The 1975のマット・ヒーリー、最新作が『OKコンピューター』と比較されていることについて言及

The 1975

ザ・1975のマット・ヒーリーはバンドの最新作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』がレディオヘッドの『OKコンピューター』と比較されていることについて語っている。

ザ・1975が11月30日にリリースされた絶賛の最新作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』は、Siriの声でナレーションが語られる“The Man Who Married A Robot”を筆頭に、レディオヘッドの1997年の傑作である『OKコンピューター』になぞらえる声が多く挙がっている。

「レディオヘッドは通算3作目となる『OKコンピューター』で、インターネットが限られた者しかアクセスのできない贅沢品だった時代に現代社会を悲観的な視点から描いていた」と『NME』は5つ星をつけた『ネット上の人間関係についての簡単な調査』のレヴューの中で、同作をミレニアル世代にとっての『OKコンピューター』だと評している。「その20年後にデジタル・ネイティヴの4人によって生み出されたザ・1975のアルバムは一方で、テクノロジーや情報、ソーシャル・メディアの侵攻を槍玉に挙げることなく、むしろ受け入れ、議論するものとなっている」

「人生の影の部分が以前にも増して暗くなり、コントラストの境目が近づいた時代における繊細なアルバムとなった本作は、結果として『OKコンピューター』と同様の力強さを手に入れている」

「Beats 1」のマット・ウィルキンソンの番組に出演したマット・ヒーリーは、最新作を『OKコンピューター』になぞらえる声が多いことについて訊かれると、次のように答えている。「そうだな、何て言ったらいいだろう? すごく恐れ多いよ。ありがたいけど、妙な気分にもなる」

「『OKコンピューター』と比較されるのは、インターネットでコミュニケーションをとることだったりそういうことについての物語が語られているという点で類似しているからだと思うんだ。要するに、『OKコンピューター』は要するにそういうアルバムなわけでね」

彼は次のように続けている。「僕の好きなアルバムは人生についてのものなんだ。大それたことを言っているように聞こえるかもしれないけど、僕は関係性についてのアルバムを書いていたんだよ。いや、実際はそうじゃなかったかもしれないな。普通にアルバムを作っていただけだったんだけど、関係性やそれらが現代においてどう媒介されているかについての正直なアルバムを作っていたら、いつの間にかインターネットについてのアルバムを代わりに作っていることに気がついたっていう感じだね」

マット・ヒーリーは昨年、通算3作目となる新作について次のように語っている。「サード・アルバムについて言うなら、『OKコンピューター』か『クイーン・イズ・デッド』か、そういうものをやらなきゃいけないんだ」

「後世に遺るような作品にしたいんだ。みんなが振り返って、この10年にバンドが出したアルバムとして最も重要な作品だと思ってもらいたいんだよ」

マット・ウィルキンソンとのインタヴューの中で、マット・ヒーリーはバンドが2020年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務める可能性にも言及している。

関連NEWS

  1. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy、新作の歌詞について優れたコメディアンのように書きたかったと語る

  2. The 1975

    The 1975のMatt Healy、今週何かが起こることを予告する画像を投稿

  3. Radiohead

    Radiohead、2008年のさいたまスーパーアリーナ公演が配信されることに

  4. レディオヘッドのトム・ヨーク、『サスペリア』のサントラのストリーミングがスタート&“Unmade”のアニメが公開

  5. The 1975

    The 1975、通算4作目となる『仮定形に関する注釈』がリリース

  6. The 1975

    The 1975、新曲“Frail State of Mind”が公開

  7. レディオヘッドのジョニー・グリーンウッド、サウンドトラックから新曲が公開

  8. The 1975

    The 1975のMatt Healy、My Chemical Romanceへの思いを語る

  9. ザ・1975のマット・ヒーリー、新たにEPをリリースすることを示唆か

  10. The1975Pale Waves

    The 1975、Pale Wavesらが出演するカヴァー企画を配信

  11. Thom Yorke

    Thom Yorke、MUSEを勧められるから音楽のレコメンド機能は好きではないと語る

  12. The 1975

    The 1975のMatt Healy、気候変動のために植樹する活動に参加するようファンに呼びかける

  13. Matt Healy

    The 1975のMatt Healy、Dashboard Confessionalと自身の“Sex”で共演

  14. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy、外出制限を受けてプレイリストを公開

  15. マムフォード&サンズ、レディオヘッドの“All I Need”のカヴァーを披露

  1. The Velvet Underground

    The Velvet Underground、ドキュメンタリー作品がアップルTV+で配…

    2020.10.28

  2. Suede

    Suede、2016年のサマーソニックのライヴ映像が公開されることに

    2020.10.28

  3. Damon Albarn

    Damon Albarn、Gorillazで最も好きな曲を明かす

    2020.10.28

  4. Yungblud

    Yungblud、新型コロナウイルスを受けて新作の発売日を延期

    2020.10.28

  5. Uru

    Uru、「振り子」MVで「プロローグ」以来2年ぶりに本人出演

    2020.10.28

  6. INNOSENT in FORMAL

    INNOSENT in FORMAL アニメ「IWGP」新ED/MV解禁! 12月にメジャーデ…

    2020.10.28

  7. THE COLLECTORS

    THE COLLECTORS、「LIVING ROOM LIVE SHOW〜THE COLLECTORS live at…

    2020.10.28

  8. BiSH

    BiSH、「Call of Duty:Mobile」タイアップソング「STORY OF DUTY」…

    2020.10.28

  9. Gus Dapperton

    Gus Dapperton、最新作より「First Aid」のMV公開

    2020.10.28

  10. The 東南西北

    The 東南西北、デビュー35 周年記念アルバム『朝露の首飾り』が11/2…

    2020.10.28

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01