冷牟田 竜之 インタビュー

ー今回の特集では冷牟田竜之さんの活動履歴を辿っていければと思います。まず、初めて音楽に触れられた頃から教えてください。

うちの母が組み立てるラジオを買ってくれたんですよ。それを自分で組み立ててFMラジオを聴き始めたのがきっかけで。当時のベストテン番組とか。アーティストだとCarpenters・Mott the Hoople、確かPoulMcCartneyもソロになり始めた頃でJohn Lennonもそうだし…洋楽から入った。

ー当時、小学生くらいだったんですか?

小学校6年の手前、5年の後半くらいからだった。そのうち、当時流行っていたフォークに入って。ラジオの深夜番組を聴いていて、それはAMなんだけど。オールナイトニッポンとかね、それで吉田拓郎さんを聴き始めてからギターが欲しくなって中学1年の時に初めてギターを買った。

ー吉田拓郎さんを聴いてということはアコースティックですか?

そう、アコースティック(笑)ところがね、3ヶ月くらいしたらエレキギターが欲しくなっちゃって。というのも自分が聴いていた音楽が急に変わり始めて。中学に上がると歳が3つくらい上の友人の兄貴がいて、その人がT-REX、IGGY POP、David Bowieとか、所謂グラムロックの音源を聴かせてくれたんですよ。また、ちょうどその時に深夜番組で聴いた『ファンキー・モンキー・ベイビー』がビッと来て(笑)すぐにレコードを買いに行ったんですよね。まだその時は誰がやってる曲かがわからなくて。問い合わせたらCAROLがやってるってわかって。ロックンロールの出会いってそこなんです。

ー日本のロックで初めての出会いがCAROLだったんですね。

ただ、中学1年の時に知ってからすぐに解散だったんだけど。小倉に小倉球場ってトコがあって最後のラストツアーでCAROLが実は来たんですよ。当時ね、中学校が男子は坊主頭で(笑)それで行くのは勇気がいった(笑)行ったら皮ジャンとリーゼントだらけみたいな。まあそれでも友達の兄貴と一緒に観に行って。それでバンドっていうものにものすごい衝撃を受けて、人前で演奏するっていうのがやりたくてしようがなくなって。それでエレキギターにいくことになるんだけどね。

ーエレキギターで最初はコピーからですか?

『ファンキー・モンキー・ベイビー』もコピーしたし(笑)あとは DEEP PURPLE、LED ZEPPELINとかを最初に演って。

ーフォークから本格的にロックに傾倒していった?

グラムロックやハードロック…洋楽のロック寄りになって行って。CAROL以降は邦楽のロックはテレビとかラジオで少しは聴いていたけどあまり追っかけることはなくなったなぁ。あと、THE DOORSとかも教えてもらって聴いてたな。

ーイギリス・アメリカ問わずですね。

友人の家に良いオーディオがあって、素晴らしいステレオ(笑)そこで聴くのがとにかく楽しくて。割と音響ファン・オーディオマニア的な側面も当時からあって、そこで聴いた音楽に影響を受けたのはあった。

ーその影響を受けて実際にバンドを組まれたのはいつですか?

中学3年のとき。

ーエレキギターを手にしてからすぐにバンド、とは至らなかった?

学校に同じようなことをやってる人が誰もいなくて。例えばドラムにしてもどうやって叩いて良いかもわからない状態で。で、結局オーディオのある友人…兄貴じゃなくて友人の方にドラムを買わないか?という話をして(笑)

ー冷牟田さんが口説いた(笑)

で、ドラムを買ったんですよ。最初はその友人の家で一緒に演ってた。

ーそれが最初に組んだバンドだったんですね。

ホントにガレージっぽい感じですよね、そんなトコでやってたので。

ー構成は最小限のバンドだった?

いや、最初はギターとドラムだけで演っていて。で、中学校の学園祭で演奏しようということになってまた別の同級生にベースを無理やり…(笑)

1

2 3 4