THE WHO “『四重人格』以来最高のアルバム”と語る13年ぶりの新作が本日発売。デラックス版に収録される“失われた”楽曲についてのピートの長文コメント到着

THE WHO

本日12月6日、前作から13年ぶりとなるザ・フーのニュー・アルバム『WHO』がリリースされ、デラックス・ヴァージョンに収録される“失われた”楽曲についてピート・タウンゼントが語る長文コメントの日本語訳も公開となった。

本作『WHO』は、ロジャー・ダルトリー(Vocal)本人が『WHO』を彼らの最強作と位置付け「1973年の 『四重人格』以来最高のアルバムを作り上げたと思う」とコメントし、英メディアも“『四重人格』以来の最高傑作”(Uncut誌)、“1975年の『ザ・フー・バイ・ナンバーズ』以来の最高傑作”(The Times紙)など、大絶賛が寄せられている。

アルバムのデラックス・ヴァージョンに収録されるボーナス・トラックとして、これまで“失われた”楽曲とされていた1966年の2曲「ゴット・ナッシング・トゥ・プルーヴ」と「サンド(デモ)」が収録される。「サンド(デモ)」は3枚組カラー・ヴァイナルのみに収録される曲だが、日本盤CDにもボーナス・トラックとして収録される。

ピート・タウンゼント(Guitar)はこの楽曲について当時を振り返って言う。

2曲とも、1966年の夏頃にできた曲で、バンドのメンバーには拒絶されなかったかもしれないが、私の創作上のメンターでもあるザ・フーのマネージャー、キット・ランバートが受け入れてくれなかったんだ。1967年に曲がお蔵入りになりそうになったとき、私は“ゴット・ナッシング・トゥ・プルーヴ”を、1965年にマーキーで僕らのサポート・アクトをしてくれたジミー・ジェイムス&ザ・ヴァガボンズに頼んだ。彼に聴いてもらうためにトゥイックナムの自宅でデモテープをかけたのを覚えているよ。彼らのマネージメントをまだピーター・ミーデンが請け負っていた頃だった。彼が我々のPR担当だったのは1964年のほんの短い間だったけど、私は特に影響を受けた。ジミーはこの曲を気に入ってくれて、もっとR&Bっぽくしてテンポを遅く変えてみたらどうかと言ってくれたが、それでも状況は変わらなかった。思うにキットは、この曲が、現実世界の私よりもっと年上で、自分に満足しきった男が歌っているように聴こえたんじゃないかな。ロジャーもそう思ったかもしれない。今なら上手くいく。あの頃では駄目だっただろう。デイヴ・サーディと私は、ジョージ・フェントンに、この曲に“スウィング60’s”バンド風なアレンジをほどこして、より面白いものにしてくれないか、それにきっちりオースティン・パワーズ的なファンタジーにもしてくれと頼むことにした。その結果、すっかり気に入ったよ

1

2

Products from Amazon.co.jp

関連NEWS

  1. The Who

    The Whoのpete townshend、初となる長編小説を刊行することを発表

  2. The Who

    The WhoのPete Townshend、バンドが今も続いている秘訣について語る

  3. The Who

    The WhoのRoger Daltrey、今後5年以内に歌声を失うことになると語る

  4. The Who

    The WhoのPete Townshend、ヘヴィ・メタルを発明したのは自分たちだと語る

  5. The Who

    The Whoのロジャー・ダルトリー、回想録の中でLiam Gallagherについて触れる

  6. ザ・フー、リリースから50周年を記念した日本盤シングル紙ジャケ再発第4弾のリリースが決定

  7. REMやPatti Smithら、チャリティのために過去のセットリストをオークションに出品

  8. The Who

    The Who、ドクターマーチンとのコラボレーション・アイテムの発売が決定

  9. The Who

    The Who、1979年に11人が亡くなって以来となるシンシナティ公演を発表

  10. ザ・フーのロジャー・ダルトリー、EU離脱がUKのアーティストに与える影響について持論を語る

  11. The WhoのRoger Daltrey、公演中にマリファナを吸っていた前列の観客を批判

  12. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、The Whoとのツアーに先駆けてお気に入りの彼らの楽曲を明かす

  13. The Who

    The WhoのRoger Daltrey、新作でPete Townshendからラップを求められていたと明かす

  14. Weezer

    Weezerなど、新たに700組を超えるアーティストが08年の火災で音源を焼失していたことが判明

  15. The Who

    The Who、13年ぶりとなる新作より更なる新曲“All The Music Must Fade”の音源が公開

  1. a-ha

    a-ha、“Take On Me”のミュージック・ビデオの再生回数が10億回を突破

    2020.02.22

  2. the GazettE

    the GazettE、ワールドツアー映像作品からジャケット&トレーラー公開

    2020.02.21

  3. tofubeats

    tofubeats、1年半ぶりのデジタルミニアルバム「TBEP」を3月27日にリ…

    2020.02.21

  4. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏 開催決定

    2020.02.21

  5. Eminem

    Eminem、“Rap God”のMVの再生回数が10億回を突破

    2020.02.21

  6. “YUZUTOWN“POP-UPショップ

    ゆず、デビュー当時の”ゆかりの場所”渋谷PARCOにて ”YUZUTOWN”POP-U…

    2020.02.21

  7. The Buzzcocks

    The Buzzcocks、Pete Shelleyの死後初となるシングルを公開

    2020.02.21

  8. Ozzy Osbourne

    Ozzy Osbourne、「オジー復活祭」“ORDINARY MAN” RELEASE PARTYが2/…

    2020.02.21

  9. 5 Seconds Of Summer

    5 Seconds Of Summer、新曲“Old Me”の音源が公開

    2020.02.21

  10. RAVEENA

    RAVEENA、3月に予定されていた来日公演が中止に

    2020.02.21

  1. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏 開催決定

    2020.02.21

  2. ACO CHiLL CAMP

    「ACO CHiLL CAMP」に氣志團、RAG FAIR、やなわらばー、EXILE USAら…

    2020.02.18

  3. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL ’20、第2弾出演アーティストを発表

    2020.02.18

  4. Rocks Forchile

    Rocks Forchile、第二弾アーティストにACIDMAN、和田唱、うじきつよ…

    2020.02.13

  5. ARABAKI ROCK FEST.20

    ARABAKI ROCK FEST.20 第3弾出演アーティストにアジカン、 [Alexand…

    2020.02.12

  6. PACIFIC BEACH FESTIVAL

    PACIFIC BEACH FESTIVAL’20 第3弾アーティスト発表

    2020.02.10

  7. ビクターロック祭り2020

    『ビクターロック祭り2020』タイムテーブル公開&チケット一般発売…

    2020.02.08

  8. 『SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMA 2020』

    『SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMA 2020』新たに清春らの出演が決定

    2020.02.07

  9. METROCK

    METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2020、INABA / SALAS、WANIMAが出演

    2020.02.06

  10. JAPAN ISLAND FES. vol.1 壱岐島

    長崎・壱岐島の初開催フェス「JAPAN ISLAND FES. vol.1 壱岐島」 出…

    2020.01.29