リアム・ギャラガー、長年演奏していなかった『ディフィニトリー・メイビー』期の楽曲3曲を披露

GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはここ数年にわたって披露していなかったオアシスの『ディフィニトリー・メイビー』期の楽曲3曲を久々に披露している。

リアム・ギャラガーは今夏予定されている大規模公演の一つであるダブリンのマラハイド城での公演を現地時間6月15日に行っている。

“Rock’n’Roll Star”と“Morning Glory”というオアシスの楽曲で幕を開けたライヴは、“Wall Of Glass”や“Paper Crown”といったソロの曲も披露され、その後“Bring It On Down”を
披露している。この曲は演奏されるのは2006年以来となる。

その直後にはシングル“Cigarettes & Alcohol”のBサイドだった“Listen Up”も披露され、オアシスがこの曲を演奏したのは1996年が最後となっている。また、オアシスで演奏されたのは2009年が最後となっている“Whatever”も披露されている。“Listen Up”と“Whatever”はノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズでも演奏されている。

この日のセットリストは以下の通り。

‘Rock’n’Roll Star’
‘Morning Glory’
‘Greedy Soul’
‘Wall Of Glass’
‘Bold’
‘Paper Crown’
‘Bring It On Down’
‘Listen Up’
‘Slide Away’
‘I’ve All I Need’
‘You Better Run’
‘Whatever’
‘Supersonic’
‘Some Might Say’
‘Cigarettes & Alcohol’
‘Live Forever’
‘Wonderwall’

リアム・ギャラガーは先日チャリティ団体「ウィー・ラヴ・マンチェスター」の資金集めに協力するためにハチの像をデザインし、ペイントしている。リアム・ギャラガーが作ったハチの像は高さ1.8メートルを誇り、プロジェクト「ビー・イン・ザ・シティ」の一環としてマンチェスターの道路に展示されるという。

リアム・ギャラガーはロンドンのフィンズベリー・パークやマンチェスターのオールド・トラッフォード・クリケット・クラブで大規模公演を行うことも決定している。

RECOMMEND NEWS

  1. フー・ファイターズのテイラー・ホーキンス、ドラマーとしてリアム・ギャラガーと共演したいと語る

  2. リアム・ギャラガー、「Universal Gleam」と題したプレイリストを公開

  3. リアム・ギャラガー、ソロでの復活劇までを追ったドキュメンタリーが上映されることに

  4. リアム・ギャラガー、昔はビースティ・ボーイズやNWAといったヒップホップが好きだったと語る

  5. リアム・ギャラガー、突然日曜日の午後に家庭料理を提供するパブを訪れて話題に

  6. ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る

  7. リアム・ギャラガー、9月に来日公演が決定

  8. ブラーのデーモン・アルバーン、ノエル・ギャラガーとの親密な友人関係について語る

  9. リアム・ギャラガー、兄のノエルと再会することになったことを明かす

  10. リアム・ギャラガー、ブリット・アウォーズ授賞式でのパフォーマンス映像を正式公開

  11. リアム・ギャラガー、親として自分には説得力がないと語る

  12. テロ事件から1年を受けてマンチェスター市民がオアシスの“Don’t Look Back In Anger”を大合唱

  13. リアム・ギャラガー、ビーディ・アイでオアシスの曲をあまりやらなかった理由を明かす

  14. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ノエル&リアム・ギャラガーについて語る

  15. リアム・ギャラガー、フィンズベリー・パーク公演で“D’Yer Wanna Be A Spacemen?”を1996年以来初めて演奏