The 1975、Maroon5にアートワークの類似性を指摘されてMatt Healyが返事を返す

Matt Healy

ザ・1975のマット・ヒーリーは自身のアートワークについてマルーン5から類似性を指摘されたことに反応を示している。

アダム・レヴィーン率いるマルーン5はツイッターで、スポティファイで一時表示されていたザ・1975のアートワークと、カーラズ・フラワーズ時代に発表した1997年のアルバム『ザ・フォース・ワールド』の類似性についてコメントしている。

「やあ、ザ・1975、カーラズ・フラワーズの大ファンなのかい?」とマルーン5は画像つきでツイートしており、マット・ヒーリーはこれに返事を返している。

「まったく知らないんだけど、電話ボックスの歌かなんかについては大好きだよ」とマット・ヒーリーはツイートしており、マルーン5の楽曲“Payphone”について冗談を飛ばしている。

先週、ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーはバンドの通算4作目となるニュー・アルバム『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム(原題)』のリリースを延期することを発表して、新たなリリース日を明らかにしている。

インスタグラムに投稿した生配信動画の中で、マット・ヒーリーは「わずらわせてしまって申し訳ない」とした上で、当初2月21日に予定されていた2018年発表の前作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』に続くニュー・アルバムのリリース日を4月24日に延期することを明かしている。

一方、ザ・1975は今年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務めないことも明らかにしている。

今年のグラストンベリー・フェスティバルはポール・マッカートニーとテイラー・スウィフトがヘッドライナーを務めることが決定している。

[amazon_link asins=’B07XPMNZM2,B07HC6YYRL,B00GN6OY0W,B00FKSHASC’ template=’ProductGrid’ store=’classic0330-22′ marketplace=’JP’ link_id=’e8bd25fd-7f1b-4784-b15e-28d5cf96a05c’]

関連NEWS

  1. The 1975

    The 1975、マンチェスター公演にCharli XCXがスペシャル・ゲストとして出演

  2. The 1975

    The 1975、16歳の環境保護活動家のGreta Thunbergは機会を与えられてこなかったと語る

  3. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、幼少期に受けたマイケル・ジャクソンからの影響について語る

  4. ベニカシム・フェスティバル、2019年のヘッドライナーが発表に

  5. The 1975

    The 1975ら、今年のブリティッシュLGBTアウォーズにノミネート

  6. The 1975

    The 1975、新曲“Frail State Of Mind”を今週リリースすることを発表

  7. Matty Healy

    Matty Healyの母親、バンドのファンからどのように見られているかについて語る

  8. レディング&リーズ・フェスティバル、ヘッドライナー以外の第1弾ラインナップも発表に

  9. The 1975

    The 1975、ニュー・シングル“If You’re Too Shy (Let Me Know)”が公開

  10. The 1975

    The 1975のMatt Healy、気候変動のために植樹する活動に参加するようファンに呼びかける

  11. Maroon5

    Maroon5、自宅から最新シングル“Nobody’s Love”を披露した映像が公開

  12. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、バンドを最も総括していると思う楽曲を明かす

  13. The 1975&Rina Sawayama&Easy Life&MURA MASA

    The 1975&Rina Sawayama&Easy Life&MURA MASA、リリック・ビデオに起用するイラストレーターを募集

  14. The 1975

    The 1975、ツアーの裏側を追った短編映像の第2弾が公開

  15. The 1975

    The 1975、Rage Against The Machineの代わりにReading and Leeds Festivalsに出演決定