ザ・1975のマット・ヒーリー、ロック・バンドを聴かない理由について語る

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは新たなインタヴューで自身のソングライティングのテクニックやロック・バンドを聴かない理由、依存症の問題などについて語っている。

サード・アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』についての『ニューヨーク・タイムズ』紙とのインタヴューの中でマット・ヒーリーは次のように語っている。「ロック・バンドは聴いてないんだ……長い間ずっとね。そうしてきたのはいろんな点でいいからなんだけどさ」

「俺の曲の書き方っていうのは、好きな曲を聴いて、それをコピーすることなんだ。それで、俺の好きな曲ってのはロック・バンドのものじゃないんだよ。古典的なものを除けばね」

マット・ヒーリーはまた、どちらもイギリス出身のギター・バンドだという理由だけで、アメリカでアークティック・モンキーズと結び付けられることが嫌だと語っている。

「みんな、『アークティック・モンキーズも聴いてるよ』って言ってくるんだけどさ」と彼は語っている。「違うんだよ! まったく関係ないわけでね。これっぽっちもね……俺たちはギターを使ってるけど、それって俺たちのことをマイクロフォン・バンドって呼ぶようなものだよ。同じように、俺たちもマイクは使うからね」

マット・ヒーリーは過去には、アークティック・モンキーズの最新作『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』のような作品を自分たちが作れない理由について語っていた。「どうすればああいうふうにできるのか、俺には分からないんだけどさ。俺にはない能力だよ」とマット・ヒーリーは『NME』に明かしている。

マット・ヒーリーは他にも『ニューヨーク・タイムズ』紙とのインタビューの中でバンドの主題的なアプローチから大学生の使用者が多いことで知られるソーシャル・メディアの「タンブラー」に自分たちを喩えている。「恋愛に対して理想主義的で、エッジーで、だけど綺麗な若い女の子たち、そういう人が母親の車でかけてたりするんだよ」

バンドの話題に加え、マット・ヒーリーは、自身の依存症との闘いについても語り、ヘロインの使用に対する治療が必要だったことを明かしている。マット・ヒーリーは現在は依存症から回復したものの、その経験はまだ曲を書くことに影響を与えているという。

「ここ最近の思い出が依存症に苦しめられたことだったとしたら、そうなるわけでさ」と彼は語っている。「俺はすべてを失ったわけじゃなかったけど、愛する人全員(から罵られるの)を恐れていたんだ。それで十分だったよ」

関連NEWS

  1. The 1975やBillie Eilish

    The 1975やBillie Eilishのセールスが牽引してUKでのカセットテープの売上が好調

  2. The 1975

    The 1975のMatt Heealy、ジョー・バイデンの勝利を祝福するプレイリストを公開

  3. ザ・1975、アリアナ・グランデの“Thank U, Next”をカヴァーした映像が公開

  4. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、新作が「もうすぐ」リリースされるとツイート

  5. The 1975

    The 1975、10月に延期されていたヨーロッパ・ツアーの新たな日程を発表

  6. ザ・1975、新作に関連していると思われる謎めいた映像を投稿

  7. The 1975

    The 1975、来たる新作より新曲“People”のMVが公開

  8. The 1975

    The 1975、今夏に予定されていたロンドンの大規模公演について2021年の新日程が決定

  9. The 1975

    The 1975、Me & You Together SongのMVが公開

  10. The 1975

    The 1975のMatthew Healy、バンドのヴィジュアル・イメージの変遷について語る

  11. The 1975

    The 1975、豪山火事のために行った貴重なアコースティック・ライヴの模様がオンラインに

  12. The 1975

    The 1975のMatthew Healy、反LGBTQ法に反してドバイ公演で男性ファンにキス

  13. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、2000年代はArctic Monkeys、2010年代は自分たちと語る

  14. ザ・1975、大御所には自分たちほど興味深いことをやっているバンドはいないと語る

  15. Bright Eyes

    Bright EyesのConor、The 1975の好きな部分について語る