J インタビューvol.41

通算10枚目となるアルバム『eternal flames』を提げて行われた「- Live On Instinct -」。ファイナル赤坂LITZ公演と最新ロングインタビューで構成されたライヴ&ドキュメント映像作品「CRAZY CRAZY V -The eternal flames-」がリリースされる。様々な節目の中で迎えた昨年の情熱が、余すことなく封じ込められている映像作品となり、それに込めた想いをJ自身に語ってもらった。

—「CRAZY CRAZY V -The eternal flames-」を観させていただくと、改めて昨年の濃密さや高い熱量が伺えますが、同じ年の時間軸には、LUNASEA25周年ツアーとLUNATIC FEST.が動いていたということからも、Jさん自身としても充実した年となったのでは?

J:結果的にね。本当に色んな節目が重なったし、俺自身に多くのことを問い掛けてくれた1年だったのかなって。LUNA SEAの25周年のタイミングに、すごいバンド達が俺たちの為にLUNATIC FEST.で集まってくれてさ。みんなも知っての通り、その25年間には一言では片付けられないドラマがあって、俺たちが歩んできた道に対する情熱みたいなものが、あの2日間にはギュウギュウに詰まってたと思うんだ。

—終幕を乗り越え、REBOOTを経て手にした景色は、メンバー5人がLUNA SEAに対して偽りのない情熱を燃やし続けてきたからだと思います。

J:そうだよね。もちろん、バンド自体が良い時も悪い時もあったわけでさ。そういう色んな時間を経て、嘘がない生き方をしてきた5人だからこそ、立たなくてはいけないあの場所が存在してくれたと思うんだ。25周年のツアーでも、常に満杯になった全国各地の会場で、みんながまた新しい刺激を与えてくれて、それを感じながらソロのレコーディングにも向かえたしね。当然、LUNA SEAと俺のソロは違う音楽なんだけど、LUNA SEAに立つべき場所があるように、そのメンバーの俺自身にも、10枚目のアルバムが向かう先に、強い音や響きがある場所が存在してると思ったんだよね。

—その場所が、まさに「CRAZY CRAZY V -The eternal flames-」へ収められていますよね。

J:そうだと思う。いちロッカーとしても、いちベーシストとしてもね。そんなことを考えさせてくれるタイミングが重なったっていうのは、不思議な1年間だったと思う。これまで「LUNA SEAとソロの違いは?」ってよく訊かれて、俺もそれに対していろいろ説明をしてきてたんだけど、明確に解ったことがあったんだ。それは全く”別”ではないんだってこと。

—区別することが、かえって嘘になる?

J:隔てることは全く必要ないんだってことだね。LUNE SEAでは、いちベーシストやコンポーザーとして走り続けている100%の俺がいる。ソロでは、ガキの頃から撃ち抜かれたサウンドやルーツをガソリンにして、走り続けている100%の俺がいる。それだけなんだ。それが自然であることをより理解した年だった。でも敢えて意地悪に言うんであれば、それぞれに浮き彫りなってくるものは、当然違いはあるよね(笑)。

—(笑)。それぞれに求める刺激や生み出される熱に違いがあるように、音を表現して浮き彫りになるものが同じだと、それもまた不自然になるからですよね。

J:どっちが良い・悪いの話じゃないし、どこまで両方を高ぶらせるかだからね。特にLUNA SEAは、5人のぶつかり合いで生まれるサウンドで、俺たち自身が想像もしないものを生み出すパワーがあることを楽しんでるはずだからね。そういう自由の中で、2つの翼を持ってやれていることは、すごく幸せなヤツなんだと思うよ。ただ、バンドでもソロでも、その中でやれているからには前提が変わってくるよね。

—その”前提”というのは?

J:ソロがただのエゴの為ではないってことだね。自分の世界を表現する為のソロ活動なわけじゃない?そこで得てきたものがバンドに戻ってきたときに、有効ではなかったりタフになってなかったりしたら、バンド自体の速度が変わってくるわけだから。そこには、課されてるものがあるし、あって欲しいしね。

—その前提がないと、LUNA SEAでもソロでも”立つべき場所”に立つ資格がないことを理解しているからなんでしょうね。

J:「なにそれ?」っていう状態じゃ、LUNA SEAもソロも成立しないと思うよ。

—その強い音や響きを求めた「eternal flames」を中心とした時間軸がパッケージされていますが、辿り着く為にはどんな要素が必要だったのでしょうか?

J:例えばなんだけど、感情を円グラフで描いて、どこも途切れていないものが詰まってるアルバムを作りたいと思ったんだ。ハードな曲やラウドな曲も好きなんだけど、俺自身の中でずっと昔から存在している、ロック・ミュージックってヤツを表現したかったんだよね。もちろん、ハードさやラウドさの一面も持っているけれど、その部分だけをピックアップしたサウンドって、散々やってきたと思うんだ。

—確かに「eternal flames」は、瞬発的な表現よりも普遍的な表現と解釈できます。

J:何故ならば、何かに対しての強い怒りや感情って、ある意味では沸点のある一瞬のものじゃん?それはそれで美しいけれど、それだけじゃない、ずっと俺の心の中に引っ掛かっているものを曲にしたかっし、それをロックできる自分を見てみたかったのかな。

—それが「I know」に代表される、シンプルな構成にも心地よいメロディが乗る楽曲へと導かれたんですね。また、その要素はライブにも必要なピースだったとも言えるのでしょうか?

J:それもあるし、10年間という長いタームの中で、俺自身が語っていなかった部分もあるというか。うまく言えないんだけど…多分、俺の中でやりたいことは1stアルバムで終わっているんだよね。それくらい強い想いを込めて作ったアルバムだったからね。今思えばそれ以降は、最初に描いたその世界を1つ1つ説明してきたみたいな感覚なんだ。

—仰られた”散々やってきたこと”という部分が、それにあたるということですか?

J:そうだね。10枚目という節目なんて、俺の中では気にしないでおこうと思ってたんだけど、やっぱり節目だよね(笑)。そんなときに、次のスタートに向けて走りだす為の、終着点という意味ではないゴールに辿り着く作品でありたかったんだ。

—例えば、U2の10作目「All That You Can’t Leave Behind」は、その名の通り“置いていけないもの全て”が示唆する様に、バンドの本質を見つめ直し、シンプルで肯定的な大人のロックを響かせていて、その”辿り着きたい場所”への本質を見出す部分が、今のお話しと重なりました。

J:そうだね。ミュージシャンやバンドはアルバムを重ねていく毎に、当然のように刺激を求めていく生き物なんだよね。それはあるべきことなんだけど、ある瞬間に”ベーシックに戻る”ことが刺激的に変わるし、新鮮に思えるんだよね。料理でいうとさ、色んな調理法とか調味料で美味しい味はできたんだけど、最後は素材の良さを求めるっていうね。

—確かに(笑)。

J:あとさ、その素材を何処かに探しに行き、そいつを手に入れるのかどうかの目利きは、自分自身なわけじゃない?

—その感覚も、今までの道のりがないと得れないことなはずですしね。しかも、素材で勝負するとなれば、いちロック・ミュージシャンとしての経験や力が備わっていなければ、辿り着けないんだと思います。

J:それって、ものすごくシンプルなんだけど究極なことなんだっていう感覚だね。 よく言うんだけど「そのギターの音って、distortion踏めば出るんでしょ?」みたいな(笑)。良い音で鳴らすにしても「高い楽器を持ってる人が1番になっちゃうのはファ◯クだ」って、そんな気持ちで始めたんだから。そこにあったものって、純粋な”燃える気持ち”だったはずだからね。

1

2