スマッシング・パンプキンズ、結成30周年を記念した特別公演に豪華ゲストが出演することに

スマッシング・パンプキンズは結成30周年記念公演の詳細を発表し、スペシャル・ゲストが出演することが明らかになっている。

スマッシング・パンプキンズは「シャイニー・アンド・オー・ソー・ブライト」ツアーの一環として今週ニュージャージー州ホルムデルで1夜限りの特別な公演を行うことを発表しており、コートニー・ラヴ、デフトーンズのチノ・モレノ、ジョイ・ディヴィジョン/ニュー・オーダーのピーター・フック、AFIのデイヴィ・ハヴォック、シュガー・レイのマーク・マッグラス、ザ・キラーズのデイヴィッド・キューニングとマーク・ストーマーが出演するという。マーク・ストーマーはスマッシング・パンプキンズの前作のライヴに参加していた。

ピーター・フックの息子のジャック・ベイツが今回のツアーではベースを担当しており、オリジナル・ベーシストのダーシー・レッキーはビリー・コーガンとの口論の末、ツアーには参加していない。

先日、フロントマンであるビリー・コーガンは現在の心境について語り、「ヒールを演じるのは止めた」と述べている。

「これってゴシップの類の話でさ。そう演じることもできるんだけどさ。けど、最終的にそんなことは望んでないわけでね。僕が望むのは、みんなに音楽を聴いてもらうことだからね」とビリー・コーガンは「ラウドワイヤー」に語っている。「『ニューヨーク・タイムズ』誌でインタヴューしてくれた人が載せてくれたかは分からないんだけどさ、僕は『もうそういう男を演じるのは止めたんだ』って言ったんだ」

「ああしてたのは楽しかったからなんだけどさ。楽しいと思っていたんだよ。僕は何年にもわたって、とりわけ有名人たちがどう扱われているかという点において、多くのメディアにおける偽善性をうまく突いてきたと思っているんだ。彼らは基本的に僕たちの作品には興味を持っていなくて、彼らが興味を持っているのはむしろ、僕らの作品でクリックを稼げる機会が作れるのかとか、そういうことなんだよ」

スマッシング・パンプキンズは先日カムバック・シングルとなる“Solara”をリリースしたほか、10月16日に再結成後初となるUK公演をロンドンのSSEウェンブリー・アリーナで行うことを発表している。バンドは10月18日にイタリアのボローニャでも公演を行う予定となっている。

スマッシング・パンプキンズは近日中に新作のリリースに関するさらなる情報が発表されると見られている。

関連NEWS

  1. オアシス、アイルランドでの再結成ライヴに莫大な金額が提示されていると報道

  2. Slowthai

    Slowthai、ニュー・アルバムのリリースを発表&新曲「NHS」が公開

  3. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL 2019、2月8日に第1弾ラインナップを発表

  4. tonesandi

    Shazam、これまでで最も検索された楽曲のランキングを発表

  5. キラーズ、ドナルド・トランプ政権下での北朝鮮情勢について語る

  6. U2、新作が全米1位を獲得して全米チャートにおける新記録を樹立

  7. Soccer Mommy

    Soccer Mommy、3曲のスタジオ・ライヴ映像が公開

  8. GHOST

    GHOST、DOWNLOAD FESTIVALの来日時にサイン会&撮影会の開催が決定

  9. フォール・アウト・ボーイ、ニュー・アルバムからの新曲“The Last Of The Real Ones”を公開

  10. ファーギー、新作より“Tension”のミュージック・ビデオを公開

  11. グリーン・デイのビリー・ジョー、「バスケット・ケース」と題したアイライナーが発売に

  12. エミネム、ニュー・アルバムのリリース日が決定

  13. 宇多田ヒカル 早くも次の新曲が映画主題歌に、予告編も先行公開

  14. スマッシング・パンプキンズ、8曲の新曲のタイトルを明かす

  15. フィオナ・アップルとセイント・ヴィンセントの共演が実現