Andy Gillの妻、Neil Youngの音源を削除したSpotifyを批判

Neil Young

ディスターブドのデイヴィッド・ドレイマンとギャング・オブ・フォーのアンディ・ギルの妻はニール・ヤングとスポティファイの論争に加わっている。

ニール・ヤングはポッドキャスト「ジョー・ローガン・エクスペリエンス」が新型コロナウイルスのワクチンに関する「誤情報を拡散している」としてスポティファイからすぐにでも音源を削除したいと表明し、その後音源は実際に削除されている。

スポティファイはニール・ヤングの意向を受けて「遺憾に思う」として、「早く彼が戻ってきれくれることを願っています」と述べている。

今回、ギャング・オブ・フォーのアンディ・ギルの妻であるキャサリン・メイヤーはスポティファイがジョー・ローガンのポッドキャストを継続させたことに公開書簡を発表している。アンディ・ギルは新型コロナウイルスで亡くなった可能性が指摘されている。

「私の愛する夫のアンディ・ギルがパンデミックが始まった頃に亡くなっていなかったら、反ワクチンについての誤報を広めるポッドキャストを優先してニール・ヤングの音楽を削除したいことに明確で強い感情を抱いたことでしょう」と彼女は述べている。

「ワクチンがパンデミックが始まった頃にあったら、彼はここであなたと会話することもできたでしょう。彼に代わって私が言わなければなりません。妻として言わなければならないのは、あなたが下したビジネス上の判断にはうんざりしています」

彼女は次のように続けている。「アンディ・ギルが亡くなって以降、彼の音楽がファンに届くように、あらゆるチャンネルでバック・カタログのすべてが聴けるように取り組んできました。それで、あなたのものになったわけですが、反ワクチンについての誤報は人を殺します。今は多くの人が悲しみにくれています。なのでお願いです。公共を守り、判断を再考して、悲しみげ広がるのを防ぐ手助けをしてください」

一方、ディスターブドのフロントマンであるデイヴィッド・ドレイマンはジョー・ローガンの見解に必ずしも同意するわけではないものの、スポティファイの判断を称賛している。

「ダニエル・エク、大衆に従わず言論の自由を守ったスポティファイとあなたに賛辞を送るよ。ジョー・ローガンやゲストが言うことには同意しないかもしれないけど、彼らにも発言する場を持つ権利はあるんだ」

彼はワクチンを支持していることを後にツイートしている。「ファイザーのワクチンを3度接種しているんだ。自分自身と家族のために必要な予防措置は行っています。この1年、世界を旅してきましたが、安全に過ごすことができました。注意深く暮らしていますが、恐怖の中で暮らしているわけではありません。人類の歴史においてこうしたことは過去にもありましたし、今後もあるでしょう。ウイルスに関連した発言の両側にある非常に政治的な恐怖を煽るものではなく、真の科学に従います」

ニール・ヤングはスポティファイから音源を削除することでストリーミングでの収入のうち約60%を失うことを明かしている。

「真実の名の下に世界全体のストリーミング収入の60%を失うにもかかわらず、私を支持してくれて損失を受け入れてくれたワーナー・ブラザースに感謝するよ」

関連NEWS

  1. Gang Of Four

    Gang Of Four、中止となった来日公演が10月に開催されることに

  2. Neil Young

    Neil Young、音質についての自身の考えを綴った新たな書籍を刊行することが明らかに

  3. Neil Young

    Neil Young & Crazy Horseとの新作より「Break The Chain」がMVと共に公開

  4. Neil Young

    Neil Young、『Harvest』の50周年盤より「Old Man」のライヴ・パフォーマンス映像が公開

  5. Neil Young

    Neil Young、『Harvest』の再現ライヴに多額のオファーがあったものの断ったと明かす

  6. Neil Young

    Neil Young、トランプ大統領の楽曲使用について改めて自身の怒りを語る

  7. Neil Young

    Neil Young & Crazy Horse、来たる新作より新曲「Heading West」の音源が公開

  8. Neil Young

    Neil Young、Spotifyから音源が削除されたことを受けて声明を発表

  9. Tom MorelloとSerj Tankian

    Tom MorelloとSerj Tankian、Gang of Fourの「Natural’s Not In It」を一緒にカヴァーすることが明らかに

  10. Neil Young

    Neil Young、50年間連れ添ったElliot Robertsに追悼の意を表明

  11. Neil Young

    Neil Young、大統領選に間に合う形で米国市民権を取得したことを報告

  12. Neil Young

    Neil Young、1972年発表の名作『ハーヴェスト』の50周年記念盤のリリースが決定

  13. ボブ・ディランとニール・ヤング、来夏のハイド・パーク公演で共同ヘッドライナーを務めることに

  14. Neil Young

    Neil Young & Crazy Horse、新作を12月にリリースすることを発表

  15. neil young

    Neil Young、亡くなった元妻のペギー・ヤングに追悼の意を表明

  1. A24×ザック・エフロン主演『アイアンクロー』特別映像【True Story…

    2024.02.21

  2. アバウト・ライフ 幸せの選択肢

    映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』監督オフィシャルインタビュ…

    2024.02.21

  3. Blur

    Blur、2023年の再結成を追ったドキュメンタリーとコンサート映像作…

    2024.02.21

  4. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2024、第1弾出演アーティストを発表

    2024.02.21

  5. A24 × ダーレン・アロノフスキー監督 『π〈パイ〉 デジタルリマスタ…

    2024.02.21

  6. KOBE SONO SONO

    「KOBE SONO SONO」全ラインナップ解禁

    2024.02.21

  7. 安全地帯、玉置浩二、周年記念ライブ音源2作品を本日発売

    2024.02.21

  8. L'Rain

    L’Rain、5月に初来日公演が決定

    2024.02.21

  9. Liam Gallagher&John Squire

    Liam Gallagher、John Squireとのコラボレーションがなければ1年間…

    2024.02.21

  10. Calvin Harris

    Calvin Harris、ビヴァリー・ヒルズの邸宅が電気系統の故障で火災に…

    2024.02.21

  1. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2024、第1弾出演アーティストを発表

    2024.02.21

  2. METROCK2024 出演日&第3弾出演アーティスト発表、各日1日券受付開始

    2024.02.14

  3. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、開催決定

    2024.02.03

  4. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’24、第四弾出演アーティストを発表

    2024.02.01

  5. PUNKSPRING 2024、第4弾出演ラインナップを発表

    2024.02.01

  6. COMING KOBE

    COMING KOBE24、第2弾出演アーティスト発表

    2024.02.01

  7. I ROCKS

    LACCO TOWER主催ロックフェス 「I ROCKS 2024 stand by LACCO TOWER…

    2024.01.27

  8. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第2弾アーティストを発表

    2024.01.24

  9. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、開催概要が決定

    2024.01.12

  10. OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL

    「ジャイガ」ことOSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVALが今年も開催決定

    2024.01.01