アークティック・モンキーズ、現在のお気に入りの5曲を挙げる

アークティック・モンキーズのフロントマンであるアレックス・ターナーとドラマーのマット・ヘルダースはお気に入りの5曲を明かしている。

アークティック・モンキーズは「Beats1」のマット・ウィルキンソンの番組に出演して、番組の恒例となっている「ファイヴ・ベスト・ソングス」のコーナーで自分たちのお気に入りの5曲を挙げている。

ラウンジの名曲や映画のサウンドトラック、アンビエント、ヨーロピアン・インディ、そしてヨークシャーのソウル・シンガーという5曲のセレクトは、評価を集めることになった最新作『 トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』の制作中のインスピレーションや彼らのよく聴く音楽が窺い知れるものとなっている。

選ばれた5曲は以下の通り。

ザ・ヌード・パーティー “Chevrolet Van”
レオン・ラッセル “Shootout at the Plantation”
ジュニオール “À la plage”
エンニオ・モリコーネ “Una Spiaggia a Mezzogiorno”
ジョー・コッカー “Just Like a Woman”

また、アークティック・モンキーズは少年時代に聴いていただいた音楽についても明かしている。

「母親はよく俺にビートルズを聴かせてくれて、父親はどちらかというとジャズやスウィングが好きだったんだ。父親の車では(ザ・ビーチ・ボーイズの)『ペット・サウンズ』とかを聴いていたんだけどね」とアレックス・ターナーは語っている。「車の中で心を動かされたのを覚えているよ」

アレックス・ターナーは続けて、数多くの映画音楽を手がけたエンニオ・モリコーネにならって、映画のサウンドトラックの分野に進出したいと思うかという質問に次のように答えている。「やってみたいけど、(レディオヘッドの)ジョニー・グリーンウッドの領域だからね……もちろんどんなものかにもよるけど、やってみたいとは思うよ」

関連NEWS

  1. アークティック・モンキーズのマット・ヘルダース、地元シェフィールドのバーのCM音楽を手掛ける

  2. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、最新作のツアーが終了した可能性が浮上

  3. ノエル・ギャラガー、アークティック・モンキーズの新作について自身の考えを語る

  4. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、アレクサ・チャンと復縁か

  5. アークティック・モンキーズのアレックス、新作の作曲でギターを使わなかった理由を改めて語る

  6. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeysのマット・ヘルダース、地元にカフェをオープンさせることが明らかに

  7. アークティック・モンキーズ、6作連続となる全英アルバム・チャート1位を獲得

  8. アークティック・モンキーズのアレックス、新作では恋愛について歌うことを止めたと語る

  9. アークティック・モンキーズ、“Four Out Of Five”の日本語字幕付ビデオが公開

  10. ブロッサムズ、アークティック・モンキーズのアレックスについてエイリアンのようと語る

  11. アークティック・モンキーズ、UKチャートで残りのトップ20の合算を上回るセールスを記録

  12. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、メロディーと歌詞の関係性について語る

  13. アークティック・モンキーズ、新作にクラクソンズやテーム・インパラのメンバーが参加か

  14. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeysのマット・ヘルダース、来年地元にオープンするカフェについて共同オーナーが語る

  15. ivors_2019

    アイヴァー・ ノヴェロ賞、2019年のノミネート作品が発表に