BAROQUE

BAROQUE インタビュー

全国ツアー[ BAROQUE TOUR 2018「FALLING FOR // YOU」]を開催中のBAROQUEが、ツアーの最終日にあたる12月25日に、ニューシングル『YOU』をリリースする。
クリスマスに届けられるその楽曲は、シングルとしてBAROQUE初のラブソングであり、次のアルバムで重要な位置を担うナンバーとなっている。そんな楽曲に込められた想いを2人に語ってもらった。

― ツアー中にもかかわらず、お時間をいただいてありがとうございます。今年はライヴが多いですね。

圭:今が2本目の全国ツアーですけど、1本目の全国ツアーと1カ月しか空いてないんですよ(笑)。2人になってから、ここまでライブをやったことなかったんですけど、やらないとダメだなと思いましたね。

怜:元々は「ずっとツアーを周っていたいね」っていうのがあったんですけど、そうしたら2本のツアーになって。

圭:今年夏ぐらいから、ほぼ週末はやってます(笑)。

― すごい(笑)。語弊を恐れずに言うと、今の方がよりバンドっぽいですよね。

圭:そうですね、自分たちがバンドだっていうことを思い出したというか。今回の『YOU』もですけど、ただ曲作りだけをしていてもダメで、ライブをやらないと完成しなかったでしょうね。曲自体は2年前ぐらいにできていて、その当時から変わっていないんですけど、ちゃんと演奏をできていなかったんですよね。それは楽曲の求める表現方法がそこまでいっていなかったというか、ツアーを経ることでやっと2人が求めてる形になってきたっていう。

― そう伺うと、世界観を広げる圭さんと、その世界観の深度をより深くする怜さんとのバンランスの良さみたいなものが、『YOU』には表れているような気がします。

圭:僕と怜自体は、出会って18~9年経つんです。メンバーが4人いたときもありましたけど、やっぱり2人だけの関係があるっていうか。音楽を作る起点は自分で、昔から1番興味を持ってくれるのが怜なんだよね。好みの問題なのか似た部分なのか、音楽を作るときの「これが美しい」「これがカッコイイ」と思う感性を分かり合えてて、逆に言うとそれ意外は別に似てない(笑)。それこそ昔は10代のガキだったから、一緒に遊んだりとかして連帯感もありましたけど、こうやって大人になるとずっとつるんでるわけじゃない。それでも一緒に作ってる歴史が自分たちにはあるから、テーマに対しての表現が2人の中では昔よりもっと明確ですね。今回の『YOU』だったら恋がテーマの曲で、そこを2人ですごく考えて、僕が作りたいっていう世界に怜が潜って知るっていう。そういうときは2人だけの空間にしてもらって、感じた色や景色、本当に色んなことを共有してますね。

怜:そのとき出たキーワードもメモったりして、圭から来る曲自体が俺は好きだから、より潜りやすい。

― もしかしたら、その時間の中で挙がる抽象的な言葉でさえも、2人だからこそ具現化しやすい環境にあるっていう。

怜:そういう時間が自分のタイプ的にもやりやすいですね。

圭:実は今年の頭ぐらいに、外部の方に手伝ってもらったことがあったんです。俺たちはとにかく曲を作るの遅いから(笑)、自分でもヤバイと思ってというところから、手伝ってもらいつつ進めていこうと。ただ、良いか悪いかの判断は置いておいて、自分たちの完成形がある中で、その正解に辿りつくまでに外部の方を通して探すことは、結果的には余計に時間が掛かってしまったんですよね。

― それこそ、2人で共有したことをもう1度共有し合わないといけないですし。

圭:そうなんです。企画として、最初からもう1人が入って3人で作ろうって言ったら違うんでしょうけど、もう作ろうと思ってるものに人が入ってもうまくいかなくて。だから今どき珍しいんですけど、本当に自分たちで1から10まで作ってることが、実は1番BAROQUEにとって良いんだなと思います。

― 『YOU』は2017年のEX THEATER ROPPONGI で初披露してから、約2年を経てのリリースとなります。もちろん、楽曲に合うタイミングも含めてだと思いますが、冒頭で伺った「2人が求める形」というのは、アレンジ面などにかかわってくるのでしょうか?
BAROQUE
圭:タイミングに関して言えば元々は『PLANETARY SECRET』の次に出るアルバムで、自分たちでもシングルを出そうと思っていなくて(笑)、どうせだったら良い曲いっぱい作って、全部アルバムで初めて聴いてもらった方がいいなと思ったんです。でもKen(L’Arc〜en〜Ciel)さんと『GIRL』をシングルでリリースしたりして、シングルを挟んで少しづつ聴いてもらうのも良いなと思ったのが、『AN ETERNITY』と『FLOWER OF ROMANCE』のリリースに繋がるんです。だから『YOU』も本当はアルバムで最初に聴いてもらいたいなと思ってたんですけど、そうもいかないぐらい時間が掛かったっていうのが理由です(笑)。

― 季節的な概念も含めると、タイミングとしてはバッチリだと思います(笑)。

圭:実際問題、1年前とかもそうだし、何回かシングルにしようかっていう話もあったんですけど、タイミングが悪くて流れちゃって。

怜:最近は流れに任せようって(笑)。

圭:個人的にはこういう曲をずっと作りたかったんですよね。U2の『With or Without You』みたいな、単純なビートなのに世界観がすごく大きい曲をずっと作りたくて。10年前から構想はあったんですけど、やっとここでと思ってますね。アレンジ面は細かいブラッシュアップした部分はあるんですけど、ドラムとベースは今年の2月には録ってて。でも[ TOUR 2018 IN THE ATMOSPHERE ]では『YOU』を演奏せずに、はしばらく封印していたんです。

― それは敢えて?

圭:敢えてです。今のツアーを『YOU』にしようと思ってて、その間に足りない何かを見つけたくて。それでアコギを入れたんです。

怜:ずっと圭は「足りない」って言ってて、アコギが入ることでピンと来た!っていう感じだったよね。

圭:そう。アレンジに関してあんまりサッパリ言うのもあれなんですけど、『YOU』は普通の構成ですけど景色がすごく変わるアレンジなんです。あるギタリストの人が「今の時代、レコーディングはなんでもできるから、例えばAメロで弾いたフレーズを2回目に同じAメロが来てもコピペしない方がいい。それをしちゃったら全部パズルだ」って言っていて。自分たちの場合は、構成としてのAメロが2回来ることはあるんですけど、そもそもそれを同じAメロだと思っていないな、と。当然、歌詞も違えば場面も違うから、同じように弾かないって当たり前だったけど、そういう部分が『YOU』には強く表れている気がしますね。

― ある種、構成がリフレインであればあるほど、その場面転換の難しさもありますけど、『YOU』は見事にそのストーリーを見せられています。

圭:転調するところはすごい考えましたね。

怜:2人で結構やったもんね。

圭:ピークに達する最後のサビがポイントだなと思ってたんで。やっぱり転調って、失敗すると「急に変わったぞ?ええ?」って、聴いてる方が恥ずかしいときあるじゃないですか(笑)。でも、絶対に違う景色にしたい場所で、それが見えたときにこの曲がある程度完成したのかなと思いますね。

― 歌詞も然りですよね。例えば「色褪せないよ」というフレーズを繰り返すことで、その言葉自体の強さが増したり、見せたい景色の集約的な要素も強まるというか。

怜:言葉選び自体は、全体的にすごくストレートに書いてるんですけど、同じ言葉を3つ繰り返すことによって伝わることと、もしかしたらもっと違う言葉を並べることで、見せられる景色があるんじゃないかということに、最後まで悩みましたね。それでも、フラットな状態になって時間を置いて聴いたときに、やっぱこれだなって。それによって、歌声も鳴らし方や唸り方も自然と変わっていきましたね。

― 『YOU』の歌詞自体はストレートとおっしゃいましたが、その言葉たちはスムーズに出てきたものだったんですか?

怜:いや、結構時間が掛かりました。恋って、最中なのか失恋なのかですごい幅が広くて、その中でもっとピュアで、歌声もどちらかと言えばドリーミーな方でっていう。

1

2