Neil Young、アメリカ連邦議会への乱入事件についてのメッセージを投稿

Neil Young

ニール・ヤングは1月6日にアメリカ連邦議会に乱入した暴動事件についての声明を発表し、「あんなにも操られた人々に共感する」と述べている。

「ニール・ヤングからのメッセージ」と題した声明は催涙ガスをかけられたと泣いていたことでメディアで「ノックスビル出身のエリザベス」として知られる人物への言及から始まっている。『ステレオガム』によれば、彼女はインタヴューの時に玉ねぎを持っていたことから、その主張については信ぴょう性が問われていた。

ニール・ヤングは彼女について「彼女が泣いていたのは襲撃を受けたからであり、彼女がやろうとしていたのは革命の中で自身の声を聞かせようとすることだった」と考えていると述べている。

「彼女は自分の信じていることのために迫害されたという思いを持ち、アメリカの権力から気にしてもらえないという思いを持った数千人のうちの1人だった」とニール・ヤングは述べている。

これまでもドナルド・トランプ大統領を批判してきたことで知られるニール・ヤングだが、ドナルド・トランプ大統領について「憎しみを助長するために真実を誇張して大袈裟にした」と批判している。

「話し合いと解決方法が必要なんだ。お互いの信条にリスペクトを。憎しみになってはいけないんだ」と彼は述べている。

「ダブル・スタンダードがあることにがっかりしているよ。ブラック・ライヴス・マターのデモでの人々の扱われ方とこの間のことを較べてみてほしい。白人至上主義のための場所はない。人々はお互いに本当に自由でなければならないんだ。憎しみから自由が見つかることはないんだ」

ドナルド・トランプ大統領に加えてニール・ヤングはインターネット・ニュースやソーシャル・メディアが「私たちの信念体系を機能不全に陥らせる」と非難している。

「ソーシャル・メディアのことになると、心理兵器の問題となり、どちらか一方を支持する憎しみを集めるために使われているんだ」

ニール・ヤングによるメッセージはこちらから。

https://neilyoungarchives.com/news/1/article?id=A-Message-From-Neil-sadness-and-compassion

現地時間1月11日にアメリカ下院議会にはドナルド・トランプ大統領が反乱を扇動したとして弾劾訴追決議案が提出されている。

先日、ニール・ヤングはドナルド・トランプ大統領が選挙運動で許可なく音楽を使用したことについての訴訟を取り下げている。ニール・ヤングは「両陣営が負担する裁判費用を踏まえ、最終的にドナルド・トランプ大統領に対する訴え」を自主的に棄却するとしている。これは最終的な棄却となり、ニール・ヤングは改めて訴訟を起こすことができない。

ニール・ヤングはソーシャル・メディアでドナルド・トランプ大統領による自身の音楽を使用する許可を出していないと何度も公言しており、昨年8月にはニール・ヤングはドナルド・トランプ大統領の選挙活動の集会で自身の楽曲が許可なく使用されたことについて訴状を自身のサイトに掲載していた。

先日、ニール・ヤングはバック・カタログの楽曲の50%の権利を売却したことも明らかになっている。

関連NEWS

  1. neil young

    Neil Young、亡くなった元妻のペギー・ヤングに追悼の意を表明

  2. Neil Young

    Neil Young、Crazy Horseとの7年ぶりの新曲“Milky Way”が公開

  3. ボブ・ディランとニール・ヤング、来夏のハイド・パーク公演で共同ヘッドライナーを務めることに

  4. Neil Young

    Neil Young、50年間連れ添ったElliot Robertsに追悼の意を表明

  5. Neil Young

    Neil Young、大統領候補としてバーニー・サンダースの支持を表明する長文を投稿

  6. Neil Young

    Neil Young、Bob Dylanの“The Times They Are a Changin”のカヴァー音源が公開

  7. Neil Young

    Neil Young、ドナルド・トランプ大統領による自身の楽曲使用について訴状を投稿

  8. ケイティ・ペリーやニール・ヤングら、カリフォルニアの山火事へのトランプ大統領の反応を批判

  9. Neil Young

    Neil Young、マリファナの使用歴のために米国市民権の取得が遅れていることを明かす

  10. ニール・ヤング、ウェスタン映画の新作に出演していることが明らかに

  11. Neil Young

    Neil Young & Crazy Horse、“A letter from us”と題されたインスト曲を公開

  12. ニール・ヤング、自身の許可なく楽曲を使用しているとしてトランプ大統領を改めて批判

  13. Neil Young

    Neil Young、『After The Gold Rush』の50周年盤のリリースが決定

  14. ニール・ヤング、“Powderfinger”のミュージック・ビデオを公開

  15. Neil Young

    Neil Young、幻のアルバム『ホームグロウン』より“Try”の音源が公開

  1. KakaoM

    spotify、KakaoMがディストリビューションする楽曲が契約切れになっ…

    2021.03.07

  2. Holly HUmberstone

    Holly HUmberstone、米TV番組でのパフォーマンス映像が公開

    2021.03.07

  3. Queen

    Queen、初の公式モバイル・ゲーム『Queen:ロックツアー』がリリース

    2021.03.07

  4. Conan Gray

    Conan Gray、最新シングル「Overdrive」のMV公開

    2021.03.07

  5. Ringo Starr

    Ringo Starr、オンラインで展覧会と新旧のインタヴューが公開される…

    2021.03.07

  6. The Network

    Green DayによるThe Network、米TV番組で貴重なパフォーマンスを披露

    2021.03.07

  7. THE YELLOW MONKEY

    THE YELLOW MONKEY30周年記念ドームツアーの映像作品リリースを記念…

    2021.03.07

  8. Justin Bieber

    Justin Bieber、新作『ジャスティス』を3月19日にリリースすること…

    2021.03.07

  9. Salyu

    Salyu Yaffle×小袋成彬のタッグで制作された 新曲「Taxi」のMV公開

    2021.03.07

  10. oasis

    oasis、ネブワース公演から25周年を迎えるにあたってファンからの思…

    2021.03.07

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  5. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14