお客さんが同じように楽しめるように、回転するステージは大掛かりだが、「恥ずかしい」と笑う表情は素のままだ。椅子に腰をかけて歌われた「風のささやき」、アルバムにも弾き語りで収録されていた「恋をしたから」ではさらに親密な空気を作り出し、まるであいみょんの部屋の中に呼ばれたかのようだった。

1

2 3 4