The Cheserasera 満員の観客たちと迎えた追加公演! 再会は冬のリクエストワンマンで!

2018.09.23 The Cheserasera 春の喧騒2018ボーナスワンマン 

9月23日(日)、東京・下北沢CLUB QueにてThe Cheseraseraによるワンマンライヴ「春の喧騒 2018 ボーナスワンマン」が開催された。会場限定CD『最後の恋 e.p.』を引っ提げて各地を回った対バンツアー「春の喧騒 2018 スリーマンTour」終了から早4ヵ月。春から秋へと季節をまたいでの追加公演となった。

待望のワンマンライヴに、チケットはソールドアウト。3連休という日取りもあいまって東京のみならず、各地から訪れた観客たちで会場は超満員の状態だった。会場にお馴染みの「Que Sera, Sera」が流れ、程なくして3人が登場。大きな拍手と歓声に讃えられながら位置につくと、宍戸翼(Vo / Gt)が武者震いよろしく定位置で何度かジャンプしてみせる。すると、それを合図にしたように「ビギナーズラック」の軽快なリズムが勢いよく転がり出した。そのままの勢いで「月と太陽の日々」になだれ込んでみせる。序盤から息もつかせぬセットリストで畳み掛けるのかと思いきや、3曲目の「退屈」で早くも宍戸のギターの弦が切れた。あまりにもエネルギッシュな演奏に耐えかねてしまったのか、と会場にいた誰もが思ったことだろう。それほどまでにこの日の彼らの演奏は力強く、しかし力任せではなく、表情豊かでとても頼もしいものだったのだ。

仕切り直しのMCで宍戸は、この日が開催できたことへの感謝を口にすると共に、ケセラセラのライヴの楽しみ方にも言及した。ひとつは自分たちのライヴに決まりごとはないこと、そしてふたつ目は、曲を知っているかどうかではなく、かっこいいかどうかで楽しんで欲しいということ。そこから「めちゃくちゃかっこいいリフをこれから弾くのでかっこいいと思ったら大きい声で反応してくれますか?」とサイケデリックで艶っぽいロックチューンの「LOVERS」へ。宍戸が自慢のザラついたギターリフを披露すると、大歓声が沸き起こる。もう完全に確信犯のしわざなのだが、こういう演出ができるのも自信の表れなのだろう。続く「ギブミ・ミー・チョコレート」はリズム隊の見せ場となった。西田裕作による蛇行するベースラインが混沌としたグルーヴを生みだし、美代一貴のドラムが早鐘を打つ。西田のベースは重力感が増し、美代のドラムも一打一打がより深く刻まれるようになったように感じた。どんどん重厚になるのに、全力疾走するような躍動感を微塵も失われない演奏力は、まさに圧倒的と言えるだろう。

たくさんの手がステージへと伸びた「Youth」でも、バンドサウンドの強靭さが物を言った。エッジの効いた宍戸のギターを筆頭に、疾走感あふれる曲調が会場を駆け巡り、満員の観客たちひとりひとりの体を揺らしてゆく。そしてライヴも折り返しを迎えようというタイミングで、セットリストはミドルナンバーへとシフト。コーラスワークで魅せる「You Say No」、宍戸の歌が伸びやかに響いた「カサブランカの花束」と、バンドの持つ繊細な魅力が前面に打ち出される。そして「バンドを辞めた友達と、俺たち全ての青春に捧げます」と宍戸が告げて始めた「Blues Driver」はステージもフロアも、それぞれの思いを噛み締めながら曲と向かい合うような、そんな時間だった。その後のMCで宍戸は、どこに行っても誰に会っても何をしても満たされない思いがあると打ち明け、「そんな時に側にいられるような音楽でありたい」と感極まった様子で語った。それは彼自身がソングライターとしてずっと持ち続けてきたテーマであり、バンドの在り方そのものでもある。やるせなさに苛まれた孤独な叫びから、そっと誰かに寄り沿う音楽へ。ケセラセラというバンドは、そうやって一歩ずつ歩を進めてきたのだ。

1

2