Stereophonics、The Prodigyのキース・フリントから影響を受けた曲を明かす

kelly-jones-keith-flint

ステレオフォニックスは自身の楽曲の一つがザ・プロディジーのキース・フリントから影響を受けたことを明かしている。

キース・フリントは3月4日にエセックスの自宅で亡くなっているところを発見されている。享年49歳だった。彼は自殺で亡くなったと見られている。

ステレオフォニックスはイギリスのラジオ局「ラジオX」に対してザ・プロディジーとフェスティバルでよく一緒になっていたことを振り返っている。「僕たちはフェスティバルでザ・プロディジーと何度も一緒だったんだ」とフロントマンのケリー・ジョーンズは語っている。「ステージ脇からキースを観ていたこともあったよ。実際、そんなに昔の話じゃなくてね。曲と曲の間に彼が僕たちのところへやって来て、一緒に喋ったりしたものだよ。(ベーシストの)リチャードなんかはよく彼とつるんでいたんだ」

ベーシストのリチャード・ジョーンズは音楽関係以外にもキース・フリントと会う機会がよくあったと明かしている。2人は趣味のモータースポーツを通して交流があり、キース・フリントについて「素敵な男」だったとリチャード・ジョーンズは語っている。

また、ケリー・ジョーンズは次のように続けている。「僕たちに“Roll Up And Shine”という曲があってね。『パフォーマンス・アンド・カクテルズ』の1曲目なんだけど、これはザ・プロディジーの影響をかなり受けているんだよね。彼らの『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』が出たとき、(ステレオフォニックスの1997年のシングル)“Word Gets Around”も同じ週にチャートに入っていたんだ。それですごくインスピレーションを受けたんだよ」

一方、キース・フリントの訃報を受けて、ファンの間ではバンドを代表する楽曲である“Firestarter”を全英1位にしようという運動も広がっている。

「ファイア・スターターよ、安らかに眠れ」と運動のフェイスブックには記されている。「この火をぜひとも灯し続けましょう。メンタルヘルスの問題や自殺への意識を私たちは高めていかなくてはなりません。自殺は45歳以下の死因として最も多く、これを変えていく必要があるのです! そのためにはキースという人物への関心を高め、彼の苦しみをポップ・カルチャーやメインストリームの最前線で訴えることが最善の方法なのです」

関連NEWS

  1. The Prodigy

    The Prodigy、メンタル・ヘルスに関するメッセージをインスタグラムに寄せる

  2. The Prodigy

    The Prodigy、“Smack My Bitch Up”の共作者がキース・フリントとの思い出を振り返る

  3. keith-flint

    The ProdigyのKeith Flint、死因不明とする評決が下されたことが明らかに

  4. The Prodigy

    The Prodigy、新たな音源に取り組むためにスタジオに入っていることが明らかに

  5. The Prodigy

    The ProdigyのKeith、彼に追悼の意を表したクリスマスの電飾が話題に

  6. The Prodigy

    The Prodigyのキース・フリント、最後の日々の様子が明らかに

  7. Stereophonics

    Stereophonics、新曲“Chaos From The Top Down”を公開

  8. The Prodigy

    The Prodigyのキース・フリント、エセックスでの葬列に多くのファンが参加

  9. The Prodigy

    The ProdigyのKeith Flint、XLレコーディングスのオーナーが追悼文を寄稿

  10. The Sex Pistols

    The Sex Pistolsのジョン・ライドン、The Prodigyのキース・フリントに追悼の意を表明

  11. The Prodigy

    The Prodigy、ファンも参列できる葬儀の詳細が明らかに

  12. The Prodigy

    The Prodigyのキース・フリント、地元近くに彼を追悼する壁画が登場

  13. The Prodigy

    The Prodigy、亡きKeith Flintを讃えるニュー・アルバムを制作中と報じられる

  14. プロディジー、3年ぶりとなる新作のリリースを発表&新曲“Need Some1”を公開

  15. The Prodigy

    The Prodigy、キース・フリントに続けて失くなったバンドのボディーガードに追悼の意を表明

  1. Olivia Rodrigo

    Olivia Rodrigo、18歳の誕生日に18曲のプレイリストを公開

    2021.03.02

  2. マカロニえんぴつ

    マカロニえんぴつ、「メレンゲ」がJR SKISKI 2020-2021キャンペーン…

    2021.03.02

  3. Billie Eilish

    Billie Eilish、Spotifyで高音質サービスが開始されることを発表

    2021.03.02

  4. Mick Jagger

    Mick Jagger、ロイヤル・アルバート・ホールの150周年を記念した映…

    2021.03.02

  5. いのちの停車場

    吉永小百合主演映画『いのちの停車場』のエンディングテーマをギタ…

    2021.03.02

  6. KANDYTOWN

    KANDYTOWN 新作リリースを記念したインタビュー映像第2弾『LOCAL SE…

    2021.03.01

  7. アイナ・ジ・エンド

    アイナ・ジ・エンド、初ソロツアーファイナルで新作EP「内緒」を3月…

    2021.03.01

  8. 赤い公園

    赤い公園、5月の中野サンプラザワンマンをもって解散

    2021.03.01

  9. TRiDENT

    TRiDENT、3/17リリースの1stフル・アルバム『ADVANCE GENERATION』…

    2021.03.01

  10. 向井太一

    向井太一、豪華プロデューサー陣を迎えた FULL ALBUM「COLORLESS」…

    2021.03.01

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  5. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14