NUMBER GIRL

3,000人が熱狂、NUMBER GIRL「TOUR『NUMBER GIRL』」を日比谷野音で開催

NUMBER GIRLの約17年ぶりとなるツアー「TOUR『NUMBER GIRL』」の東京公演が8月18日、日比谷野外大音楽堂にて開催された。

「2018年初夏のある日、俺は酔っぱらっていた。そして、思った。またヤツらとナンバーガールをライジングでヤりてえ、と」……そんな向井秀徳のコメントとともに今年2月15日に再結成を発表したNUMBER GIRL。
7月27日・新宿LOFTの再始動後初ライブを経て、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」のステージで改めてNUMBER GIRLの存在を轟かせる――はずが、台風接近による悪天候により、出演予定だった1日目(8月16日)が開催中止。今回の日比谷野音公演が、NUMBER GIRL再始動の本格的なお披露目の舞台となった。

客席を埋め尽くした満場のオーディエンスのみならず、野音を囲む多数の「音漏れ組」も開演を待ち侘びる中、向井秀徳(Vocal・Guitar)、田渕ひさ子(Guitar)、中尾憲太郎(Bass)、アヒト・イナザワ(Drums)の4人が舞台に登場。NUMBER GIRLが日比谷野音の舞台に立つのは、先日『感電の記憶』としてライブ盤化された2002年5月のライブ以来のことだ。

一面に巻き起こる大歓声の中、インディーズ盤『SCHOOL GIRL BYE BYE』の“大あたりの季節”でライブはスタート。
「皆様がーた! お久方ぶーり! ぶーりぶーり!」という向井の挨拶に続けて、「お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれません。それでは行ってみましょう。アクション!」のMCとともに“鉄風 鋭くなって”へ流れ込み、さらに「殺・伐!」のアヒトのコールから“タッチ”へ――と次々に楽曲を畳み掛け、会場の熱気をぐいぐいと高めていく。

インディーズ時代の楽曲から現時点での最新アルバム『NUM-HEAVYMETALLIC』の楽曲まで、約7年間の道程を凝縮したようなセットリストで臨んだこの日のアクト。「福岡市博多区からやって参りましたNUMBER GIRLです。ドラムス、アヒト・イナザワ!」の向井のコールとともに人気曲“OMOIDE IN MY HEAD”が鳴り渡ると、会場一面に歓喜のシンガロングが湧き上がっていった。

解散前のライブとの大きな相違は、“YOUNG GIRL SEVENTEEN SEXUALLY KNOWING”をややBPM落としてどっしり演奏していたくらいで、この日のライブは約17年に及ぶ「NUMBER GIRLの空白」をまるで感じさせないものだった。
バンドアンサンブルの常識に囚われない4人の爆音と咆哮のせめぎ合いが、ロックもポップも狂騒の彼方へと押し流す――。唯一無二の楽曲世界でファンを魅了し、「オルタナティブロックの象徴」として後進世代に多数のフォロワーを生んできたNUMBER GIRLの音楽は、2019年の今もなお圧倒的にオリジナルでスリリングだった。派手なパフォーマンスもなく、自分たちの演奏に専念する4人の姿が、その「音楽そのものの凄味」をより明確に際立たせていた。
1曲ごとに熱気を増す客席に「ナイスですね!」と呼びかけていた向井。「ウチのカミさんが言うんですよ」「私の記憶が確かならば……」と映画やテレビの名台詞を次々に引用しながら「あの娘は透明少女!」と“透明少女”へつないで、高らかな大合唱を呼び起こしていた。

“日常に生きる少女”で中尾のベースアンプにトラブルが生じるも、動じることなく強烈なプレイを繰り広げ、“NUM-AMI-DABUTZ”、“DESTRUCTION BABY”、“SASU-YOU”など切れ味鋭いサウンドを響かせていくNUMBER GIRL。“TATTOOあり”の田渕の凄絶なギターソロが野音の熱気を震わせ、4人一丸となってスパークするような“I don’t know”の轟音が夏の夜空に鳴り渡る。
「本当にみなさん、今日はお集まりいただきまして、ありがとうございます」の向井の言葉とともに、最後は“EIGHT BEATER”〜“IGGY POP FAN CLUB”でダイナミックに本編の終幕を飾ってみせた。

アンコールでは、向井が12月からスタートする新たなツアーの開催を発表。会場が驚きと歓喜に沸き返っていく。
「ドラムス、アヒト・イナザワ!」のコールから再び“OMOIDE IN MY HEAD”でアンコールはスタート。さらに、メジャー2ndアルバム『SAPPUKEI』収録の“TRAMPOLINE GIRL”から、「NUMBER GIRLが初めてレコーディングした曲」という紹介とともに、インディーズ時代の“トランポリンガール”を立て続けに披露して、「17年ぶり野音」を熱く締め括ったNUMBER GIRL。ビールを掲げて「乾杯!」と呼びかける向井に、惜しみない拍手喝采が広がった。

1

2