Taylor Swift、映像作品のNetflixでの配信とサンダンス映画祭での上映が決定

Taylor Swift

ネットフリックスは現地時間12月4日にドキュメンタリー作品『テイラー・スウィフト:ミス・アメリカーナ』の配信を発表して、2020年1月23日に初日を迎える来年のサンダンス映画祭でオープニング作品としてプレミア上映されることを明らかにしている。

エミー賞の受賞歴のあるラナ・ウィルソンが監督を務め、アカデミー賞の受賞歴があるモーガン・ネヴィルがプロデュースを手がける本作は「この時代を最も象徴するアーティストの1人である彼女の姿をありのままに、感情的に映し出しながら、ソングライター/パフォーマーとしてのみならず、女性として自身の持っている声を最大限に活かす役割を学んでいく」過程を追ったものになるという。

『テイラー・スウィフト:ミス・アメリカーナ』はモーガン・ネヴィルのほか、同じくアカデミー賞の受賞歴のあるケイトリン・ロジャーズ(『バックコーラスの歌姫たち』)とクリスティン・オマリー(『ワードプレイ(原題)』)が共同でプロデュースを手掛けている。

テイラー・スウィフトは先日、自身の初期のマスター音源を所有しているビッグ・マシーン・レコードのスコット・ボーチェッタとそのレーベルを購入したアーティスト・マネージャーのスクーター・ブラウンとの一連の論争のなかで、「ネットフリックスでここ数年間に及ぶドキュメンタリーを制作」していたことを明かしていた。

テイラー・スウィフトは当時、彼らがアメリカン・ミュージック・アウォーズで過去曲を披露できず、ネットフリックスのドキュメンタリーにも楽曲を使用できないと言ってきたと主張していた。

しかし、テイラー・スウィフトはその後、過去の楽曲を演奏することについて前レーベルからの許可が出されることとなり、現地時間11月24日に行われたアメリカン・ミュージック・アウォーズの授賞式では、過去の楽曲を含む6曲をメドレーの形でパフォーマンスしている。

[amazon_link asins=’B07T1L1VX4,B07YMFX3DZ,197541215X,B00MRHANNI’ template=’ProductGrid’ store=’classic0330-22′ marketplace=’JP’ link_id=’f071061f-64f5-4502-994c-96c656946adc’]

関連NEWS

  1. Talking Heads

    Talking Heads、4月30日から『ストップ・メイキング・センス』の再上映が決定

  2. Queen

    Queenの映画『Bohemian Rhapsody』、日本限定アルティメットBOXの発売が決定

  3. アメリカン・ユートピア公開記念、コンサート映画の金字塔『STOP MAKING SENSE』上映決定

  4. Manic Street Preachers

    Manic Street Preachers、『The Holy Bible』ツアーの映像作品がUKで劇場公開

  5. Aaron Dessner

    The NationalのAaron Dessner、今後のTaylor Swiftとのコラボの可能性について語る

  6. Boy George

    Boy George、Culture Clubで成功を収めるまでを描いた伝記映画が制作されることに

  7. Taylor Swift

    Taylor Swift、学校に資金を提供するため最新作で学生の合唱団のコーラスをサンプリング

  8. Taylor Swift

    Taylor Swift、新たなコラボレーションを予告する謎の動画を公開

  9. ガイ・リッチー監督最新作『ジェントルメン』衣装スケッチ&場面写真を解禁

  10. アンダードックス

    音楽映画フェスティバル「アンダードックス」、初日が9月11日に決定

  11. Taylor Swift

    Taylor Swift、ドキュメンタリー作品と共に新曲のリリースが決定

  12. テイラー・スウィフト、ゾンビに変身するまでを追った舞台裏映像を公開

  13. ジェントルメン

    ガイ・リッチー監督最新作『ジェントルメン』、劇中内YouTube映像を解禁

  14. Joan Jett

    Joan Jett、映画『Bad Reputation』の日本語字幕付き予告編が公開

  15. フレディ・マーキュリーの伝記作家、彼との思い出を振り返る