Boy George、Culture Clubで成功を収めるまでを描いた伝記映画が制作されることに

Boy George

ボーイ・ジョージはクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』やエルトン・ジョンの『ロケットマン』に続いて彼の伝記映画が制作されることが明らかになっている。

『デッドライン』の報道によれば、映画『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』や『ヒッチコック』で知られるサーシャ・ガヴァシはカルチャー・クラブのフロントマンであるボーイ・ジョージの生涯をテーマにした映画で脚本と監督を務めるという。

現時点でタイトルの付けられていないこの作品は、アイルランド系の労働階級の家に生まれたボーイ・ジョージがカルチャー・クラブとして名声を獲得するまでを描いたものになるという。サーシャ・ガヴァシは『デッドライン』に対し、ボーイ・ジョージについて「先駆者であり、真にオリジナルな存在」だと語っている。

サーシャ・ガヴァシは次のように続けている。「1980年代のロンドンのクラブ・シーンにおいて、ジョージは見逃せない人物となっていました。世の中にカルチャー・クラブの象徴的な楽曲が知られるよりもはるかに前から、彼がスターになることを誰もが確信していたのです」

「ご想像の通り、ジョージの人生は一風変わった楽しい物語ではありますが、同時に心を打つ感動的なものでもあります。彼の人生を映画化できることを誇りに思っており、とても楽しみにしています」

ボーイ・ジョージは昨年『NME』とのインタヴューでカルチャー・クラブでの過去を振り返っている。

「僕はパンクの出身なんだ、分かるだろ」と彼は語っている。「バンドをやる上でのコンセプトの形成に繋がったのは、スティーヴ・ストレンジがジェネレーションXと一緒にヴォルテックスのステージで飛び跳ねていたのを観たことや、ザ・スリッツだったり、そういったバンドたちを観てきた経験なんだよ。そういうパンクにおけるエキサイティングなDIYのカルチャーが新ロマン主義の誕生に繋がったんだ」

彼は次のように続けている。「バンドは家族のようなものだからね。『ああ。僕がどうして君たちと一緒にやっているかは分かってる』って思える限りは大丈夫なんだ。そういう波もあっていいものなんだよ。『本当は君のことが嫌いなわけじゃないんだ。明日は嫌いになるだろうけど、今日は大好きだよ』っていうさ。僕たちはまだ、お互いとのコミニュケーションの取り方を学んでいるところなんだ。たくさん自分自身を改善する努力をしているよ。自分の振る舞い方について、自分自身に言い聞かせている。でも、時には『ノー』と言う勇気も必要なんだ」

関連NEWS

  1. Elton John

    Elton John、映画『ロケットマン』での父親の描かれ方をめぐって彼の兄弟が反論

  2. Rami Malek

    Rami Malek、映画『ロケットマン』に出演する可能性があったことが明らかに

  3. 映画『スパイナル・タップ』、日本での初公開が決定

  4. Queen

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』、全世界での興行収入が1000億円を突破したことが明らかに

  5. Motley Crue

    Motley Crue、伝記映像作品の撮影中に怪我をしたクルーから訴えられたことが明らかに

  6. モーターヘッド、最後の公式ライヴ映像『クリーン・ユア・クロック』よりキーアート第2弾が公開

  7. Richey Edwards

    Manic Street Preachers、Richey Edwardsの伝記映画に対する関与を否定

  8. スタジオジブリの主題歌が7インチレコードで完全復刻!

  9. Elvis PresleyとMichael Jackson

    Elvis PresleyとMichael Jackson、Zeppでの映像作品上映でトークショーの開催が決定

  10. Thom Yorke

    Thom Yorkeが音楽を手掛けた『SUSPIRIA サスペリア』、8/2よりAmazon Prime Videoで独占配信開始

  11. Elton John

    Elton John、映画『ロケットマン』とFRAY I.Dのコラボ商品の発売が決定

  12. Morrissey

    Morrisseyを描いた伝記映画『イングランド・イズ・マイン』、邦題決定&予告編映像が公開

  13. コールドプレイ、20年の歩みを追ったドキュメンタリー作品の日本での上映情報が明らかに

  14. Jim Jarmusch

    Jim Jarmusch、Iggy PopやTom Waitsらが出演する新作映画の公開が決定

  15. フレディ・マーキュリーの伝記作家、彼との思い出を振り返る