Taboo ~Before the 15th anniversary〝Smell of the blood〟

11月1日、SHIBUYA-AXにて開催された、冷牟田竜之主催イベント【Taboo -Before the 15th anniversary “Smell of the blood”】は2014年で15周年を迎える【Taboo】のプレパーティーだ。
本レポートは主催者である冷牟田竜之自身のバンド「THE MAN」を中心にお届けする。

HABANA (Opening Act)~THE COLLECTORS~DJ 冷牟田 竜之~OL Killer~DJイマイアキノブと開場の熱が帯びていく中、THE MAN feat.三上博史の登場だ。
SEが流れ始めると場内は一気に歓声が広がり、メンバーが次々とステージに登場。
海老原のドラムから中村の轟音ギターがうねり、「step on gas」でスタート!

飯川のトランペットの旋律がスタートから攻撃的でオーディエンスを煽りたて、冷牟田も異常なまでのテンションでアジテートしている。
間髪入れずに「Rudibs on the low」へ続き、メンバーもフロアへ降りオーディエンスと一体となりながら心地良いホーン・セクションを奏でる。

「the man still standing」では裏打ちのギターに加藤のキーボードが軽快に踊り、ホーン・セクションと攻めぎ合う。
二本木のベースも低音を響かせ、大きなうねりとなって会場を包む。一気に叩き込まれる演奏は圧巻だ。

「James Bond」のイントロから「今宵はTabooへようこそ!」と冷牟田からの声に場内から声援が押し寄せ、「みんな今日は、今日は爆発しよう!」とさらにオーディエンスを煽りながら事前に告知していた三上博史を迎える。

青木がフルートにパートチェンジし、「Preach」では三上の声を引き立てる。
これまでの空気を一瞬で変え、会場にいる全ての人々が、その世界観に引きこまれているのがわかる。

「ドラマの撮影で忙しいところ、どうもありがとう」と会場内を笑いで誘う。
冷牟田は続けて「8月の終わりに話をして、いつか一緒にやろうと言ったのを実現しました」と会場から拍手が送られる。
「同性を惹きつける魅力がある」と三上を評し、「実は彼のお兄さんはスカパラにいたんですよ」と衝撃の事実?も伝えられ、「ロシアより愛をこめて」が始まる。

「涙の行方」まで圧巻のボーカルを取った三上を後に「serenade」が流れる。
会場内は暖かな雰囲気に包まれ、THE MANの色に染まってゆく。

「It go straight to you」~「Let me burn」までステージ・フロアを動きまわっていた増井がオーディエンスにトロンボーンを向け、激しさを増したバンドは会場を揺らし、「GABBA GABBA HEY」へ突入する。

全10曲と圧倒的なパフォーマンスを残し演奏を終えたTHE MANは大歓声の中、ステージを後にした。

主催の冷牟田はGWF終了後、集まったオーディエンス・スタッフ・ゲストに向けて「ありがとう」と、改めて15周年を迎える喜びと感謝を述べると、会場からは暖かい拍手が贈られた。

“人生を楽しもうと思う”
この言葉を最後に【Taboo-Before the 15th anniversary】の幕が閉じた。
【Taboo】15周年記念イベントは、この言葉通りのものとなるだろうと期待せずにいられない。

“Smell of the blood”
冷牟田竜之の生き様である【Taboo】に付けられたこのサブタイトルが、オーディエンス・スタッフ・ゲスト、会場にいた全ての人々をその匂いでまとい、次の【Taboo】へと導くだろう。

テキスト:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330