金子ノブアキ インタビュー

10月3日にデジタルリリースされる金子ノブアキのNEW EP「illusions」。
SKY-HIをフィーチャリングゲストに迎え、「トライバル」という普遍的なリズムと「東京」という時代の先端を表現した本作は、いかにして生まれたのかを語ってもらった。

バンドへの”アンチテーゼではない方法”での答え方

― 今作では、フィーチャリングゲストを迎えるという初の試みですが、振り返るとソロが始まった2009年のタイミングでも、やれないことではなかったとも思うのですが?

そうですね、バンドをやってるので特にラッパーと組むことには貞操観念や、ある種の枠組みみたいなものが自分の中で出来てたんだなと思うし、ラップの人を入れるならRIZEに呼んでやるっていうことが、なんとなく自分の中にあったんでしょうね。去年1年間をバンドで動いて、最後の武道館で20周年を締めくくって一息ついたときに、何か作ろうとは思ってて。これまでの作品から何かの変化やフレッシュなことをと思ったときに、誰かと一緒にやろうかなと。その中で、漠然とラッパーとやったらカッコイイんじゃないかなみたいなね。僕自身が東京のストリート・カルチャーでずっと過ごしてきて、自分の名義で出る作品もそこにちょっと回帰してて、バンドへのアンチテーゼではない方法での答え方があるんじゃないかなと思ってた。それをやっても、そろそろ力まずにできるかなと思った去年の年末のタイミングで、日高(SKY-HI)君にたまたま街で会うことがあって。そこで「なんかやりましょうよ」って話になって、すぐにトラックを作りました。

― この手の話だと、「またご飯でも行きましょうよ」くらいに社交辞令で終わったちゃうパターンになりそうですけど、日高さんとの偶然の出会いではそうならなかったと。

確かに「いつか何かやりたいですね」みたいな話っていろんな人とするけど、これは今かもしれないなと思って(笑)。僕は彼の高速ラップがすごく好きで、きっかけは家の掃除をしてるときに彼がCMに出てて、調べたらAAAのメンバーだし凄いラッパーがいるなっていうところだったんです。それからほどなく知り合うこともできて、何か作ったりっていうタイミングは、こういったある種の引き寄せや導きみたいなご縁があってこそだと思います。

― 先ほど仰っていた”力まずに”というタイミングが、お互いにとっても重要なんでしょうね。

今だったら、本当にお互いスッと始めれるなと思ったんで。やっぱ力んじゃうと、ザクっと傷ついちゃうんだよね(笑)。スッと刃が入るような状態で誘うことができたし、すぐに差し出さなくっちゃと思って、『illusions』のあらかたできたものを送って。「ちょっと早口で物量多いんだけど、一緒にやってくんないかな?」って。それからはあっという間でしたね。

― 最初に”貞操観念”という表現がありましたが、確かにファン目線からしてもちょっと禁じ手かなという部分もあったと思いますが、そう伺うとバンドへのアンチテーゼではない方法が、今のタイミングならできるっていう。

そうなんです。やっぱり、ラップとビートで20年っていう部分は、RIZEの根幹部分だったり僕とJESSEの関係性みたいなものの象徴でもある。だからこそ、今までは逆説的なリスペクト込めることとして、1番大きなことで僕のソロワークにはベーシストとラッパーがいないっていうこともあって。それはAA=の剛士さんや、KenKenやJESSEにいわゆるアンチテーゼじゃないことで、みんなのことを想いながら作っていることも含めて。だからこそ、バンドの状態が良くなかったりするとできない。でも、今はすごく穏やかな状態だし、僕とJESSEなんか特に”2人おじいちゃん”みたいな感じで、会えばまったり(笑)。この間も、お互い赤ちゃんを連れてご飯に行ったりして、すごく良い状態なんです。だから、今こそストリートの空気をここにもってきたら面白いんじゃないかなって、穏やかであるからこそ単純な遊び心が芽生えたっていうのが、本当に1番収穫ですね。

― また、そこに辿り着く過程として、時間軸的にはソロとして9年が経ちます。フィーチャリングって、ある種対等でないと成立しないと思っていて、その時間を経て自身で金子ノブアキという屋台骨に、自信を持てる状態になったことも大きい気がします。

おっしゃる通りで、すごく気分的には穏やかなんだけど腹も決まった状態だからこそ、人を迎え入れることができるなっていう。それによって、いろんな想像ができるのもあるし、何より作っていて楽しいのは、ある種の自信が持てるようになったのかなと思う。制作のブレーンである草間さんやPABLO、エンジニアっていう信用できる人間がいるのも大きいです。彼らがいるから、大事なメッセージは入れながら「あんまり聴いたことないものを作ろうよ」っていう悪巧みができる(笑)。僕の活動をちょっとでも知っている人がいたとしたら、きっとアンビエントな方を想像していたと思うんです。「ここでアフリカントライバルが来たら爆笑だろう」っていうところから始まったところに、日高君ともコンタクトが取れたんです。

― ラッパーとやるドラミングは、最大の武器を出すことでもありますしね。

それしかできねえっていうのもあるんだけど(笑)、超得意だしラップが乗りやすいドラムは自信を持ってできるから。そういう、自分が最初からずっとやってきてるものにあった境界線みたいなものを、一度取っ払ってみていいんじゃないかなって思えたり、気楽にそれができるようになったのは、まさに自分の状態が良いんだと思いますね。去年のバンド活動がもたらしたものって非常に大きくて、本当に自信がついたんですよね。僕だけじゃなく、JESSEもKenKenもそうかもしれない。RIZEなんて、変な話ゾンビ化してるような、死なないし不死身みたいなバンドみたいになってきちゃって(笑)。僕としても1つ魂の帰るところだし、ああいう大義が自分たちの中にあると、ソロでも安心して取り組むことができるもんなんだなと思いました。だからこそ、冒険心もくすぐられて、バンドではできないこととして、今回の曲のように相当異端なものができたし、それは東京という情報が集中してくる場所であり、通り過ぎていく場所であるところで、今まで僕の現場で作ってきた音みたいなものを融合させたときに、面白いことが起こるかもなと想像できたからだと思います。

― RIZEという場所があるからこそ、今作では自身の境界線が解かれて自身の武器も含めて開放することができたと。そこへ日高さんに声を掛けたときに、彼に何を求めたのでしょうか?

ご縁があったのは1つですけど、大きいのは彼のキャラクターですよね。特にラッパーって、パーソナリティやキャラクターが如実に出るジャンルだと思っているから。彼が今まで歩んできたキャリアを見ても、マスのど真ん中をひた走ってきつつも”自分はここにいたい”ってラップをして、いろんな現場に行って生き残ってきた。本当にジレンマもたくさんあったと思うし、今はどちらも大成してすごい状態にあると思うんだけど、自分のやりたいことや言いたいことが、はっきりとある研ぎ澄まされた人間と、精神性の共有っていうのは大きく求めたと思います。

― ある意味、同じ匂いも感じますね。

そうかもしれない。彼も彼で、僕と同じで絶対領域がすごくある人だから。清川あさみちゃんやenraとかもそうだと思ってて、変な共依存を生まない関係っていうのは、すごく健康的なんですよね。僕はいろんなラッパーの友達がいるけど、日高君は特にタイプとしては近い。音楽も本当に好きだし、物を作るのが好きだし。四六時中なんか作ってるみたいなイメージがあったからね。

― フィーチャリングといえど、提示する以上は同じベクトルで進める人とでないといけないですしね。

やっぱり”東京でカッコイイものを”って見せていく上で、やっぱりこういうことだろうっていうのを高らかに宣言しなきゃっていうのもあるし、今までを振り返ってみると全然してなかったなって。自分の名前でやる以上は、個人で責任を取る上で「歌詞は結構きわどいことも言ってみようかと思うけど、乗らなかったら全然いいよ」って。それでも、日高君が乗ってくれたのは、精神のベクトルが同じ向きにあったからだと思います。

大人気ないけどちゃんと責任を持って楽しむこと

― キーワードとして”東京”が出てきましたが、制作において日高さんとはどういうキャッチボールをしていったんですか?

大きなテーマやタイトルからですね。相手在りきなことだったんで、東京のカッコイイ曲をテーマに掲げて、『illusions』というタイトルを彼に投げました。こういう、いかにもなトラックで、いかにもな人間が真っ向から否定するパンクってあるよなと思って。すぐにラップを返してくれて、もちろん直すところなんて全然ないし、僕もそれに対してコーラスでも入れようと”パクられろ”とか言ってみて(笑)。正論を言ってるんだけど、スゲェヤバいヤツみたいに聴こえるみたいな、表裏一体な感じの面白さって、すごく端的に今のこの街を表してるよなと思って。バンドをやってると、どこに行ってもいろんなヤツがいるからさ、そういうやつらには本当に怒るし、ミクスチャー界のマトリと呼ばれてるんで(笑)。

― (笑)。だからこそ、ストリート・カルチャーでやってきたプライドみたいなものもあるでしょうし。

そう。それで生き残ってきたっていう自負があるんですよね。「やっちゃいけないことはやっちゃいけないから」っていうところで活動してきた。それを作品化して、今だったら良い感じにトンチも効いて、力を抜いた状態でできるかもしれないなと。そう思ったのはバンドをやってるからかもしれないし、子どもが生まれたからかかもしれない。子どもが生まれて最初の曲がこれっていうのは、なかなかだなって個人的には思いますけど、非常に爽やかな曲です(笑)。

― 1つ1つの単語を追うのも重要ではありますが、今回は正しい大人の悪巧みですしね(笑)。

ですね(笑)。僕が思ってることを音で遊びながら「そういうふうに聴こえるでしょ?」って、遊び心はちゃんと持ったままメッセージを発信したいなというのは、今回は特に思ってましたね。

― 今までは、結構大きいテーマの中にいる個人っていう世界を見せてくれていましたが、そういう遊びはきっと元々持っていたものでもあるかなと。

そうですね。大きい世界だから当たり前だけどあたりさわりはないし、そういうのをいっぱい作ってきて、ちょっと飽きてたっていうのもあると思う(笑)。今回の歌詞の内容とかも、新しいシーズンっていう部分があるし。子どもが生まれて僕自身が1番変わったなって思うのは、自分の中で意識してちゃんと大人げない部分のチャンネルを1個開けて、バランスを作る必要があるって気付いたこと。そうしないとやっぱり老け込んだりもするし、”子どもの為に”っていう盾を作ってしまう気がしてて。ちゃんと育てながら、でもどっかでははっちゃけて大人げなかったりするけど、言ってることはこういうことっていう。

― わかります。それがバンドマンのアティチュードだったりしますもん。

それはすごく大きい。僕は本当にバンドマンだし、いわゆる褒められた優等生な人生ではないんだけれど、そうやって生き残ってきて、本当に良い友達にも恵まれて今もこうやってやってこれてる。そこで1つ牙を剥く方法というか、子どもに迷惑がかかっちゃったらヤバいんだけどさ(笑)、大人気ないけどちゃんと責任を持って楽しむことに取り組んでる気がします。あとは情熱を持ってとか自分が納得してとか、”お前は燃えてるか!”みたいなことをすごい問われてるような気がして。大義名分がバンと真ん中に生まれて、その選択をする大人をダメとは言わないし、むしろ素晴らしいと思うんだけど、だからこそ、今作のように楽しんでカッコイイもの作ろうよっていう、シンプルな所に立ち返ったっていうのもあって、自分が持ってるものや信じてるもの、好きなもの、今欲しいものや聴きたいものを作ることに、素直に向かわせてもらえてるのは本当にありがたいです。

― 根幹にはあって、いつかは聴いてみたいですけど。これでいきなり愛だ恋だって言われたら、逆にちょっと騙された感じはしますよね(笑)。

嘘つけ!みたいなね(笑)。もちろん、家族や周りの人間が無事で元気でいることは人生最大の幸せなんだけど、僕らがやってることはある種の娯楽でありアートであり自己表現だから。それを共有する為に作品やライヴがあるけど、音楽は特に「人は1人で生きられない」っていうところと「最後は1人だから」っていうところが、背中合わせで同居してるジャンルだと思うんですよね。バンドの現場だと、みんなで1つにワーッと盛り上がって”俺たちは1人じゃない”ってやるんだけど、家に帰ったら”1人でいたいときもあるじゃん”っていうのも、リアルだし表現したくてソロをやってるっていうのはあるんですよね。音楽って、すごく人間くさいジャンルだけど、やっぱり生きるための最優先かというと、本当に今も北海道が大変だけど、災害とか起きたらそれどころじゃないのも事実で、「今、牙を剥いているときなのか?」って自問しながらも、そのバランスが重要なんだと思います。

― でも無くしちゃいけないものだとも思いますし、そういうもがき方もリアルだったりします。

1

2