1960年代のポップ・ミュージックが最高だった!調査研究結果が明らかに

ポップ・ミュージックにおける最高の時代はいつかという質問は家族の中でさえ意見が分かる問題だが、その答えを提示する新たな調査結果が発表されている。

この問題に対する答えについて、第二次世界大戦後のベビーブームに生まれた世代はザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズが活躍した1960年代を挙げるかもしれないし、ザ・スミスやジョイ・ディヴィジョン、デペッシュ・モードを例に挙げて1980年代だと答えるインディ・ファンもいるだろう。

多くの人々の関心を集めそうなこの問題だが、今回、新たな調査によって一つの答えが提示されている。

これはニューヨーク大学の研究チームによる調査で明らかになったもので、彼らは18歳から25歳までの643人を対象に過去50年間のポップ・ミュージックに関する知識を調査している。

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371%2Fjournal.pone.0210066

それによれば、1960年代の楽曲が勝利を収めたようで、当時のチャートで首位を獲得していた楽曲たちは、2000年から2015年にかけてのそれよりも遥かに多くの人々に記憶されていたという。

他にも各年代で特に記憶されていた楽曲も明らかになっている。

パーシー・スレッジによる1966年の“When a Man Loves a Woman”や、ブロンディが1981年にリリースした“The Tide Is High”、プレイヤーによる1978年の“Baby Come Back”などが中でも人々の記憶に残っていた楽曲であったという。

一方、最も記憶されていなかった楽曲としては、ドーンによる1971年の“Knock Three Times”、ジョン・デンバーが1975年にリリースした“I’m Sorry”、ライオネル・リッチーによる1982年の“Truly”が不名誉な称号を獲得している。

「今日のミレニアル世代からも確実に認知されていることからも分かるように1960年から1990年代にかけては音楽における特別な時代だったのです」と研究を主導したパスカル・ウォリッシュ博士は述べている。

「スポティファイが始まったのは2008年であり、これらの楽曲の90%近くがリリースされた後であったことを踏まえれば、ミレニアル世代たちはそれらの楽曲が以前の時代にリリースされたものだということを認識した上で聴いているということが言えるのです」

関連NEWS

  1. ポール・マッカートニー、今でも自分の曲に対するジョン・レノンの反応が気になると語る

  2. ビートルズ、TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.とのコラボ・アイテムが受注開始

  3. ポール・マッカートニー、ワールド・ツアー初日ケベック・シティ公演速報レポート

  4. ビートルズ、『ホワイト・アルバム』50周年盤の日本盤購入者特典が決定

  5. ポール・マッカートニー、ジョン・レノンに向けて書いた“Dear Friend”のデモ音源が公開

    ポール・マッカートニー、ジョン・レノンに向けて書いた“Dear Friend”のデモ音源が公開

  6. Keith Richards

    The Rolling StonesのKeith Richards、75歳の誕生日を記念して娘の番組に出演

  7. Paul McCartney

    Paul McCartney、Who Caresのミュージック・ビデオの舞台裏映像が公開

  8. ライアン・アダムス、ストーンズの『メインストリートのならず者』を全編演奏するライヴを開催

  9. ローリング・ストーンズ、『ヴードゥー・ラウンジ』ツアーの映像作品が完全版でリリースされることに

  10. Beatles

    The Beatles、世界同時中継だった“All You Need Is Love”のレコーディングを当時のエンジニアが振り返る

  11. Beatles

    Beatlesを知らない世界を描いた映画『イエスタデイ』、邦題&日本公開日が決定

  12. ビートルズ、ジョン・レノンが所有していたブッチャー・カヴァーのステレオ盤が競売に

  13. ビートルズ、“In My Life”の作曲者について統計学を使って分析した研究結果が発表に

  14. Paul McCartney

    Paul McCartney、The Beatlesの曲でも弾き方を忘れてしまうことがあると明かす

  15. ポール・マッカートニー、ニューヨーク公演でブルース・スプリングスティーンと共演

  1. あいみょん

    あいみょん、「AIMYON TOUR 2019-SIXTH SENSE STORY-」国立代々木競…

    2019.08.18

  2. Billie Eilish

    Billie Eilish、カプセル・コレクションにイラストの盗用があったこ…

    2019.08.18

  3. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、疎遠になっている父親と和解するつもりはないと語る

    2019.08.18

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、友人たちとのパーティーで酔って自身の曲を歌う姿が…

    2019.08.18

  5. Tommy Lee

    Motley CrueのTommy Lee、トランプ大統領の支持者を批判する長文を…

    2019.08.18

  6. Nicki Minaj

    Nicki Minaj、自身のラジオ番組に出演したJoe Buddenを口論の末に追…

    2019.08.18

  7. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、刃物を使った事件が相次ぎロンドンからの引っ越し…

    2019.08.18

  8. The 1975

    The 1975、16歳の環境保護活動家のGreta Thunbergは機会を与えられ…

    2019.08.18

  9. J(LUNA SEA)のサウンドを 西川貴教が高らかに歌い上げる!『仮面…

    2019.08.18

  10. Slipknot

    SlipknotのCorey Taylor、Chris Fehnの脱退について話さないほうが…

    2019.08.18

  1. DUBFORCE

    屋敷豪太プロデュース chidoriya rocks 70th 第三弾アーティストと…

    2019.08.15

  2. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2019、YouTubeライブ配信アーティスト第1弾ラインナッ…

    2019.08.14

  3. 朝霧

    朝霧JAM 2019、第1弾ラインナップ発表

    2019.08.02

  4. Local Green Festival

    Local Green Festival’19注目のタイムテーブルが発表

    2019.07.30

  5. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO タイムテーブル&クロージン…

    2019.07.19

  6. Slow LIVE

    Slow LIVE ’19 東京公演の出演者日割り発表、チケット先行予…

    2019.05.24