Liam Gallagher、ドキュメンタリー『アズ・イット・ワズ』の新たなトレイラー映像が公開に

Liam Gallagher

リアム・ギャラガーはドキュメンタリー作品『アズ・イット・ワズ』の新たなトレイラー映像が公開されている。

6月7日にUKで劇場公開される本作はカメラ・クルーにステージでもバックステージでもこれまでにないほど密着させたもので、ソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』を引っ提げたツアーの物語を紐解くものになるという。

作品の概要には次のように記されている。「オアシス時代の目も眩むような、まさに“Champagne Supernova”と言える時期の成功から、追放されて、退屈さと酒、法廷闘争による音楽的につらい日々の中で迷い、窮地に立たされたロック史上最も偉大なフロントマンの1人を描いた感動的なストーリー」であり、「リアム・ギャラガーがノエル・ギャラガーの陰から抜け出して世界屈指のバンドから1人でスタートし、裸一貫で、隠れる場所などない中で最高のカムバックを果たすためにすべてをかける」様が描かれているとしている。

トレイラー映像はこちらから。

「俺は有名になるためにこれをやってるんじゃないんだ。もう十分有名だからな。そうだろ」とリアム・ギャラガーはトレイラー映像の中で語っている。「金のためにやっているわけでもない。俺は音楽を愛しているからバンドに加わったんだ。俺はどれだけ自分が最高かも、どれだけ自分が最低かも分かってるからな」

「生きていくことの一部だよな。俺は犠牲者じゃない。だから、ここにいるんだ。この10年間、嫌な奴らがそこらにいた時も俺はそんなことで落ち込んだりしなかったわけでね。『あいつは間違いなくそろそろ死ぬぞ。自分の頭を撃ち抜くか、ドラッグのオーヴァードーズかなんかでね』なんて言われていたわけだけどさ」

彼は次のように続けている。「連中はそういう記事の見出しを待っていたわけだけどさ。でも、俺はそんなことにはならないと思ってたんだ。俺はやり抜くことができるってね」

関連NEWS

  1. DAVID BOWIE

    映画『ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡』、吉井和哉提供のミック・ロンソンの衣装が劇場ロビーに展示されることに

  2. モーターヘッド、最後の公式ライヴ映像『クリーン・ユア・クロック』より予告編映像が公開

  3. ジャニス・ジョプリン、映画『ジャニス』が東阪のZeppで上映されることが決定

  4. ブラーのデーモン・アルバーン、ノエル・ギャラガーとの親密な友人関係について語る

  5. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、『ディフィニトリー・メイビー』が25周年を迎えることについて語る

  6. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、LEWIS CAPALDIに改めて賛辞を寄せる

  7. リアム・ギャラガー、魚以外ならステージに何でも投げ入れていいとファンに呼びかける

  8. オアシス、『モーニング・グローリー』から23年を記念して“She’s Electric”の新たなリリック・ビデオが公開

  9. リアム・ギャラガー、ワイト島フェスティバルより“Some Might Say”の映像が公開

  10. 映画『スパイナル・タップ』、主人公のナイジェル・タフネルのギターが新宿武蔵野館にて一般公開

  11. リアム・ギャラガー、コールドプレイについて最初の2枚は素晴らしいと語る

  12. リアム・ギャラガー、ビゲスト・ウィークエンドより2曲のパフォーマンス映像が公開

  13. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、飲酒や喫煙の節制が自身の歌声に与えた影響を語る

  14. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、セットリストに追加するoasis時代の楽曲をファンに選んでほしいと呼びかける

  15. ノエル・ギャラガー、オアシスのロックの殿堂入りについて自身の見解を明かす