ザ・1975のマット・ヒーリー、ロック・バンドを聴かない理由について語る

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは新たなインタヴューで自身のソングライティングのテクニックやロック・バンドを聴かない理由、依存症の問題などについて語っている。

サード・アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』についての『ニューヨーク・タイムズ』紙とのインタヴューの中でマット・ヒーリーは次のように語っている。「ロック・バンドは聴いてないんだ……長い間ずっとね。そうしてきたのはいろんな点でいいからなんだけどさ」

「俺の曲の書き方っていうのは、好きな曲を聴いて、それをコピーすることなんだ。それで、俺の好きな曲ってのはロック・バンドのものじゃないんだよ。古典的なものを除けばね」

マット・ヒーリーはまた、どちらもイギリス出身のギター・バンドだという理由だけで、アメリカでアークティック・モンキーズと結び付けられることが嫌だと語っている。

「みんな、『アークティック・モンキーズも聴いてるよ』って言ってくるんだけどさ」と彼は語っている。「違うんだよ! まったく関係ないわけでね。これっぽっちもね……俺たちはギターを使ってるけど、それって俺たちのことをマイクロフォン・バンドって呼ぶようなものだよ。同じように、俺たちもマイクは使うからね」

マット・ヒーリーは過去には、アークティック・モンキーズの最新作『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』のような作品を自分たちが作れない理由について語っていた。「どうすればああいうふうにできるのか、俺には分からないんだけどさ。俺にはない能力だよ」とマット・ヒーリーは『NME』に明かしている。

マット・ヒーリーは他にも『ニューヨーク・タイムズ』紙とのインタビューの中でバンドの主題的なアプローチから大学生の使用者が多いことで知られるソーシャル・メディアの「タンブラー」に自分たちを喩えている。「恋愛に対して理想主義的で、エッジーで、だけど綺麗な若い女の子たち、そういう人が母親の車でかけてたりするんだよ」

バンドの話題に加え、マット・ヒーリーは、自身の依存症との闘いについても語り、ヘロインの使用に対する治療が必要だったことを明かしている。マット・ヒーリーは現在は依存症から回復したものの、その経験はまだ曲を書くことに影響を与えているという。

「ここ最近の思い出が依存症に苦しめられたことだったとしたら、そうなるわけでさ」と彼は語っている。「俺はすべてを失ったわけじゃなかったけど、愛する人全員(から罵られるの)を恐れていたんだ。それで十分だったよ」

関連NEWS

  1. ザ・1975、数日以内に新曲がリリースされる可能性を示唆

  2. The 1975

    The 1975ら、Summer Sessions Edinburgh 2020でヘッドライナーを務めることが決定

  3. The 1975

    The 1975のMatt Healy、最も傷ついた言葉をメールでファンに送るよう呼びかける

  4. The 1975

    The 1975、最新作に収録の“The Birthday Party”の制作過程について語る

  5. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、アイヴァー・ノヴェロ賞の受賞について畏れ多いと語る

  6. ザ・1975のマット・ヒーリー、父親のティム・ヒーリーとレコーディングしたことが明らかに

  7. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、最新作が『OKコンピューター』と比較されていることについて言及

  8. The 1975

    The 1975、豪山火事のために行った貴重なアコースティック・ライヴの模様がオンラインに

  9. The 1975

    The 1975のMatty Healy、今後バンドとして作っていきたいアルバムについて語る

  10. The 1975

    The 1975のMatty Healy、イスラエルとパレスチナの両方で公演を行いたいと語る

  11. The 1975

    The 1975、2020年にUK/アイルランドでアリーナ・ツアーを行うことを発表

  12. BillieEilish

    Billie EilishやThe 1975ら、BBCラジオ1のビッグ・ウィークエンドの映像が公開

  13. The 1975

    The 1975、ロンドンのフィンスベリー・パークで環境に配慮した公演を行うことを発表

  14. The 1975、最新作を携えたツアー初日のセットリストが明らかに

  15. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、バンドの来たる新作について3作目とはまったく違う作品になると語る

  1. Lauryn Hill

    Lauryn Hill、12月に予定されていた来日公演が再び延期されることに

    2020.10.31

  2. Rina Sawayama

    Rina Sawayama、米TV番組で“XS”を披露したパフォーマンス映像が公開

    2020.10.31

  3. Jake Bugg

    Jake Bugg、ニュー・シングル「All I Need」がMVと共に公開

    2020.10.31

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、『フォークロア』が全米で100万枚を突破した2020年最…

    2020.10.31

  5. AC/DC

    AC/DC、「Shot In The Dark」のMV公開

    2020.10.31

  6. 映画「ジョーカー」のフィルムコンサート 「JOKER LIVE IN CONCERT…

    2020.10.31

  7. John Squire

    Noel Gallagher、次回作にはThe Stone RosesのJohn Squireに参加し…

    2020.10.31

  8. Eddie Van Halen

    KISSのGene Simmons、Eddie Van Halenとの肝を冷やした逸話を振り返る

    2020.10.31

  9. Foo Fighters

    Foo Fighters、ジョー・バイデン大統領候補を応援するコンサートに…

    2020.10.31

  10. Wolfgang Van Halen

    息子のWolfgang Van Halen、Van Halenとしての活動を続けるという噂…

    2020.10.31

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01