John Lennonの映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』、ミュージカル化が決定

John Lennon

ジョン・レノンは若き日の彼を描いた映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』がミュージカル化されることが明らかになっている。

『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』は若き日のジョン・レノンを描いた映画で、彼と母親であるジュリアや幼少期のほとんどの時期に母親代わりを務めた伯母のミミ・スミスとの関係性や、後にザ・ビートルズとなるクオリーメンの結成に焦点が当てられている。

『デッドライン』の報道によれば、ミュージカルはAFクリエイティヴ・メディアのブライアンとデイナのリー夫妻と、エイジド・イン・ウッドのロビン・グッドマンとジョシュ・フィードラーの共同プロデュースで制作されるという。彼らは間もなく脚本家の選定に取り掛かる予定だとのことで、数年以内にUKでの上演を目指しているという。

「私たちは映画の権利を取得したところです」とブライアン・リーは述べている。「今年の夏にチームでロンドンに向かい、物語に生命を吹き込むのにふさわしい人物を探す予定です」

映画版『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』では、エンディングで使用されたジョン・レノンの“Mother”を初め、ザ・ビートルズの初期の楽曲が数曲使われていたものの、ミュージカル版ではザ・ビートルズやジョン・レノンの音楽は使用されない見込みだといい、プロデューサー陣は当時クオリーメンが聴いていたり演奏したりしていた楽曲を使用する予定だという。

映画版『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のサウンドトラックには、ビッグ・ママ・ソーントンによるオリジナル・バージョンの“Hound Dog”やジーン・ヴィンセント&ザ・ブルー・キャップスによる“Be-Bop-a-Lula”、ジェリー・リー・ルイスの“Wild One”のほか、ザ・ノーウェア・ボーイズ名義によるクオリーメンの7曲などが収録されている。

AFクリエイティヴ・メディアはこれまでに、ドラマ「エンジェルス・イン・アメリカ」や映画『ハロー・ドーリー!』のミュージカル化を手がけているほか、エイジド・イン・ウッドは「イン・ザ・ハイツ」や「アベニューQ」などのミュージカルを共同で手がけている。

一方、ザ・ビートルズは初めてアメリカを訪れた際に彼らに向かって叫ぶ人から警護した警察の警護記録が公開されている。

この記録はリヴァプールにあるマジカル・ビートルズ・ミュージアムに寄付されたもので、1964年にエド・サリヴァン・ショウに出演して、カーネギー・ホールで公演を行うにあたって、ニューヨークで警護にあたった警察官の氏名が記されたものとなっている。

関連NEWS

  1. スタジオジブリの主題歌が7インチレコードで完全復刻!

  2. Billie Eilish

    Billie Eilish、『007』シリーズ最新作の主題歌を手掛けることを発表

  3. Metallica

    MetallicaやSlayer、MegadethのメンバーらがフライングVのドキュメンタリーに出演

  4. Quentin Tarantino

    Quentin Tarantino、自身の映画からお気に入りの楽曲を集めたプレイリストが公開

  5. コールドプレイ、20年の歩みを追ったドキュメンタリー作品の日本での上映情報が明らかに

  6. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『As It Was』の公開日が決定&日本版予告編が公開

  7. 君といた108日

    『君といた108日』予告編・場面写真を解禁

  8. フォーリング 50年間の想い出

    3度アカデミー賞🄬にノミネートされた名優ヴィゴ・モーテンセンの初監督作品『フォーリング 50年間の想い出』の予告編と場面写真が解禁

  9. John Lennon

    John Lennon、生誕80周年記念の新ベスト盤『ギミ・サム・トゥルース.』のリリースが決定

  10. Paul McCartney

    Paul McCartney、The Beatlesの観光施設で国から200万ポンドの予算が付けられたことに言及

  11. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』より俳優陣がクイーンになるまでを語った映像が公開

  12. Motley Crue

    Motley Crue、伝記映像作品の撮影中に怪我をしたクルーから訴えられたことが明らかに

  13. ザ・フーのロジャー・ダルトリー、伝記映画でキース・ムーンを演じる俳優の条件を語る

  14. The Song of Names

    オスカーノミネート俳優ティム・ロスとクライヴ・オーウェンら実力派キャストが贈る『The Song of Names(原題)』が12月3日(金)より公開が決定

  15. Paul McCartney

    Paul McCartney、George Floydの死を受けて自身の見解を表明