ZIGGY

力強い歌で、ポリープ切除手術からの 復帰第1弾ライブを成功させた ZIGGY

森重樹一、そして ZIGGY が帰ってきた!

昨年末に声帯ポリープが見つかり、その切除手術を春のツアー終了後に行なった森重樹一。

手術は無事終了し、その後、ニュー・シングルの制作に入っていたことも本人のブログでも明らかになっていたが、ZIGGY がファンの前に姿を現わすのは、術後初だ(なお、森重個人としては 8 月 14 日にはカヴァー・セッション・イヴェントで新横 浜ニュー・サイドビーチでライヴを行なっている)。

春のツアーの最終公演から数えると、期間だけでみれば 3 ヵ月だが、ファンにとっては長い 3 ヵ月間だったと思われる。そんな、まさに“待望”のステージが 8 月 24 日に東京・八王子オリンパスホールで行なわれた。

その復帰第 1 弾ライヴの模様をお伝えしよう。

……とその前に、この日のリハーサルで印象的なシーンがあったので軽く記しておきたい。

通常のリハーサルでは、当日演奏する曲をプレイしつつ、バンド・サウンドのバランスやプレイの細かな調整を確認するが、 そうしたことも行ないつつ、ドラム・ソロ〜ベース・ソロのリハーサルも行なわれたのだ。

それも、森重がリハーサルの残り時間をスタッフに確認して「ソロ(のリハ)をやっとく?」と提案したもの。

そうしたちょっとした一瞬の空気感からも ZIGGY が森重のソロ・ユニットではなく、5 人のバンドとしていい状態であること が感じられた。

また、リハーサル自体は、1 時間以上行なわれ、この日のセット・リストの中から 10 曲以上がプレイされたであろうか。 そのリハーサルにも全力で臨むメンバー達。本番前にすでに汗びっしょりになっていた姿も心に残った。

そして迎えた、ライヴ本番。

ZIGGY

オープニング SE の「威風堂々」に導かれ、メンバーが登場。CHARGEEEEEE…(ds)がステージ中央で“帰ってきたぜ、ZIGGY!!” と叫び、会場のテンションを一気に引き上げる。

そのテンションのまま「EASTSIDE WESTSIDE」、「ROCK SHOW」、「ヒカリノアメ(hyper punk ver.)」というアッパーな 3 曲を立て続けに披露!!

1

2