Ed Sheeran、一風変わった見た目をしていたことがキャリアを助けてくれたと語る

Ed Sheeran

エド・シーランは「一風変わった見た目」をしていたことがミュージシャンとしてのキャリアを築く助けになったと語っている。

エド・シーランは人種差別をなくすためのキャンペーン「ラヴ・ミュージック・ヘイト・レイシズム」による企画の中でDJニハルやラッパーのデイヴとの対談を行い、その中で自身が「風変わりな見た目」をしていたことがいかに音楽のキャリアで成功を収める助けになったかについて語っている。

「僕はずっと風変わりな見た目をしていたから……女の子にモテたことなんてなかった」とエド・シーランは明かしている。「ずっと風変わりな見た目だったからさ。音楽を始めてからは、ギグをする度にみんなが『ああ、小さいギターを持ってる赤毛の男ね』って言ってくれるようになってね。それで覚えてもらえたんだ」

エド・シーランは続けて、学生時代に「赤毛で吃音症で、大きいメガネをかけていた」ことが原因でイジメに遭っていたことを明かしている。

「赤毛だったのが理由で、入学した日から頻繁にイジメに遭っていたんだ」と現在28歳のエド・シーランは語っている。「小学校は本当に大嫌いだった。あの頃は毎日泣いていたよ」

エド・シーランは辛い学生生活を送っていた中で音楽への興味を持てたことで自信がつき、最終的にミュージシャンとしてのキャリアを探求することになったと語っている。

「高校に入ってからギターを始めてね」とエド・シーランは語っている。「バンドに入ったんだ。音楽は自分に自信を与えてくれたことの一つで、『僕にもうまくできることがある』っていうことに気づけたんだ」

エド・シーランがデイヴやDJニハールと対談した映像はこちらから。

先月、エド・シーランは彼やアリアナ・グランデの楽曲がポルノ的であるという理由でインドネシアの西ジャワ州で放送が制限されて いる。

西ジャワ州の放送委員会は西洋の楽曲17曲を含む85曲についてアダルト・コンテンツが含まれているとして放送を制限している。

発表された声明の中で保守的で知られる西ジャワ州では対象の楽曲は夜10時から午前3時までの間しか放送してはならないとされている。

エド・シーランの“Shape of You”のほか、アリアナ・グランデの“Love Me Harder”、ブルーノ・マーズの“That’s What I Like”もポルノ的な内容を含んでいるとして対象となっている。

関連NEWS

  1. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、愛猫の1匹が亡くなったことを報告

  2. エド・シーラン、転売チケットを無効としたことについてファンに釈明

  3. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、近隣住民からの騒音の苦情を受けて新たに不動産を購入したと報道

  4. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、“Thinking Out Loud”の盗作を巡る裁判が延期になったことが明らかに

  5. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、Taylor Swiftとスクーター・ブラウンの騒動について沈黙を破る

  6. Travis

    Ed Sheeran、Travisのロンドン公演に出演してコラボ曲“Antisocial”を披露

  7. エド・シーラン、ダニー・ボイルによるビートルズをテーマにした映画の撮影を行ったことが明らかに

  8. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、昨年から資産が倍増してAdeleを上回ったことが明らかに

  9. JohnMayer

    John Mayer、Ed Sheeranと共演した4/10の来日公演のセットリストが明らかに

  10. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、コラボレーション・アルバムが全米・全英チャートで1位を獲得したことが明らかに

  11. Justin Bieber

    Justin Bieberら参加の“Earth”の日本語字幕付きビデオが公開

  12. Bryan Adams

    Bryan Adams、3月リリースの新作よりEd Sheeranとの共作曲“Shine A Light”が公開

  13. Justin Bieber

    Ed Sheeran&Justin Bieber、新曲“I Don’t Care”に盗作の疑いが持ち上がることに

  14. Justin BieberやAriana Grandeらが参加した“Earth”のビデオが公開

  15. Bruno

    Ed Sheeran、Bruno Mars&Chris Stapletonとのコラボによる新曲が公開